格安スマホで通話料半額!楽天でんわとG-Callの評判評価と使い方・違いを比較!


ライフメディアへ登録

格安スマホ・SIMは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べて月額料金が極めて安価という特徴があるので、大手キャリアからMNPで乗り換えをした方・検討している方は多いと思います。

一方で、格安スマホ・SIMには通話料が高い(一般的には20円/30秒)という欠点があります。

もちろん、5分かけ放題オプションや無料通話オプションに加入すれば通話料を安価に抑えることも可能ですが、有料オプションへの加入すると別途オプション料金が発生するため、「通話料を抑えたいけれど、オプションに加入するほど電話をかけることはない。」という比較的通話時間が短いユーザーは取り残されてしまいます。

しかし、「楽天でんわ」と「G-Call」を活用すれば誰でも基本料金無料で通話料を半額(10円/30秒)にすることができます。

以降では、楽天でんわとG-Callの特徴を比較し、これら2つのサービスをどのように使い分ければ良いのかを解説していきたいと思います。

また、両サービスへの申し込みでポイント還元を受けるお得な方法も紹介しますので是非参考にしてみて下さい。

楽天でんわとG-Callの共通点

楽天でんわとG-Callは似たようなサービスであるため共通点が多いです。

それぞれの特徴を紹介する前に、まずは両者の共通点を説明します。

誰でも使える

両サービスとも誰でも使うことができます。

楽天でんわを運営する楽天株式会社は「楽天モバイル」・G-Callを運営する株式会社ジーエーピーは「G-Call 格安SIM」という格安スマホ・SIMを運営していますが、別にこれらのサービスの利用者でなくてもOKです。

例えば、有名な格安スマホ・SIMであるIIJmioやLINEモバイル等のユーザーであっても使えますし、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のユーザーでも問題ありません。

厳密なことを言うと、楽天でんわは楽天会員にならなければダメですし、G-CallはマイG-Callアカウントを持っていなければダメなのですが、楽天会員・マイG-Callアカウントともに誰でも無料で会員登録できますので、実質的には「誰でも使える」と表現してしまって問題ないでしょう。

キャリアを変更しても使い続けられる

格安スマホ・SIMによっては、各社で通話料半額アプリやかけ放題オプションを提供していることがあるため、わざわざ楽天でんわやG-Callを使わなくとも通話料を安くすることができます。

ただ、それらは当該格安スマホ・SIMを契約中しか使うことができないという欠点があり、例えばA社と契約中はA社のアプリやオプションを、B社と契約中はB者のアプリやオプションを使わなければならず、MNPなどで他社へ乗り換えるときにはその都度利用するアプリを変更したりオプションに加入したりする必要があって若干手間がかかります。

一方で、楽天でんわ・G-Callならキャリアを問わないという特徴があるので、一旦契約したらMNPしようが何しようが今までと同じ調子で使い続けることができて便利です。

常に通話料半額(10円/30秒)

また楽天でんわ・G-Callともに国内電話は10円/30秒という一般的な格安SIMの通話料の半額で電話をかけることができます。

誰でも使えていつでも通話料が半額ということで非常に使い勝手の良いサービスであると言えます。

もちろん時間制限もなく、毎月何時間の電話をかけても(月1分でも、月100時間でも)常に10円/30秒です。

ちなみに、楽天でんわは消費税がかかりますがG-Callは消費税がかからないので細かいことを言うと国内電話の通話料はG-Callの方が消費税分だけ安いです(詳細は後述)。

通話料が安くなる理由

楽天でんわとG-Callを使うと通話料が安くなる理由は、両サービスを利用して発信するときは各会社が独自に安価で契約している電話回線を利用して電話をかける処理が行われるからです。

両サービスとも電話をかけるときには電話番号の前に

  • 楽天でんわ : 0037-68-
  • G-Call : 0063-

という「プリフィックス番号」を付与して発信することになります。

例えば、「090-7777-7777」に電話をかけるときは「0037-68-090-7777-7777」や「0063-090-7777-7777」として発信するという感じです。

これにより、通常の電話回線(格安スマホ・SIMで契約中の電話回線)ではなく前述の電話回線を介した通話が可能になり、通話料金が安くなるのです。

なお、各サービスの専用の電話アプリ(無料)を利用すれば上記のプリフィックス番号は自動で付与されますので、電話をかける度に手入力しなければならないといったことはなく普通に電話をかけるときと手順は全く変わりません(電話帳からかけたい相手を選ぶだけでOK)。

月額基本料金無料

通話料が半額になるからといって別途基本料金がかかるということはなく、月額基本料金は0円です。

つまり、毎月の請求金額は実際に電話をかけた時間のみで決まり、通話時間が0分の月は利用料金が請求されることはありません。

電話をあまりかけない月に楽天でんわ・G-Callのサービスに加入し続けても一切のデメリットがないため、月によって通話時間が大きく上下するような生活スタイル・仕事の人でも安心して利用できるサービスです。

相手には携帯電話番号で通知

IP電話だと発信時の電話番号が050から始まる番号になるため、初めて電話をかける相手のときは不審に思われてしまって出てくれないこともあります。

しかし、楽天でんわ・G-Callともに090や080から始まる本来の携帯電話番号が相手に通知するので、普通に電話をかけるときと全く同じ感覚で利用できて便利です。

通話SIMのみ利用可能

楽天でんわ・G-Callともに通話機能を提供するサービスではありません。

あくまでも契約している格安スマホ・SIMによって提供される通話機能が必須となりますので、通話SIMでのみ利用可能です。

逆に言えば、データ専用SIMやSMS付きSIMの契約者が楽天でんわ・G-Callを契約したからといって、090や080の電話番号を用いた通話ができるようになるわけではありません。

IP電話の方が安い

先述の通り一般的な格安スマホ・SIMの通話料(20円/30秒)の半額である10円/30秒という安価な通話料が魅力の楽天でんわとG-Callですが、単純に安さだけに注目するとIP電話の方が安価です。

例えば、NTTコミュニケーションズ株式会社のIP電話サービスである050plusは

  • 固定電話(国内) : 8円/3分
  • 携帯電話(国内) : 16円/1分

という通話料ですので破格の安さであることが分かると思います(ただし、月額基本料金は300円)。

050 plus(NTTコミュニケーションズ株式会社)

http://www.ntt.com/personal/services/phone/ip/050plus.html

多少の違いはあるものの、その他のIP電話も同じような料金設定であり楽天でんわ・G-Callよりも軒並み安価です。

楽天でんわ・G-Callが通常の電話回線を、IP電話がインターネット回線を利用するという違いはありますが、とにかく通話料を安く抑えることを優先したいならIP電話の利用を検討する方が良いと言えます。

緊急通報できない

先述の通り、楽天でんわとG-Callは通常の電話回線ではなく各社が独自に契約している電話回線を介して通話を行なうという仕組み上、110・119・118といった緊急通報を行なうことができません。

とはいえ、両サービスを一旦契約してしまったら絶対に緊急通報をすることができない、というわけではなく通常の電話回線を利用して発信をすれば緊急通報は可能ですのでご安心下さい(両サービスの専用アプリにはプリフィックス番号を付けずに発信する = 通常の電話回線を使う機能があります)。

ただ、緊急通報は普段あまりかける機会がない(= プリフィックス番号を外して発信する操作を行う機会がない)ことから、いざという事態が発生してパニックに陥ってるときにそのような例外的な操作を冷静に行なうことができるかどうかはちょっと不安があるかもしれません。

従って、楽天でんわ・G-Callを利用する場合には、

  • 通常の電話回線とは異なる電話回線を利用して発信している
  • その電話回線では緊急通報できない
  • 緊急通報するためにはプリフィックス番号を付けずに通常の電話回線を使う必要がある
  • 専用アプリにはプリフィックス番号を付けずに発信する機能がある

といった特徴をきちんと理解しておく必要があります。

なお、緊急通報だけではなく、フリーダイヤル(0120-)やナビダイヤル(0570-)も同様にプリフィックス番号を付けた状態ではかけることができません。

支払先が2つに増える

先述の通り、楽天でんわ・G-Callともに各社が独自に契約している電話回線を介して電話をかけることで通話料を安価に抑える、という仕組みです。

従って、これらのサービスを導入した後の支払い先は、

  • SIMの月額基本料金やオプション利用料など : 契約中の格安スマホ・SIM
  • 通話料 : 楽天でんわ or G-Call

という感じで、支払い先が2つに増えてしまいます。

これによって支払い総額が増えてしまうということはありません(むしろ、通話料半額の効果で安くなる可能性の方が高い)ですが、支払先が分かれてしまうことで毎月の支払い総額を把握しづらくなってしまうというデメリットがあります。

クレジットカードへの料金請求のタイミングのよっては、「同じ月の料金なのに支払いが別々の月に別れてしまう」という現状も起こり得ると思います。

楽天でんわの特徴

楽天でんわは株式会社楽天が運営しているサービスです。

楽天はプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスや通販サイトの楽天市場などで極めて有名なので、安心して利用できると思います。

▼申し込みはこちらをクリック▼

国内通話料には消費税がかかる

前述の通り国内通話料は10円/30秒ですが、これには消費税がかかりますので正確な通話料は10.8円/秒です。

これでも十分に安いものの、G-Callは消費税がかからないという特徴(詳細は後述)があるためG-Callと比べると8%割高であると言えます。

国際電話が激安

楽天でんわは国際電話の通話料も国内と同じ10円/30秒という激安価格です。

しかも、非課税です。

G-Callは国によって通話料が異なりしかも楽天でんわよりも高い(詳細は後述)であるため、国際電話をかける機会が多いなら楽天でんわ一択だと言えます。

楽天ポイントが貯まる

楽天のサービスなので通話料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

また、楽天カードで支払いするときは還元率が2倍となり200円につき2ポイントも貯まります。

▼申し込みはこちらをクリック▼

例えばひと月に1時間の通話をしても通話料は1,200円(= 60分 * 20円/1分)なので獲得できるポイント数は楽天カードを用いても極僅かですが、楽天でんわを使い続ける限りは毎月確実にポイントが貯まっていくので楽天市場などをよく利用するユーザーにとっては大きなメリットになると思います。

デビットカードで支払い可能

楽天でんわの料金の支払い方法はクレジットカードに限定されており、基本的にデビットカードは利用不可です。

しかし、

  • 楽天銀行のデビットカード
  • スルガ銀行のデビットカード

のデビットカードに限っては例外的に支払い方法として登録することができます。

格安スマホ・SIMはクレジットカードを所持していなければ契約できないことが多いですが、クレジットカードを持っておらず一部のデビットカード対応の格安スマホ・SIMを契約している場合でも楽天でんわなら問題なく利用することができるのです。

G-Callの特徴

G-Callは楽天でんわほどの知名度はないと思いますが、楽天でんわと同じくらい優秀なサービスです。

▼申し込みはこちらをクリック▼

国内通話料は非課税

G-Callの国内通話料は10円/30秒で、しかも非課税(消費税がかからない)です。

従って、同じく10円/30秒の通話料でありながら8%の消費税がかかる楽天でんわと比べると8%も安価に通話することができるので、安さを追求するならG-Callで決まりです。

ちなみに、非課税となる理由についてですが、G-Callで電話をかけるとき(プリフィックス番号を付与して発信するとき)は国内の電話回線ではなく海外の電話回線を利用しているからだと思われます。

国際通話料はお得感がない

国内通話料は非課税のおかげでお得なG-Callですが、国際通話は全体的に高額です。

具体的には一番安価なアメリカ・ハワイで29円/1分、一番高いフィリピンだと63円/分になります。

国際電話については一律10円/30秒(非課税)の楽天でんわの圧勝です。

ちなみに、G-Callの国際通話料金は6秒計算されるので1分未満の端数が出た場合はより実際の通話時間に近い形で料金計算が行われるという特徴があります。

5分かけ放題オプションに加入できる

G-Callには通話料半額に加えて、「5分以内の通話なら何度かけても通話料が無料」になる5分かけ放題オプションがあります。

あくまでも有料オプションなので800円/月のオプション料金がかかってしまいますが、契約中の格安スマホ・SIMにかけ放題オプションが用意されておらず、かつ短めの電話をかける機会が多いという場合には役に立つと思います。

楽天でんわにも5分かけ放題オプション自体はあるものの、楽天モバイルユーザーのみが加入できるオプションとなっています。

支払いはクレジットカードのみ対応

一般的な格安スマホ・SIMと同様に、支払い方法はクレジットカードのみです。

デビットカードやプリペイドカードは対応しておらず、支払い方法として登録することはできません。

従って、何らかの理由によりクレジットカードを持てない・持ってない人はG-Callの利用を諦めざるを得ません。

ただ、クレジットカードの中でも楽天カードは審査が緩く発行しやすいと言われていますので、一度ダメもとで申し込みをしてみるのも良いのではないでしょうか。

▼申し込みはこちらをクリック▼

マイG-Call登録で100円分の無料通話

G-Callの登録情報の確認や変更・通話料の明細などを確認できるマイG-Callに登録(無料)すると100円分(= 5分)の無料通話ができるポイントをゲットできます。

G-Callを利用するにあたってはマイG-Callは必ず使うことになりますので、実質的にはG-Callの利用を開始した時点で100円分の無料通話ができるようになる、ということを意味しています。

たった100円分(= 5分)と思うかもしれませんが、G-Callを無料でお試し利用できると考えれば結構便利な仕組みだと思います。

また、後述の紹介制度と組み合わせればG-Callの利用開始直後から350円分(= 17分30秒)の無料通話が手に入るので、この無料通話を使い切るまでの間に専用の電話アプリの使いやすさや電話回線の品質(聞こえやすさや遅延の有無など)を評価すると良いのではないでしょうか。

紹介制度で250円分の無料通話

G-Callには紹介制度があり、無料会員登録をするときに紹介コードを入力することで250円分(= 12分30秒)の無料通話ができるポイントをゲットすることができます。

G-Call顧客番号の入力欄

G-Callの申し込みページの紹介コードの入力欄。
ここに紹介コード「1264941」を入力すると無料通話ができるポイントを獲得できます。

また、自分が会員登録するときに紹介を受けるだけではなく、自分が誰かを紹介してもその都度250円分の無料通話ができるポイントを貰えます。

従って、家族・親戚・友人・恋人・etcの中に通話料の高さに悩んでいる人達がいるなら、G-Callを使うように勧誘することでどんどん無料通話を増やすことができます。

G-Callは怪しい?

楽天でんわは「楽天」という名前を冠しているのでプロ野球球団の東北楽天ゴールデンイーグルスや楽天市場を知っている人にとっては大きな安心感があります。

一方でG-Callは株式会社ジーエーピーという聞きなれない会社が運営しているため、楽天でんわ比べるとネームバリューは圧倒的に劣っていると言わざるを得ません。

また、失礼ながら公式サイトのデザインがかなり古臭いですし、何故か公式サイト上の文章は外国語を日本語に翻訳したような感じなので何となく違和感を覚えてしまいます。(なお、株式会社ジーエーピは国内企業です。念のため。)

そういう意味では、パッと見の印象としては若干の怪しさを感じずにはいられないと思います。

楽天でんわとG-Callの比較

以上を踏まえた上で楽天でんわとG-Callの特徴を比較すると、以下の通りです。

楽天でんわとG-Callの比較
サービス名 楽天でんわ G-Call
提供会社 楽天株式会社 株式会社ジーエーピー
月額基本料金 無料(通話が0分なら請求金額も0円)
国内通話料 10円/30秒 10円/30秒
(非課税)
国際通話料 10円/30秒
(非課税)
国により異なる
(29円/分~63円/分)
IP電話との
通話料の比較
IP電話の方が圧倒的に安い
かけ放題オプション なし
(ただし、楽天モバイルユーザーのみ月額850円で
5分かけ放題オプションに加入できる)
5分かけ放題(月額800円)
相手への通知 携帯電話番号(090や080)で通知
緊急通報
(110・119・118など)
できない
(プリフィックス番号を付与せず発信すれば可能)
支払い方法 クレジットカード
デビットカード(楽天銀行・スルガ銀行)
クレジットカードのみ
その他 通話料100円毎に1ptの楽天ポイントが貯まる
(楽天カードで支払うときは2pt/100円)
紹介制度等で無料通話を獲得できる
(紹介コード「1264941」)

これらの特徴の違いにより、楽天でんわとG-Callの使い分け方は以下のようになるのではないでしょうか。

どちらか一方が優れているというわけではなく、生活スタイルや使い方によって適しているサービスが異なるという認識で選ぶと良いと思います。

楽天でんわがオススメなユーザー

  • 「大手企業のサービスである」という安心感が欲しい人
  • 国際でんわをかける機会が多い人
  • 5分かけ放題が不要な人
  • デビットカードで支払いをしたい人
  • 楽天スーパーポイントを貯めたい人
▼申し込みはこちらをクリック▼

G-Callがオススメなユーザー

  • 国内通話料をとにかく安く抑えたい人
  • 国際電話をかけない人
  • 5分かけ放題オプションを使いたい人
  • 無料通話が欲しい人
▼申し込みはこちらをクリック▼

お得な申し込み方法

楽天でんわ・G-Callともに直接公式サイトを訪問して利用登録(無料)を済ませれば、すぐに使うことができます。

しかし、ちょっと待って下さい。

以下のようにポイントサイトを活用することでポイント還元を受けることができるからです。

楽天でんわでポイント還元

楽天でんわへ申し込むときにはハピタスというポイントサイトを活用します。

▼ここから無料登録で30ポイント(30円)!▼

ハピタスの効率的の稼ぎ方はこちら

上記バナーからハピタスに無料会員登録した後、

  1. ハピタスのトップページを開く
  2. 検索フォームから「楽天でんわ」で検索する(「楽天電話」ではないので注意!)
  3. 「ポイントを貯める」をクリックする
  4. 楽天でんわへの申し込みをする

という手順を踏むだけで換金可能な100円分のポイントを貰うことができます。

ハピタスの楽天でんわの広告

ハピタス経由の申し込みで100円分のポイント還元

また、ハピタスでは2017年8月31までの期間限定で1,000円分のポイントを貰えるキャンペーンが実施中です。

【8/31まで】ハピタス新規登録&ポイントチャージで最大1,000円が貰えるキャンペーン実施中!
ハピタス新規登録で最大1,000円! ポイントサイトのハピタスに新規会員登録した上で後述の条件を満たすと最大1,000円分のポイントをもら...

つまり、ハピタス経由で楽天でんわに申し込みをすると計1,100円分もお得ということですので、是非ハピタスを利用してみて下さい。

G-Callでポイント還元

G-Callへ申し込みをするときにはポイントタウンというポイントサイトを活用します。

▼ここから無料登録できます▼

ポイントタウンの効率的の稼ぎ方はこちら

上記バナーからポイントタウンに無料会員登録した後、

  1. ポイントタウンのトップページを開く
  2. 検索フォームから「G-Call」で検索する
  3. 「詳細を見る」をクリックする
  4. 「ポイントを貯める」をクリックする
  5. G-Callへの申し込みをする

という手順を踏むだけで換金可能な115円分のポイントを貰うことができます。

ポイントタウンのG-Callの広告

ポイントタウン経由の申し込みで115円分のポイント還元(「20pt = 1円分」なので「2,300pt = 115円分」)
なお、上記は何故か「G-Call050プロモーション」と記載されていますが、C-CallはIP電話ではありません。

また、ポイントタウンはG-Callへの申し込み以外にもポイントを稼ぐ方法が沢山あります。

ポイントタウンで即日ポイント交換・換金可能なオススメの稼ぎ方
ポイントサイトのは、 最低交換額が2,000pt(100円)から(他サイトと比べてかなりハードルが低い) 利用できる広告数が...

上記記事で紹介しているような方法を使えばすぐに沢山のポイントを稼いでポイントを換金することができるので是非活用してみて下さい。

まとめ

格安スマホ・SIMは月額料金の安さは魅力的ですが、その半面通話料は高い(20円/30秒)というデメリットが痛いです。

最近は独自に通話料半額アプリやかけ放題オプション・無料通話オプションを用意する格安スマホ・SIMも増えてきたものの、一部の業者ではまだまだ通話料は高いままです。

楽天でんわとG-Callは誰でも簡単に通話料を半額(10円/30秒)にできるという特徴から格安スマホ・SIMとの相性が抜群ですので、もし通話料の高さに悩んでいたり少しでも通話料を安くしたいと考えているなら迷わずどちらかを導入すべきです。

月額基本料金が無料で通話料は使った分だけ(= 使わなければ請求金額は0円)であり、仮にどちらか一方を登録してみて使いにくいようであればそのまま放置してもう一方を試してみれば良いだけという手軽さも魅力的です。

まずは先述の各サービスの特徴の比較を参考にとりあえずどちらかを利用してみて欲しいと思います。

その際はポイント還元を受けるためにハピタスまたはポイントタウンを有効活用しましょう。


☆ポイントサイト間の広告比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を作りました♪


「調べ得(しらべとく)」を早速使ってみる!(クリックで開きます)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です