WordPressでアフィリエイトを行うときに便利なPHP関数

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

WordPressには沢山のPHP関数が予め定義されています。

その中からアフィリエイトを行うときに私がよく使っている便利なPHP関数を紹介したいと思います。

なお、記事・固定ページ・ウィジェット内でPHP関数を使用するためのプラグインは探せば沢山出てくるのでここでは触れません。

is_mobile()

サイトにアクセスしてきた端末が携帯なのかどうかを判定するための関数です。

ここでいう携帯とはスマホだけでなくタブレットも含まれます。

パソコンと携帯で異なるサイズの広告を掲載するときなどに使えます。

is_preview()

記事がプレビュー表示されているかどうかを判定するための関数です。

記事を書いている最中は逐一プレビューを更新してチェックすることになると思いますが、広告を常に表示しているとプレビューの度に無駄に表示回数が増えてしまって正確な表示回数・コンバージョンなどを計測できなくなってしまいます。

しかし、is_preview()を用いればプレビュー中には広告を表示しないようにできるため、記事投稿後の値を正確に計測できるようになります。

その他、アドセンスの誤クリックを避けるためにも使えます(プレビュー中は表示しない)。

当記事で紹介している中では一番役に立つと思います。

is_single()

表示中のページが投稿かどうかを判定します。

特定の投稿にのみ広告を表示したい(したくない)というときに使えます。

また、投稿のidを指定することもできます。

is_page()

表示中のページが固定ページかどうかを判定します。

is_single()と同じ使い方ができます。

問い合わせフォーム等のコンテンツが存在しないページのアドセンスを消すときなどに使えます。

is_home()

表示中のページがトップページかどうかを判定します。

トップページだけに表示したい(したくない)ものがあるときに使えます。

まとめ

最近のWordPressのテンプレートはウィジェットが豊富なので、上記の関数をわざわざ使う必要がないものが多い気がします(紹介しておいてアレですが)。

いま当サイトが利用しているSimplicityも以下の通り、ウィジェットの掲載位置は最初から事細かに場合分けがされています。

WordPressでアフィリエイトを行うときに便利な関数

ただ、それでも知っておくと便利なことには間違いありませんので「そういやこんなのあったなぁ。」くらいの感覚で頭の片隅に入れておくとそのうち役に立つかもしれません。


2017年12月の新規登録キャンペーン

【2017/12/31まで】
新規登録&ポイント交換で
300円を貰える!

ここから登録した人限定!条件達成で3,000ptのボーナス!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です