Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ユーザーエージェントについて

ユーザーエージェントとは?

ユーザージェントとは、ブラウザ(Google Chrome・Windowsのインスターネットエクスプローラ・Mac OSのサファリなどが代表例)でウェブサイトへアクセスする際にアクセス先へ申告するOSやブラウザの種類・バージョンなどの情報のことです。

最近では同じウェブサイトを開いてもパソコン・タブレット端末・スマートフォンではそれぞれ表示されるレイアウトが異なることが一般的ですが、このような場合分けはこちらから申告したユーザーエージェントを元に行われています(ユーザーエージェント以外の要素による判定もありますが、ここでは割愛)。

ユーザーエージェントは変更可能

普通にウェブサイトを閲覧している限りはユーザーエージェントについて特に意識する必要ありません。

しかし、ユーザーエージェントはあくまでも自己申告であるため、パソコンからウェブサイトにアクセスする際にあたかもスマホからアクセスしているかのように見せかけることが可能です。

そこで、当ページではGoogleのブラウザであるChromeを使ってユーザーエージェントを変更する方法について解説します。

何が嬉しいの?

「ユーザーエージェントを変更して何が嬉しいの?」と思うかもしれませんが、ユーザーエージェントをスマホ(iPhoneやAndroid)に変更してからウェブサイトにアクセスすると、パソコンを利用してスマホ版のサイトを表示することができるというメリットがあります(ただし、スマホ用のレイアウトが用意されているサイトに限ります)。

この方法を利用すると、お小遣いサイト(アンケートサイトよりも主にポイントサイト)のスマホ版のコンテンツをパソコンから利用できるため、効率良く稼げるようになります。

何故なら、スマホでチマチマとあちこちをタップするのは面倒ですが、パソコンからならマウス操作で簡単にクリックできるからです。

特にページの開閉や切り替えの早さに大きな差が出ますので、知っておいて損はない知識だと思います。

Chromeの設定

Chromeのインストール

Chromeがパソコンにインストールされていない場合は、以下のページからダウンロードした後にインストールを行って下さい。

Google Chromeのダウンロード
https://www.google.co.jp/chrome/

「User-Agent Switcher for Chrome」のインストール

Chromeを起動したら、右上のメニューから「その他のツール」→「拡張機能」をクリックします。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

拡張機能のページが開くので、最下部までスクロールして「他の拡張機能を見る」をクリックします。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

Chromeウェブストアが開くので、左サイドバーの検索フォームに「User-Agent Switcher for Chrome」を入力しキーボードの「Enterキー」を押します。

「User-Agent Switcher for Chrome」と入力したら「Enterキー」を押します。

「User-Agent Switcher for Chrome」と入力したら「Enterキー」を押します。

「User-Agent Switcher for Chrome」が表示されるので、「CHROMEに追加」ボタンをクリックします。

Google Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

インストール確認のダイアログが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

インストールが成功すると、Chromeの右上の方にメッセージとサングラス(?)のようなアイコンが表示されます。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

ユーザーエージェントの変更&確認

変更方法

Chromeの右上の「サングラスアイコン」→「iOS」の順にクリックします。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

「iPhone 6」をクリックします。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

サングラスのアイコンに「IP6」と表示されたら、ユーザーエージェントの変更(iPhone 6)は完了です。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

確認方法

変更したユーザーエージェントを確認するためには、以下のサイトへアクセスしてみて下さい。

診断くん
http://taruo.net/e/

サイトへアクセスすると怪しげな英数字が沢山表示されますが、パソコンからアクセスしているはずなのに「HTTP_USER_AGENT」という項目に「iPhone 6」という文字列が含まれていることが確認できます。

Google Chromeのユーザーエージェントを変更してパソコンでスマホサイトを表示する方法

ちなみに、ユーザーエージェントを元に戻すためには「サングラスのアイコン」→「Chrome」→「Default」の順でクリックします。

元に戻した後の「HTTP_USER_AGENT」の項目は以下のような表示となります(パソコン環境によって異なります)。

元のユーザーエージェントに戻した後は「Windows」の文字列が含まれている。

元のユーザーエージェントに戻した後は「Windows」の文字列が含まれている。

その他、他のユーザーエージェント(Androidなど)に変更する度に「HTTP_USER_AGENT」に表示される内容が変化しますので、色々と試してみて下さい。

まとめ

ユーザーエージェントを変更してお小遣いサイトを利用する方法はある意味裏技みたいなものですが、ユーザーエージェントの変更自体は悪い行為ではないので基本的には全く問題ないと思われます。

ただし、アクセス先によりこのような方法が好ましくないと判断される可能性がないわけではありませんので、実践するときはあくまでも自己責任でお願いいたします。

また、ユーザーエージェントだけでパソコン・タブレット・スマホなどを判定しているわけではないので、場合によってはアクセス先の表示内容が変更されないこともありますが、そのときは素直に諦めましょう。


【ポイントタウンに新規登録して即日ポイント交換・換金可能なオススメの稼ぎ方】
☆詳細はこちらをクリック☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です