スマホアプリ開発で稼ぐ方法・攻略方法


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

スマホアプリ開発とは?

iPhoneやAndroidの機種で動作するアプリケーションを開発して稼ぐ方法です。

プログラミングを始め、アルゴリズム・データ構造・データベースといった専門知識と英語(リーディングのみ、ライティングはできなくても良い)を身に付けなければならないため、他の副業に比べると難易度は高いですが、スマホアプリ長者も存在するくらい当たるとデカいのが最大の魅力です。また、開発に必要なツールやドキュメントなどは全て無料で公開されているため、開発者登録の費用・書籍代・サーバー代などを除けば無料で実践できます。

ちなみに、管理人の(副業の)メインの収入源でもあります。

(一部広告のみ)

直近一年間の収入(一部広告のみ)

スマホアプリ開発の対象OS・機種

iOS(iPhone)

AppleのiOSを搭載したiPhoneとiPad向けのアプリを作ることができます。Objective-Cというプログラミング言語を使用して開発を行います。

iOSを搭載した機種はApple製造のiPhoneとiPadしか存在しないため、機種による挙動の違いが少なくそのあたりの調整に手間や時間を取られない点がメリットですが、iOS開発に用いるプログラミング言語「Objective-C」が他言語習得者にとってはとっつきにくい点がデメリットです。

開発者登録(Apple Developer Program)は毎年更新する必要があります(約10,000円/年)。

Android

GoogleのAndroidを搭載した機種のスマホ・タブレット向けのアプリを作ることができます。Javaというプログラミング言語を使用して開発を行います。

Android搭載のスマホはiPhoneと比較すると安価であり世界中でシェアが高いため海外でも使えるアプリを作ると利用者が増えて稼ぎやすい傾向にありますが、機種が多すぎて全ての機種で不具合なく動作するアプリを作ることは手間・時間・金銭的な面からほぼ不可能であるため、良いアプリを作ってもレビュー・評価が二分する傾向があります。

開発者登録(Google Play Developer)は初回のみでOKです(25ドル)。

Windows(Windows Phone)

MicrosoftのWindowsを搭載したWindows Phone・タブレット向けのアプリを作ります。Visual C#というプログラミング言語を利用して開発を行います。

iPhone・Android搭載機種と比較して壊滅的にシェアが低く、アプリ開発で稼ぐつもりなら選択肢とはなり得ません。そのため、このサイトではこれ以上の解説は行いません。

スマホアプリ開発で稼ぐ方法

無料アプリで稼ぐ

無料アプリに広告を掲載したり、有料アイテムを販売して稼ぎます。現在公開されているアプリのほとんどはこれらのどちらか、もしくは両方で稼いでいます。

無料で利用できるアプリは利用者数が増えやすくSNSなどでも話題になりやすいため、作るなら無料アプリがお勧めです。有料アイテムの販売は少し難易度が高いため、最初は広告を掲載のみのアプリを作るのが良いです。

有料アプリで稼ぐ

アプリを有料で販売して稼ぐ方法です。

スマホの世界では圧倒的に無料アプリが多く、アプリにお金を払うのは少し特殊な行為であるため、無料アプリと比較するとあまり数が出ません。有料アプリを販売するのであれば「内容は無料アプリと同じだが広告がないアプリ」・「無料アプリは有料アプリの機能制限版とする」などとして無料アプリと有料アプリに差を付けることで、あなたの無料アプリを使用しているユーザーが有料アプリを購入してくれる可能性が高まります。

基本無料のアプリの世界でお金を取るわけなので、不具合があるとレビューが炎上して罵詈雑言で埋め尽くされることが多いです。

受託開発で稼ぐ

企業やクラウドソーシングなどからアプリ開発の仕事を受けて、その報酬で稼ぐ方法です。

(条件によりますが)言われた通りに作るだけなのでアプリの企画をする必要がなく、アプリが流行る・流行らないに関わらず報酬を稼ぐことができますが、納期がありサラリーマンと変わらない(日中に普通に働いているのであればダブルワークになってしまう)ため、個人的にはあまりお勧めできません(副業でやるなら納期がない方が自由度が高くて良い)。

スマホアプリ開発のメリット

パソコンが1台あれば取り組める

大抵の人はiPhoneかAndorid端末のどちらかを持っているはずなので、所持しているスマホに対応するアプリであれば、あとはパソコンに開発ツールをインストールするだけでアプリ開発に取り組むことができます。

開発者登録の費用・勉強のために購入する書籍代・サーバー代(サーバーで何らかの処理を行うアプリを作るときに限る)などを除けば全て無料なので、パソコンが1台あればOKです。

ライバルが少ない

後述の「専門知識と技術が必要」というデメリットの裏返しですが専門知識がなければスマホアプリは開発できないため、(稼げるかどうかは別の話ですが)アフィリエイトや転売といった誰でも取り組める副業と比較するとライバルの数はあまり多くありません。

大抵の人は取り組む前に諦めてしまうからです。

当たれば大きい

ベトナム人の開発者が2~3日で開発した中毒性の高い無料カジュアルゲーム「Flappy Bird」(2014年2月に開発者が公開停止)は、世界中で5,000万回以上ダウンロードされて1日の広告収入が約50,000ドル/日(120円/ドルで約600万円/日)もあったと言われています。

必要な知識・技術を身に付けた後であれば、アイディア次第で短期間で開発したアプリで一攫千金も可能です。もちろん、アプリが面白いのは大前提として公開のタイミングやSNSでシェアされるかどうかなどの様々は要素が絡むため、実際に一攫千金できるのは世界中でほんの一握りの開発者だけですが、爆発したときに得られる金額は他の副業の比にならないほど多いです。

少なくとも宝くじに当たるより確率が高いのは確実だと思います。

理解されやすい副業である

アフィリエイトや転売と違って人に説明したときに分かりやすいというメリットもあります。

アフィリエイトは「ネットで何か怪しいことをしている」、転売は「人気の玩具などを買い占めて暴利を貪っている」という良くないイメージが付きまといがちですが、誰もが利用しているスマホアプリの開発はイメージがし易いからです。

更に「アプリ開発 → プログラミング → 難しいことをやっている → 凄い!」と一目置かれることもあるかもしれません。

就職・転職に繋がる

副業で作ったスマホアプリを提出物として、スマホアプリの開発を行っている企業の求人に応募すれば採用となる可能性が高まります。

アプリ開発の世界では自主的に勉強して技術を身に付けていく自主性が求められるため、独学でアプリを作って公開した人はそれだけで評価の対象になります(「興味がある」・「やってみたい」という人は沢山いるが独学で開発・公開する人はほとんどいない)。実際、いくつかの企業の求人ページを見るとわかりますが、実務経験がなくても「自分でアプリを開発・公開したことがある人」を採用対象としている企業は結構多いです。

現在無職の人・止むを得ず非正規の仕事をしている人・条件の良い会社に転職したいという人にとって、スマホアプリ開発には単なる副業以上のメリットがあるのです。

起業に繋がる

スマホアプリ開発はパソコン1台で取り組むことができ、他業種での起業に比べて初期費用がほとんどかからないため起業するのにも最適です。本業で開発している人が起業したケースだけでなく、副業の収入が会社からの給料を大きく超えてしまったから起業したというケースもあるようです。

いきなり起業というわけにはいかないと思いますが、副業の調子が良ければ目標の一つとして掲げるのも良いかもしれません。

スマホアプリ開発のデメリット

専門知識・技術が必要

プログラミング・アルゴリズム・データ構造・データベース・英語(リーディング)といった情報科学全般の専門知識と技術がなければスマホアプリ開発はできないため、非常に敷居が高い副業です。

全ての専門知識・技術に精通する必要はなく必要になった段階でその都度調べて勉強すれば良いのですが、技術書を用いた「勉強」をすることになるので、自主的に勉強に取り組めない人には難しいと思います。

英語が読めないとキツイ

スマホアプリ開発に必要な専門知識・技術のひとつとして英語のリーディグが挙げられます。というのも、iOS・Androidともにアメリカの企業であるAppleとGoogleが開発したOSなので基本的に公式ドキュメントは全て英語で書かれているからです。

もちろん、日本語の公式ドキュメント・書籍・ブログも多数存在しますが、情報量としては英語の方が圧倒的に多いため、日本語のみで開発しようとするとかなり不利になります。

個人的な経験としては、日本語ではなかなか見つからなかった不具合の解決方法が英語で調べたらあっさり見つかったり、英語のサイトにしか記載がなかったりしたことが何回もあるため、英語抜きで開発しようとするのは全くお勧めできません。

とは言っても、普通は英語の解説と一緒にソースコード(プログラミングで記述した処理内容)が掲載されていることが多いため、英語を完璧に理解できなくてもソースコードを読めば英語で書かれている内容が理解できるというのは良くあることなので、高校卒業程度の英語が理解できればあまり問題ありません。

管理人もよく英語のサイトで情報を探して読んでいますがTOEIC(990点満点)のスコアはたったの400点で、しかもこのスコアはスマホアプリ開発を始めた年の4年前に受験したときのものです。

時間がかかる

上記の通り、専門知識・技術が必要であるため、本業でスマホアプリ開発をしている人・(スマホアプリ開発以外の)何らかのシステム開発を行っている人・学校でコンピュータ関連のことについて学んだことがある人以外の初心者は勉強するだけでかなりの時間が必要となります。

管理人は大学でコンピュータ関連の勉強をしていた(本業は別業種)のでスマホアプリ開発に着手した時点で最低限必要な基礎知識(少なくとも上述のものは全て)は最初から身に付けていましたが、スマホアプリ開発自体は初めてだったためわからないことが出てくる度にネットで調べたり本を買って読んだりしながら開発を行っていましたし、今でもそうです。そういったこともあり、副業としてスマホアプリ開発に着手してから公開に至るまで半年以上の時間がかかりました。

もちろん、あなたの能力や開発するアプリの規模・機能によってかかる時間は様々だと思いますが、常に順風満帆に開発が進むことはまずあり得ないでしょう。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です