楽天銀行の特徴

多くのアンケートサイト・ポイントサイト・ASPにて報酬の受取口座に設定できるため是非とも開設しておいたい口座です。

また、楽天アフィリエイトを行う場合にも必要となるため重要度は非常に高いです。

標準ではATMからの引き出しの際にて手数料がかかりますが、残高が10万円以上になると手数料無料(残高が多いほど無料の回数が増える)となります。

ハッピープログラムによる特典

楽天銀行では口座残高に応じて様々な特典が受けられるハッピープログラムという仕組みがあります。

残高と「会員ステージ」とうものが対応しており、会員ステージが「ビギナー」・「スタンダード」・「プレミアム」・「スーパーVIP」と進むほど特典が優遇されるようになります。また、会員ステージは残高を増やす以外にも給与・洋書・の受取口座にする、自動引落(口座振替)を行う、住宅ローンを組むなどしても上がります。

必要残高特典
ATM手数料他行振込手数料楽天スーパーポイント獲得倍率
会員ステージビギナーハッピープログラムへ
エントリー
有料3回(給与・賞与・年金の受取がある場合のみ)1倍
スタンダード10万円以上月1回無料2倍
プレミアム50万円以上月2回無料
VIP100万円以上月5回無料3倍
スーパーVIP300万円以上月7回無料

手数料の優遇だけでなく楽天スーパーポイントの獲得率も上がるため、楽天市場をよく利用する場合にもとてもメリットがあります。

上には記載していませんが、いずれのステージにおいても住宅ローンの金利が0.324%引き下げられるという特典もあります(返済口座が楽天銀行の場合のみ)。

手数料

カード発行手数料

完全無料です。

口座維持費

完全無料です。

ATM入出金手数料

ATM入金出金
3万円未満3万円以上
セブン銀行216円無料216円
イオン銀行
PatSat
イーネット270円270円
ローソンATM
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行

口座開設月と翌月から6ヶ月間は上記に関わらず入出金合わせて月に最低5回は無料となり、その後は残高に応じて(ハッピープログラム会員ステージに応じて)最大で月に7回まで無料となります。

従って、口座開設後の無料期間が終わる前に副業でしっかり稼いで10万円以上入金すればATM手数料は実質無料となります。

振込手数料

サービス宛先振込金額手数料
通常振込・振込予約楽天銀行口座何円でも無料
他の金融機関口座3万円未満165円
3万円以上258円
ゆうちょ銀行
(本人名義口座への振込)
ゆうちょ銀行
(本人名義口座)
何円でも103円
かんたん振込
(メルマネ)
楽天銀行登録済みの
メールアドレス
何円でも無料
楽天銀行未登録の
メールアドレス
何円でも165円
Facebookで送金楽天銀行でFacebookに
連携済みの友達
何円でも無料
他行でFacebookに
連携済みの友達
何円でも165円
Facebook連携してない友達何円でも165円

上記の通りですが、楽天銀行にて給与・賞与・年金の受け取りがあった場合には他行への振込手数料が月に3回まで無料になります。使わなかった無料回数は2回まで繰越できるので最大で月に5回まで他行への振込手数料が無料となります。

他行への振込の際にはゆうちょ銀行へ振り込むのが一番安いことがわかります。

その他、相手のメールアドレスと口座名義(カナ)だけわかれば振込みできるメルマネ、Facebookを利用して振込みを行うなど、受取人に合わせて色々な振込方法を利用できます。

金利

普通預金・定期預金ともにジャパンネット銀行の方が全体的に金利が高いですので、貯蓄目的ならそちらを利用した方が良いです。

普通預金

口座残高(円)金利(%)
通常0.02
楽天証券との口座連動
マネーブリッジ利用時
0.04
楽天カード利用0.04

基本的には0.02%で固定ですが、楽天証券と口座を連動させるマネーブリッジを利用すると金利が0.10%と5倍になります。

また、楽天カードの利用金額の引き落としがあると翌月1ヶ月間は金利が0.04%となりますので、楽天カードをメイン使いにしているだけでも少しお得になります。

定期預金

口座残高(円)金利(%)
1,000円以上100万円未満0.05~0.22
100万円以上1,000万円未満0.05~0.23
1,000万円以上0.05~0.24

期間は7日間・14日間・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・3年・5年があります。

振込手数料の支払いは楽天ポイントで

楽天銀行で他行への振込手数料を無料にするには給料・賞与・年金の受取口座にしなければなりませんが、会社で口座が指定されている場合などは難しいかもしれません。

そんなときは、楽天リサーチをうまく利用しましょう。

実は、楽天銀行の振込手数料の支払いには楽天ポイントを使用することもできるので、楽天リサーチを利用して普段から楽天ポイントを稼いでおくと振込の際に便利です。

せいぜい100~200円程度とは言え振込手数料の支払いに現金を使うとなるとちょっと勿体ないですが、楽天リサーチでもらった楽天ポイントなら元々タダで貰ったものなのであまり惜しくはありません。

楽天銀行を開設する場合には、楽天リサーチにも合わせて登録するようにしましょう。

デビットカードが利用できる

楽天銀行の口座があると楽天デビットカードを作ることができます。

デビットカードは口座にお金を入れておけばクレジットカードと同じように利用できるため非常に便利です。

利用限度額を設定することもできるため使いすぎを防ぐこともできますので、「クレジットカードはあまり持ちたくないけど、持っていないと不便で困る。」という方や、学生の方にもメリットがあります。

ただし、年会費として1,000円/年が必要な点には注意して下さい。

楽天アフィリエイトを行うのであれば絶対に必要

楽天アフィリエイトを行う場合には絶対に楽天銀行の口座を開設して下さい。

何故なら、楽天アフィリエイトでひと月に3,000ポイント以上稼いだ場合、余剰分は楽天キャッシュ(楽天ポイントと同じように1円/1ポイント使える他、換金可能)にて支払われますが、楽天キャッシュは楽天アフィリエイトで使用しているIDを利用して楽天銀行の口座が開設された場合(もしくは楽天カードを発行した場合)にしか受け取ることができないからです。

つまり、楽天銀行の口座を開設していない(もしくは楽天カードを発行してない)ときに月に3,000ポイント以上稼ぐと、3,000ポイントを超えた分は全て破棄されてしまうのです。繰越しも行われないため、せっかく稼いでも無駄になってしまいます。

ですので、しつこいようですが楽天アフィリエイトを行う場合には事前に楽天銀行の口座を開設しておくようにしましょう。

下のバナーをクリックすると楽天銀行への登録を行えます。(楽天銀行のサイトに移動します。)



コメント