ちょびリッチ×テンタメはブラウザ更新・再訪問で広告が増える


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチは期待値が高すぎるちょびガチャ!!などの稼ぎやすいコンテンツが揃っている優良なポイントサイトです。

私がよく利用するコンテンツの一つに商品モニター(商品代金の~100%pt還元)の「ちょびリッチ×テンタメ」がありますが、利用していて気付いたことがあります。

広告を増やす方法

「ちょびリッチ×テンタメ」はショッピング等の普通の広告と比較すると広告数が少ないため、時期によっては広告がまったく掲載されていないときもあります。

ちょびリッチ×テンタメはブラウザ更新で広告が増える

広告がなければ申し込みのしようがありませんのでページを閉じる以外の選択肢がないように思えますが、その状態から広告を表示する方法があります。

ブラウザを更新する

最初に試すべきことはブラウザを更新(リロード)することです。

ブラウザの更新ボタンを押すか、もしくはキーボードのF5キーを押すと更新することができます。

ブラウザの更新ボタン

ブラウザの更新ボタン

更新の際はキャッシュをそのまま読み込んでしまうこともある(パソコンに一時的に保存された古いデータを読むため、更新しても表示内容が変化しない)ため、Ctrlキーを押しながらF5キーを押すなどしてスーパーリロード(キャッシュを無視してWebサイトからデータを読み込む)をした方が良いかもしれません。

なお、何度かブラウザを更新しても広告が表示されないときは、とりあえず諦めて次の手を試しましょう。

時間をおいて再訪問する

もう一つは、一旦ちょびリッチのサイトから離脱してしばらく時間をおいてから再度アクセスすることです。

「具体的にどの程度の時間を空ければ良いのか?」と言われると正直良くわからないとしか言えませんが、5~10分といった短いスパンではなく、最低でも30分~1時間は空けてからの方が良いと思います。

再訪問した後でも広告が表示されていなければ、そのときは再びブラウザ更新も試してみると広告が表示されるときがあります。

広告が表示・非表示される理由

「ちょびリッチ×テンタメ」にアクセスするタイミングやリロードの有無によって広告が表示されたりされなかったりする理由についてですが、おそらくモニターの人数を絞るためだと思われます。

ちょびリッチ会員のどの程度の人数が「ちょびリッチ×テンタメ」を利用しているのかは分かりませんが、ちょびリッチは会員数が280万人を超えているようですので仮に会員の1%しか利用していないとしても、28,000人もの大人数となります。

これだけの人数が一斉に先着順で無料モニターに応募すると速攻で広告掲載が終了してしまう(パソコンに張り付いている人が有利)ため、多くの人がモニター募集のチャンスを得られるように、アクセスのタイミングや時間帯により、会員ごとに広告の表示・非表示を切り替えているのではないかと考えられます。

従って、モニターを積極的に利用していくつもりなら上記の方法を試してみることはもちろん、1日に何度か「ちょびリッチ×テンタメ」へアクセスしてみることをオススメします。

なお、上記の方法を実行すると逆に表示されている広告が非表示になってしまうこともありますので、興味のある広告が表示されたらその時点で申し込みをしてしまうのが無難です。

まとめ

表示・非表示が短時間で切り替わる前後の様子を示すスクリーンショットを取ることができなかったので、信憑性云々を言われるとちょっと厳しい内容の記事であることは自覚しています。

ですので、近いうちにスクリーンショットを準備して改めて掲載したいと思います。

上記の手順で更新や再訪問を繰り返していたら、広告が1件表示されました。

ちょびリッチ×テンタメはブラウザ更新で広告が増える

この広告は当記事を書く前にも掲載されていたので、当記事を書く前後(約2時間くらい?)で「表示 → 非表示 → 表示」と状態が変わったことになります。

ちなみに、私は1日1回はモニターページをチェックしていますが、初めて見た広告がその時点で募集の最終日だったことから、広告の表示・非表示の仕組みの存在に気が付きました。

▼ここから登録&チュートリアル完了で500ポイント(250円)!▼

ちょびリッチの効率的の稼ぎ方はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です