転売で稼ぐ方法・攻略方法

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

転売とは?

商品を仕入れてヤフオク!やAmazonマーケットプレイスで販売し、仕入れ価格と販売価格との差額によって稼ぐ方法です。

転売の種類

一口に転売といっても仕入れや販売の方法・扱う商品によって以下の様な種類があります。

ヤフオクで稼ぐ

主にヤフオクで商品を売って稼ぐ方法です。

ヤフオクは日本で最多の利用者がいるオークションですので、商品が相場割れすることが少なく安心感があります。

eBayで稼ぐ

海外の主流のオークションであるeBay(イーベイ)で商品を販売して稼ぐ方法です。海外向けなので全て英語でのやりとりになります。

売上はドルで取得するため、円安のときに日本円に換金すれば儲けが大きくなります。

せどりで稼ぐ

ブックオフで本を仕入れてきて、それをAmazonマーケットプレイスやヤフオクで販売して稼ぐ方法です。ブックオフは本が希少かどうかではなく本が古いかどうかによって値段を決めているため、たまに貴重な本が100円もしくは格安で売っていることがあります。その本を仕入れて本来の相場価格で売ることで利益を得ます。

恒常的にブックオフで仕入れを行っている場合はヤフオクで販売したとしてもオークションではなくせどりと呼ぶことが多い気がします。

また、ゲームソフトや本体などを転売することもせどりと呼ぶ場合があります。

プレミア商品を売って稼ぐ

数量限定品など、発売日前日の夜から店舗の前で待っていなければ買えないような商品を買い占めて高値で販売して稼ぐ方法です。比較的新しいところでは、妖怪ウォッチ関連の商品や東京駅開業100周年記念suica(当初、限定販売と言われていたとき)がヤフオクで高騰していました。

貴重な限定商品を販売するため、仕入れ価格比較して高値で売れることが多いようです。妖怪ウォッチのDX妖怪ウォッチは定価約3,000円が1万円くらいに、記念suicaは2,000円のものが10万円以上で落札されていました。

仕事などの都合により発売日に店舗に行けない人にとってはプレミア商品を転売する人がいることで高くてもお金さえだせば商品を購入できるというメリットがあるようですが、その他大勢の人にとっては転売目的の買い占めのせいで無駄に相場が高騰してしまい、欲しい人に迷惑がかかるため個人的には好きではありません。

なお、プレミア商品の転売に関しては事前に転売時の価格を知る方法が一切ないため販売価格が仕入れ価格を下回ることが結構あるようで、そのときは当然大損となります。

転売の特徴

トータルではほぼ確実に儲かる

ヤフオクで商品を得る場合、オークファンを利用すれば落札相場がわかるため、いくらで仕入れをすれば利益が出るのか(損をするのか)が事前にわかるため、仕入れ価格をきっちり守れば損をする可能性はあまりありません。

もちろん、落札価格はオークション1回ごとに変わるため商品を10個・20個と扱えばその中に1つや2つは損をするものも出てきますが、仕入れをきっちり行えばトータルで計算するとほぼ確実にプラスに持って行くことができます。

そういう意味では極めてリスクの低い副業であると言えます。

元手が必要

商品を売るためにはまず仕入れをしなければならないので、元手が必要となります。

利益発生までが早い

仕入れの段階で売れやすく且つ利益の出る商品を選ぶことができれば、出品した後は1週間以内に売れることが多いです。

アフィリエイトの場合は1週間で利益がでることはあり得ませんので驚異的な早さであると言えます。

発送などの手間がかかる

ヤフオクの場合、出品の際には写真撮影をしなければなりませんし、売れたら落札者と連絡先や入金等のやりとりをした後に商品を発送しなければなりません。

せどりにおいてAmazonマーケットプレイスで販売するときには写真は不要ですが発送はしなければなりません。Amazonフルフィルメントサービスを使用したとしてもAmazonの倉庫に商品を一括で送付する必要があります。

売れる数が増えると作業の量も増えるため結構大変になります。

働かないと収入にならない

サイトアフィリエイトなら一旦サイトが完成したら後はほとんど放置していても稼ぐことができますが、転売の場合はそうではありません。

仕入れ・写真撮影・出品・購入者とのやりとり・発送などを常に行う必要があり、途中にどこかで休むと収入がストップします。というのも、仕入れをしなければ写真撮影はできませんし、写真撮影をしなければ出品はできない、という具合に前の作業が後ろの作業に影響してくる上に、一旦売れて発送してしまったら再度仕入れを行わなければならないからです。

そのため、オークションは稼ぎやすい反面、常に働きを続けないとすぐに稼げなくなってしまうというデメリットがあります。あまりに忙しくなってくると、仕事が終わって帰宅した後にまた仕事をしているような感覚に陥ってしまうかもしれません。

転売で稼ぐコツ

何らかのジャンルの商品に精通する

仕入れのときのありがちな失敗というのは、自分が仕入れたいと思っていた商品と別の商品を仕入れてしまうというものです。

とあるミュージシャンの絶版になってしまったCDを仕入れたいときに、誤って復刻版のCDを仕入れてしまう、という感じです。これは、そのミュージシャンが出したCDについての知識がない(復刻版の存在を知らなかった)とか絶版のCDと復刻版のCDを見分けられない(商品について詳しくない)というのが原因です。

いくら事前に相場を調べて仕入れをしたとしても、仕入れた商品が間違っているのでは全く意味がありませんので、そういった失敗を避けるためにマニアックなコンテンツが豊富なファンサイトなどで勉強して特定のジャンルに詳しくなる必要があります

元手が沢山あると有利

基本的に仕入れ価格が高いものほど利益も大きくなるため仕入れに使える費用は多ければ多い方が良いです。

例えば、仕入れ価格が10,000円の商品(販売相場15,000円)を10個仕入れるのと1個しか仕入れないのでは、1回転した際の利益が45,000円も差が出ることになります。もちろん、実際には相場よりも低い価格で落札されることもあるため計算通りにはなりませんが、元手が多い方が有利であることはハッキリわかると思います。

また、仕入先が同じ商品を沢山持っているのならまとめて購入することで価格交渉も可能となることがあるため、元手が多いと仕入れ価格を下げるのにも役立ちます。

沢山出品すると相場が下がる

沢山仕入れをすれば儲けやすいのは事実ですが、一度に同じ商品を沢山出品すると入札者がそれぞれの商品に分散してしまうため、落札価格が安くなってしまいます。

扱う商品にもよりますが、常日頃から同時に出品されている同一商品の個数や出品感覚などをコントロールして相場を下げないようにすることで稼ぎやすくなります。

複数の種類の商品を扱うようにする

同じ商品ばかり出品していると、そのうち欲しい人に行き渡り切ってしまって早く相場が下がってしまいます。また、同じ商品を扱い続けていると相場が下がったときに大幅に利益が減ってしまいます。

そういったリスクを避けるためには、2~3種類の商品を仕入れて供給過多とならないようにする必要があります。

利益が大きい商品を選ぶ

10万円稼ごうとするときに、

  • 1,000円で仕入れることができる1,800円で売れる商品(利益800円)
  • 20,000円で仕入れることができる30,000円で売れる商品(利益10,000円)

という2つの商品があったとしたら、後者を扱って稼ぐ方がダントツに効率が良いです。

前者の方は確かに利益率は高いのですが、10万円設けるためには125個も売らなければいけません。当然、出品や発送の125回分の手間も必要です。

後者は利益率こそ前者より低いものの10個売れれば10万円を稼ぐことができますし、出品や発送の手間は20回分で済みます。

数を捌くのた大変ですし、なにより出品や発送の手間が増えるのが負担となりますので、それなりの額を稼げる商品を扱うのが楽です。


2017年12月の新規登録キャンペーン

【2017/12/31まで】
新規登録&ポイント交換で
300円を貰える!

ここから登録した人限定!条件達成で3,000ptのボーナス!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です