LinkShare(リンクシェア)で稼ぐ方法・攻略方法

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

LinkShare(リンクシェア)の概要まとめ

下のバナーをクリックするとLinkShare(リンクシェア)への登録を行えます。

LinkShareの概要まとめ
おすすめ度 ★★★★★
最低支払額 1円から
支払方法 指定金融機関への振込
支払手数料 無料
支払時期 約50日後
(翌々月20日前後)
紹介特典 なし
サイト審査 あり
年齢制限 18歳以上
モバイル版 あり

LinkShare(リンクシェア)の特徴

少数精鋭の広告

楽天グループのリンクシェア・ジャパン株式会社が運営するLinkShareは他のASPと比較すると広告数は少なめですが、その分少数精鋭と言えます。

ANAの旅行サイトである「ANA SKY WEB TOUR」・ZOZOTOWN・DHC・チケットぴあ・アニメイト・ソニーストアなど、大手の有名どころのネットショップばかりですので、少ない広告数でも十分にやっていけるだけの広告が揃っています。/p>

アフィリエイターの満足度が非常に高い

アフィリエイトマーケティング協会による2015年の「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」によると、A8.netの後塵を拝しているものの毎年アフィリエイターからの満足度が高いという調査結果が出ています。

登録時のサイト審査

アフィリエイトリンクを自分のサイトに貼るためには、サイト審査を受けて合格する必要があります。

審査といってもリンクシェア側で定めている最低限の条件(アダルト・ギャンブル・違法コンテンツなど)をクリアしているかどうかを判断するためのものなのでそれほど厳しくなく、審査を受けるサイトに予め約400字の記事を5記事くらい投稿しておけばパスできるはずです。

So-netブログを利用するのであれば、以下で開設・初期設定・記事投稿について解説しているのでご参照下さい。

報酬支払について

1円から支払い可能

アフィリエイトにおいては最低支払額というものが設定されていて、その額以上を稼がない限りはいつまでたっても報酬が支払われないのが普通です。

しかし、リンクシェアでは1円からの支払いが可能です。

支払い手数料が無料

更に、なんと支払いの際の手数料も完全無料ですので、報酬は1円から支払い可能であるというメリットを最大限に活かすことができます。

支払時に消費税分が上乗せされる

支払い額が1,000円のとき、実際に金融機関の口座に入金される額は1,000円ではなく消費税が上乗せされて1,080円となります。

かなり頑張らないとならないと到達できないレベルですが、売上高が年間1,000万円を超えると消費税の課税事業者となるのでその際には非常にありがたい仕組みだと思います。

LinkShare Dynamic Display

リンクシェアではAdsense(アドセンス)のような1クリックにつき3円の報酬をゲットできる”LinkShare Dynamic Display”という広告があります。

Dynamicというだけあってユーザーに最適な広告が自動で表示されるため、ブログのサイドバー等に設置しておくだけで報酬発生の可能性が高まります。



下のバナーをクリックするとLinkShare(リンクシェア)への登録を行えます。


2017年12月の新規登録キャンペーン

【2017/12/31まで】
新規登録&ポイント交換で
300円を貰える!

ここから登録した人限定!条件達成で3,000ptのボーナス!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です