eBay(イーベイ)へ商品を出品する方法・手順


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

商品の出品

ebayのトップページ(http://www.ebay.com/)を開きログインした後、「My eBay」の「Selling」をクリックします。

「My ebay」の「Selling」を選択

左サイドバーの「Sell an item」をクリックします。

「Sell an item」を選択

出品カテゴリーの選択

「Browse cateegories」を選択します。このとき、上の入力欄に商品名などのキーワードを入力すると候補となるカテゴリーが自動で表示されますので、その方法でカテゴリーを選ぶことも可能です。

「Browse cateegories」を選択

カテゴリーを選択します。選択したカテゴリーに子カテゴリーがあるときは右側に表示されますので選択します。緑色のチェックマークと「You’ve selected a category. Click Continue.」という文言が表示sらえたら「Continue」をクリックします。

出品カテゴリーの選択

参考にする商品の選択

出品したい商品が別の出品者によって先ほど選択したカテゴリー内に出品されているのであれば、キーワードを入力して「Search」をクリックすると一覧が表示されます。一覧から該当する商品を選択すると、メーカー名などの項目が入力された状態で商品説明の入力を始めることができるので手間が省けます。

出品されていない商品では上記の方法は使えないためをクリックします。ここではこちらの手順を説明します。

2988_005

商品タイトル・商品の状態の入力

「Title(商品タイトル)」と「Condition(商品の状態)」を入力します。「Subtitle(商品サブタイトル)」はオプションなので0.50ドルの手数料が必要となりますし設定しなくても問題なく売れますのでわざわざ入力する必要はありません。

ちなみに、商品タイトルの末尾の「Free S/H」は「Free Shipping / Handling」の略で「送料と手間賃(発送の手間や梱包材の費用)は無料」という意味です。今回出品する商品は高額なので無料にしました。

Title(商品タイトル)」・「Condition(商品の状態)」・「Subtitle(商品サブタイトル)」の入力

写真のアップロード

「Click to add Photos(first photo is required)」をクリックします(新規ウィンドウが開きます)。記載の通り、写真は最低でも1枚は必要となり最大で12枚まで掲載することができます。写真が多い方が商品の状態を詳細に説明できて親切ですのでできる限り沢山アップロードする方が良いです。

写真の追加

「Select photos」をクリックした後、自身のパソコンの中の商品の写真を選択します。

「Select Photos」をクリック

2枚以上の写真を追加するときは「Add photos」をクリックして写真を追加していきます。全ての写真のアップロードが終わったら「Finish」をクリックします。なお、以下の画像で黒塗りになっている部分には実際にはアップロードした写真が表示されています。

2枚以上の写真のアップロード

写真のアップロードが終了すると、追加した写真のサムネイルが表示されます(以下の画像は黒塗り)。

アップロードした写真のサムネイル

商品の詳細の入力

出品する商品に「UPC(アメリカ・カナダのバーコド)」が付いているときは入力します。それ以降の項目は商品を出品するカテゴリーによって異なるのでここでは詳細は説明しませんが、できるだけ入力した方が良いです。

商品の詳細の入力

具体的な商品説明の入力方法は「Standard」と「HTML」の2種類があります。「Standard」はWordで文章を書くような感覚で文字のサイズや太さを変えながら入力できます。「HTML」はホームページを作るような感覚でHTMLタグを使うことができます。必要な情報を漏れなく書いて見やすければどちらの入力方法でも良いのですが、HTMLタグが分からなければ「Standard」を利用しましょう。「HTML」は編集が少し難しいですが「ebay 出品 テンプレート」で検索するとHTMLタグがあまり分からなくても簡単に綺麗な商品ページを作ることができるテンプレートが沢山出てきますので、それらを利用するのも手です。

「Preview」をクリックすると、実際の商品ページを確認することができます。

2988_012

商品説明を綺麗に見せるための装飾を設定することができますが、0.10ドルが必要なオプションなので設定する必要はありません。このオプションを使うくらいなら商品説明を「HTML」にして綺麗なテンプレートを利用するだけで十分です。一応、「Preview」をクリックすれば商品ページがどのように表示されるかを確認できますので一度見てみて下さい。

商品説明の装飾

商品ページには、何人の人が商品ページを閲覧したのかを数えてくれるカウンターが設置されていますがそのデザインもドロップダウンリストから選ぶことができます。これは「Basic Style」から変更しなくて良いと思いますが、「Hiddden」を選ぶと非表示にできます。

訪問者数カウンター

出品形式・価格を決める

オークション形式(Auction)で出品するとき

オークション形式で出品するときは、「Auction」タブを選択して「Starting price(開始価格)」・「Buy It Now price(即決価格)」(任意)・「Duration(出品期間)」を入力します。「eBay Giving Works」は売上の一部を非営利団体に寄付するかどうかを選択することができますが、ここではそのようなことは想定していないので「I do not wish to donate at this time.」

オークション形式(Auction)での出品

固定価格(Fixed price)で出品するとき

固定価格(Fixed price)で出品するときは、「Buy It Now price(即決価格)」と「Best Offer(値下げ交渉)」(任意)を設定します。「Best Offer」を設定するときは、「Automatically accept offers of at least $○○(値下げ交渉を了承する最低価格)」と「Automatically decline offers lower than $○○(最低落札価格)」も合わせて指定することで、指定価格以上の値下げ交渉は自動で了承し、指定価格未満の値下げ交渉は自動で拒否することができますので設定しておいた方が便利です。

固定価格(Fixed price)での出品

発送方法・送料・商品の寸法&重さの設定

アメリカ国内への発送方法と送料(U.S. shipping)

まずはアメリカ国内での発送方法と送料を設定します。日本から発送するので設定しなくても良いような気もしますが、設定しなければ出品できませんので注意が必要です。

ドロップダウンリストから「Flat:same cost to all buyers(定額:送料は全てのバイヤーが同じ)」を選択し、具体的な発送方法は「Services(発送方法)」にて設定しますが、日本から送る場合は追跡あり&保険なしならSAL(郵便局)を利用するので「Economy services from outside US (11 to 23 business days)」を、追跡あり&保険付きならEMS(郵便局)を利用するので「Standard services from outside US (5 to 10 business days)」を選択します。

「Cost(送料)」(送料を無料にするときは「Free shipping(送料無料)」をチェックする)と「Handling time(落札から出荷までに日数)」も忘れずに入力して下さい。「Handling time」はeBayの規約上は最長30日まで設定できますが、落札者は早く商品が欲しいものなので長くても「3 business days」くらいにしておいた方が良いです。

アメリカ国内の発送方法(U.S. shipping)

ちなみに、日本から発送するときに候補となる選択肢と主な発送方法は以下の通りです。基本的にFedExは利用することはないと思います。

Servicesの候補
選択肢 主な発送方法 取扱業者
Economy services from outside US
(11 to 23 business days)
SAL(エコノミー航空便) 郵便局
Standard services from outside US
(5 to 10 business days)
EMS(国際スピード郵便)
Expedited services from outside US
(1 to 4 business days)
FedEx International Priority FedEx
FedEx International Economy
(2 to 4 business days)
FedEx International Economy

海外への発送方法と送料(International shipping)

eBayに登録した直後は「International shipping(国際送料)」は表示されていないので、まずは表示させる必要があります。「Add or remove options(オプションの追加 or 削除)」をクリックします。

海外への発送(International shipping)の表示

海外への発送(International shipping)の表示

「Show international services and options(海外への発送方法とオプションの表示)」をチェックして「Save」をクリックします。なお、このとき「Show combined shipping discount options(同梱発送時の割引オプションの表示)」をチェックすると、複数の商品を落札してくれた人へ一つの箱で商品を発送する際の割引額を設定できるようになります。

海外への発送(International shipping)の表示

「International shipping(海外への発送方法)」が表示されたらOKです。

海外への発送方法の設定(International shipping)

発送方法は、

  • Flat: same cost all buyers(定額:送料は全てのバイヤーが同じ)
  • Calculated: Cost varies by buyer location(確認する:バイヤーの国によって送料が変わる)
  • No international shipping(海外発送はしない)

のうち、「Flat: same cost all buyers(定額:送料は全てのバイヤーが同じ)」を設定します。ただし、地域によっては実際の送料は変わる(「アジア < アメリカ・カナダ < ヨーロッパ」の順に高くなる。SAL便やEMSの)ので、地域ごとに送料を変えます。地域名をチェックしてから「Cost(送料)」を入力し、別の地域に異なる送料を設定したいときは「Offer additional service(追加の発送方法の設定)」をクリックすると設定できる項目が増えます。

「Require buyers to contact you for international shipping costs(送料を確認するためにあなたにコンタクトを取らなければならないバイヤーの国))」は「Will ship worldwide(世界中へ発送)」を選択します。

海外への発送方法の設定(International shipping)30x24x17

発送しない地域の設定(Excluded shipping locations)

「Excluded shipping locations(発送しない地域)」は世界中に発送するつもりなら設定しなくても良いですが、送りたくない地域があるなら「Create/edit exclusion list(除外リストの作成/編集)」をクリックします。

発送除外リスト(shipping exclusion list)の作成による発生しない地域(Excluded shipping locations)の設定

荷物の詳細(Package details) : 荷物の種類(Package type)と寸法(Dimensions)

「Package Type(荷物の種類)」は以下の中から選択しますが、大体は「Package(ro thick envelope)」で良いと思います。もし、荷物の重さ・サイズが一定の基準を超えるようなら「Irregular package(いびつな形の荷物)」をチェックすると送料を5ドル余分にバイヤーへ請求できるようですが、一定の基準が定められている発送方法は「US Postal Service」と「UPS」のみ(ともにアメリカ国内の輸送方法)の様なので、日本から発送する場合は無視して良いです。

  • Letter : 手紙
  • Large envelope : 大きな封筒
  • Package(or thick envelope) : 小包(or 分厚い封筒)
  • Large Package(大きな荷物)

荷物の種類(Package type)と寸法(Dimensions)の設定

重さ(Weight)

「Dimensions(寸法)」と「Weight(重さ)」は荷物の寸法をインチ(2.54cm/インチ)とポンド(0.453kg/ポンド)で入力します。

重さ(Weight)の設定

送料表(Shipping rate tables)

アメリカ国内の各地域や各国への送料を一覧表で作成することができ、バイヤーが商品ページを見るときにはバイヤーの国の送料だけが表示されるようになっています。送料表を試用したいときは以下の項目をチェックした上で「Cretate/edit rate tables(送料表の作成/編集)」をクリックして送料表を作成します。

  • Apply domestic shipping rate table : アメリカ国内の送料表を適用
  • Apply international shipping rate table : 海外の送料表を適用

送料表(Shipping rate tables)の設定

商品の出荷元

「Item location(商品の発送元)」eBayに登録したときの情報がそのまま表示されるだけなので特に変更する必要はないと思いますが、都道府県も表示されるので引っ越ししたときは「Change location(発送元)」で変更しましょう。

商品の発送元(Shipping rate tables)の設定

その他の詳細の設定

「Return policy(返品ポリシー)」を設定する必要があるので「Change your return policy(返品ポリシーの変更)」をクリックします。

返品ポリシー(Return policy)の設定

基本的には返品不可で良いので「No returns accepted(返品不可)」を選択して「Save(保存)」をクリックします。ただし、商品(の状態)と商品説明が一致しないときはバイヤーは返品することができます。あくまでも、バイヤーの都合による返品ができないというだけですので注意が必要です。

返品ポリシー(Return Policy)の保存

次のページへ移動する

最下部にはここまでの入力内容で計算した「Your fees so far(出品手数料)」が表示されていますので、確認をしたら「Save for later(保存)」をクリックして一旦保存します。その後、「Continue(続く)」をクリックして残った項目を設定します。

次のページへ移動する

商品を目立たせる(Make your listing stand out)

オプションとして「Subtitle(商品サブタイトル)」を0.50ドルで、「Bold title(太字のタイトル)」を2.00ドルで利用できますが、設定しなくても売れますので特に設定する必要はありません。

「Subtitle(商品サブタイトル)」と「Bold title(太字のタイトル)」の設定

手数料の確認(Review your fees)

出品前に出品に必要な手数料を確認します。以前に商品を出品したことや落札されたことがあり、それらの手数料の支払いが完了していないときは「account balance(請求額)」にてそれらの合計額を確認できます。

手数料の確認(Review your fees)

商品を出品する(List your item)

「Preview your listing(商品ページをプレビューする)」をクリックして商品ページがどのように表示されるのかを確認し、問題がなければ「List your item(商品を出品する)」をクリックして商品を出品します。もし、修正したい箇所があるときは「Edit listing(商品ページを修正する)」をクリックします。

出品時には「Automatically relist this item up to 2 times if it doesn’t sell. Fees may apply for each relist(商品が売れなかったときは2回まで自動で再出品する。手数料は出品毎に適用される。)」をチェックしてから出品すると、商品が売れなかったときに手動で再出品する手間が省けるのでお勧めです。

商品を出品する(List your item)

「Congratulations! Your item is listed for sale.(おめでとう!商品が出品されました!)」と表示されれば出品作業は完了です。」

eBayへの商品出品の完了

出品中の商品を編集する方法

出品した後に商品説明の内容を編集したいというときがあると思います。そんなときは、まずヘッダーの「My eBay」の「Selling」をクリックします。

商品説明の編集方法

ページを少し下の方へスクロールすると「Active Selling(出品中)」があり、その中に商品が表示されていますので、編集したい商品のチェックボックスをチェックして「Edit(編集)」をクリックすると編集画面へ移動します。

出品中の商品の編集(Edit)

なお、編集の他には以下のような操作もできます。

  • Add Note(メモ書きの追加) : 商品についての自分用のメモを追加する
  • Sell similar(似た商品を売る) : 選択した商品と同じカテゴリを選択した状態で出品作業を始める
  • Send To Online Auction(オークションへ送る) : 即決での出品を取り下げてオークション形式で再出品する
  • Add to list(リストに追加する) : 任意で作成したリストに商品を追加し分類しやすくする
  • End(出品取り下げ) : 出品中の商品の出品を終了する

後は商品が入札&落札されるのを待つのみ

eBayは全部英語なので、落札するだけのときと比較すると出品作業は慣れるまで大変ですが、慣れればヤフオクに出品するときと同じように簡単に出品できるようになります。

出品した商品が検索結果に表示されるようになるまではしばらく時間がかかるので気長に待ちましょう。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です