激安プリンタCanon PIXUS iP2700の評判・評価とネットプリントとの比較

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
【2018/05/30まで】i2iポイント新規登録&条件クリアで計1,250円を貰える!
1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

私の自宅にはプリンタがないため、印刷が必要なときはコンビニまで行ってネットプリントを利用しています。

プリンタを持っていない(購入しない)理由は、

  • 使用頻度が低く、確定申告くらいにしか使わない
  • 使用頻度が低いのでプリンタのコストパフォーマンスが悪い
  • インク代が高いのでプリンタを購入するのに抵抗がある

などが挙げられます。

印刷する機会がほとんどない今の生活が変わらない限りは今後もネットプリント一択かと考えていましたが、購入を検討しても良いかなと思える激安プリンタを見つけましたので、ネットプリントと比較してみたいと思います。

Canon PIXUS iP2700とは?

紹介したい激安プリンタはCanon PIXUS iP2700という機種です。

インクジェットプリンタで価格はなんと税込み・送料込みで3,000円を切っています(定価は約10,000円)。

常識では考えられない安さですが、この価格は以下のような特徴があるからこそのものです。

徹底的な機能削減

PIXUS iP2700はコスト削減のため、以下のような徹底的な機能削減が行われています。

  • 印刷可能サイズはA5~A4まで
  • 両面印刷非対応
  • 無線LAN非対応
  • 排出した紙の受け皿がない(排出口から放り出すだけ)
  • CD・DVD・DBのレーベル印刷不可
  • コピー・スキャン不可(複合機ではない)
  • PCとプリンタを接続するUSBケーブルは付属していない

最近のちょっと良いランクのプリンタならいずれも標準で付いている機能が皆無なので、人によっては不便に思えるかもしれません。

特に、接続に必須のUSBケーブルすら付いていないのには驚かされます。

しかし、USBケーブルはなければ購入すれば良いだけですし、他の特徴についても印刷する頻度が低ければ多少の不便があっても価格が安ければそれで良いため全く問題ないと思います。

画質

公式サイトによると、

  • 最高解像度(dpi) : 4,800 × 1,200
  • インク色数 : 4色(CMYK)

とのことです。

正直、この辺りはあまり詳しくないので私にはどの程度綺麗に印刷できるのかはよく分かりません。

ただ、少なくとも写真用紙に写真を印刷する用途にも使えるみたいですので、普通に使う分には十分過ぎる画質であると判断できます。

ちなみに、黒以外のインクがなくなってもモノクロで印刷できますので、カラー印刷は不要という人にも向いていると思います。

印刷コスト&スピード

A4普通紙を印刷する場合の印刷コストとスピードは以下の通りです。

A4普通紙の印刷コスト・スピード
カラー 印刷コスト 印刷スピード
モノクロ 不明
(公式サイトに記載なし)
約7.0枚/分
カラー 約12.8円 約4.8枚/分

カートリッジごとインクを交換するタイプですので、独立インクタンクの付いている上位モデルと比較すると印刷コストはやや高めです(上位のiP7230は約8.1~10.3円/枚)。

ただ、上記は純正のインクを使用した場合のコストですので他社の互換品を利用すればもっと安くなるはずです。

印刷スピードはお世辞にも早いとは言えませんが、たまにしか印刷しないなら我慢できるレベルではないでしょうか。

評判・評価・レビュー

Amazonのレビューを見る限りでは、1,200を超えるレビューのうち評価4と5が900以上を占めていますので製品の評判は悪くないようです(普通に使う分には問題ないとの評価が多い)。

hapitas_campaign_2016-03-17_2016-03-31

しかし、安さ故なのか文字がかすれる・文字が曲がる・色ムラが出る・紙詰まりが頻発するといった不具合も一定程度発生するらしく、1~2という低評価もいくらか付いています。

Canon PIXUS iP2700とネットプリントの比較

上記の通りPIXUS iP2700は必要最低限の機能しか付いていませんが格安で購入できるため、ネットプリントの代替手段として検討の余地があると感じます。

そこで、各項目について以下のように比較をしてみました。

なお、ネットプリントはコピー機の性能を調べることができたセブンイレブンのコピー機(FUJI ZEROX製)を想定しています(印刷費用はローソンやファミマもセブンと同じです)。

PIXUS iP2700とネットプリントの各項目の比較
比較する項目 PIXUS iP2700 ネットプリント
(セブンイレブン)
初期費用 約3,000円(購入時) 無料
印刷費用
(A4)
モノクロ 不明
(カラーよりは安い)
20円/枚
(B5・A4・B4)
カラー 約12.8円/枚 60円/枚
印刷費用
(A3)
モノクロ 印刷不可 20円/枚
カラー 印刷不可 100円/枚
維持費用 インク代が必要
(純正品は高いが
互換品は比較的安価)
無料
対応サイズ A5~A4まで B5・A4・B4・A3
両面印刷 非対応
(必要なら手動で)
可能
画質 対応サイズまでなら実用に耐えられるレベル
印刷スピード モノクロ 7.0枚/分 45枚/分
カラー 4.8枚/分 45枚/分
手間 自宅で印刷できるので楽 コンビニに行く必要があり面倒

なかなか甲乙付け難い感じですね。

長期運用する前提となりますが、月に1回以上ある程度の枚数を印刷するなら費用面ではPIXUS iP2700の方が優勢に感じます。

一方で本当に印刷頻度が低い(年数回程度)なら、1回あたりの印刷コストは高いですが印刷代以外に一切の費用が必要なく高機能なネットプリントを選択するのが良いように思います。

あとは、自宅で印刷することを優先するのか、コンビニまで行く手間を厭わないのか、といった優先順位の問題になるのではないでしょうか。

Canon PIXUS iP2700に必要なもの

もし、比較検討の結果Canon PIXUS iP2700を購入するのなら、最低限以下のものが必要となります。

本体

言うまでもないですが、本体がなければ話になりません。

USBケーブル

本体に付属しておらず無線LANによる接続は不可であるため、持っていないなら本体と一緒に購入する必要があります。

以前使っていたプリンタなどに付属していたものがあるなら流用できるので不要です。

インク(純正品)

公式には純正品が推奨されていますがとにかく高いため、純正品のインクを買うくらいならエコではありませんが新しく本体を購入する方が安いです。

インク(互換品)

互換品だと純正品の半額程度で購入できるため、ランニングコストの削減に大きく貢献してくれます。

ただし、一度でも純正品以外を使用するとインク関連の不具合の修理は保証期間内であっても有償となりますので、自己責任で使いましょう。

コピー用紙

500枚も要らないかもしれませんが、購入枚数が少ないと割高になるようです。

余るようならメモ書き用などとして使えば良いと思います。

まとめ

ネットプリントはプリンタを保持する必要がないためパソコンデスク周辺の省スペース化にも貢献してくれます。

そういった理由もあって、長らくネットプリンタしか使用していませんでしたが約3,000円でプリンタが手に入ると考えると個人的には結構悩みますね。

Canon PIXUS iP2700は必要最低限の機能しかありませんが十分に使える製品だとレベルだと感じますので、今後購入を検討してみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です