i2iポイントで掲載希望案件のリクエストが可能になりました

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

i2iポイントでリクエスト可能に!

最近、i2iポイントで以下のようなバナーが掲載され始めたのはご存知でしょうか?

i2iポイントで掲載希望案件をリクエストする方法

右サイドバーの一番上にあるのですが、ここからi2iポイントに掲載されていない広告の希望をリクエストすることができます。

i2iポイントで掲載希望案件をリクエストする方法

リクエストを行うことができるのは1人につき月に1回までという縛りはありますが、同じ広告を掲載するポイントサイトが増えれば競争が激しくなって報酬ポイントが増える可能性がありますので、非常に有用な仕組みだと思います。

また、リクエストを応募するだけで10ポイントを貰うことができるのもちょっと嬉しいですね。

リクエストの際の注意点

広告をリクエストする際、注意しないとならない点がいくつかあります。

公式に記されている内容ではなく、私が考える限り気を付けた方が良いなと思う内容ですが、参考にしてみて下さい。

正式名称を使用する

一番気を付けなければならないのは、掲載を希望する広告の正式名称をきちんと記入するということです。

例えば、「楽天市場(http://www.rakuten.co.jp/)」を希望するときに「楽天の通販」などと記載するのは良くありません。

楽天の通販には

  • 楽天市場(http://www.rakuten.co.jp/)
  • 楽天Books(http://books.rakuten.co.jp/)
  • 楽天トラベル(http://travel.rakuten.co.jp/)

などいくつかの種類があります。

「楽天の通販と言ったら常識的に考えて楽天市場のことだろ!」と思うかもしれませんが、自分の常識が相手に通用するとは限りませんし、何を指しているのか良くわからないリクエストは保留にされてしまう可能性もあります。

採用の可能性を高めるためにも必ず正式名称を使用するべきです。

詳細を記す

上記の正式名称ともやや被りますが、正式名称の下に更に複数のサービス名等が付加される場合は、それらも詳細に記しましょう。

例えば、クレジットカードの「JALカード」には、

  • JALカード(VISA)
  • JALカード(JCB)
  • JALカード(SUICA)
  • JALカード(MASTER)
  • JALカード(TOP&ClubQ)
  • 学生専用JALカード navi

など、色々な種類が存在します。

単にJALカードと書くだけだと「全部の種類を希望します!」というリクエストにも取れてしまうため、自分が本当に希望するものをピンポイントで指定する方が良いと思います。

URLも付け加える

希望する広告を明確にするためには、実際のサービス名や商品名の公式サイトのURLも一緒に送ることをお勧めします。

何故ならサービス・商品とURLは基本的に一対一で対応しているので、こちらが希望しているものを一発で指定できて便利だからです。

リクエスト希望の入力欄は1行しかありませんが、「サービス・商品名(URL)」という感じで入力すれば良いと思います。

i2iポイントで掲載希望案件をリクエストする方法

まとめ

i2iポイントは新しいポイントサイトであり、現在掲載中の広告数はあまり多くありません。

その弱点を運営側が把握しているからこそのリクエスト機能の実装だと思いますので、私達ユーザーは積極的にリクエスト機能を使っていくようにしましょう。

同じ広告を掲載しているポイントサイトの数が1つでも増えれば競争原理により、

  • 報酬ポイントが増える
  • ポイント獲得のための条件が緩くなる

といったメリットが生まれることも期待できますので、やらないのは損だと思います。

ということで、私は早速リクエストを行ってみました。

i2iポイントで掲載希望案件をリクエストする方法

現状、i2iポイントには楽天市場の広告が存在しませんし、楽天市場を掲載している他サイトも還元率は0.5~1.0%の横並び状態ですので、この均衡状態をi2iポイントに打破してもらえるように期待したいと思います。

▼ここから無料登録できます▼
【2017/12/31まで】新規登録で一気に550円を稼げる方法はこちら!


i2iポイントの効率的の稼ぎ方はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です