BIGLOBE SIM口コミ評判評価!キャンペーンでキャッシュバック二重取りの方法


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

BIGLOBE SIMの基本情報

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の基本情報
※お得なキャッシュバックキャンペーンの情報はこちら!(クリックで移動します)
格安SIMの名前 BIGLOBE SIM
運営会社 ビッグローブ株式会社(KDDI株式会社の100%子会社)
回線 ドコモ回線
データ容量プラン 1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GB
月額料金 データSIM : 900円/月~
SMS付きSIM : 1,020円/月~
音声通話SIM : 1,400円/月~
最低利用期間 サービス開始日を含む月の翌月から1年間
(通話SIMのみ、データSIM・SMS付きSIMは最低利用期間ないs)
違約金 最低利用期間未満の解約で8,000円(音声通話サービス契約解除料)
通話料金 20円/30秒(通常時)
10円/30秒(「BIGLOBEでんわ」使用時)
通話定額
オプション
・3分かけ放題(650円/月)
1回3分以内の通話は何回かけても無料

・60分無料(650円/月)
ひと月の通話時間の合計が60分を超えるまでは無料

通信速度 高速通信時 : 下り最大375Mbps・上り最大50Mbps
低速通信時 : 200kbps
通信仕様 ・高速通信と低速通信の切り替え不可
・3日間制限なし(高速時・低速時ともに)
・余ったデータ容量の繰り越し可能
・データ容量の追加可能(300円/100MB)
家族での利用 可能
(「シェアSIM」または「家族会員」)
SIMカードの追加 最大4枚まで追加可能(最初の1枚と合わせて計5枚まで)
支払い方法 クレジットカード
(データSIMのみ口座振替も可能)

料金プラン

BIGLOBE SIMの料金プランは以下の通りです。

BIGLOBE SIMの月額料金(2017年8月現在)

2017年8月現在

高速通信データ容量のバリエーションが1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBと小容量プランから大容量プランまで漏れなく用意されているので、ほとんどデータ通信をしない人から動画や写真の閲覧・投稿やゲームなどのために大容量が必要な人まで幅広く利用することができます。

SIMの種類はデータ通信のみ・データ通信SMS付き・音声通話(データ+SMS+音声通話)の3種類があり、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からMNP転入する人は音声通話を選べばデータ通信も電話も今までと同じように利用可能です。

各プランの料金は他社の格安SIMと比べて特別安くも高くもなく至って普通です。

ただ、6ギガプランと上位プランについては街中のWi-Fiスポット(BIGLOBE Wi-Fi)を無料で利用できることから、実質的に契約中のプラン以上の高速データ通信をできるでき、その点も考慮するとBIGLOBE SIMのコストパフォーマンスは高いと言えます。

プラン内容

各プランの詳細な内容は以下の通りです。

BIGLOBE SIMの各プランの仕様

2017年8月現在

特徴は

  • 3ギガプラン以上のプランはシェアSIMを最大4枚まで追加できる
  • 6ギガプラン以上のプランはBIGLOBE Wi-Fiが無料

の2点だと思います。

シェアSIMは使わない人もいるかもしれませんが、家族で利用すればスマホ代を大幅に安くすることができますし、BIGLOBE Wi-Fiは高速通信データ容量の節約に大いに役立ちます。

なお、支払い方法は「クレジットカードまたは口座振替」と記載されていますが、口座振替に対応しているのはデータSIMのみであり、音声通話SIMをクレジットカード以外の支払い方法で契約することはできません。

お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

当記事の述べている通り(主に後述)BIGLOBE SIMは使いやすい格安SIMの一つですが、申し込み時にモッピーまたはハピタスのどちらかのポイントサイトを経由して契約することで数万円単位のキャッシュバックを受けることができます。

また、BIGLOBE SIMのキャッシュバックとも重複するためキャッシュバックの二重取りが可能です。

以下で各キャンペーンの内容について解説していきます。

※なお、厳密には現金ではなく各ポイントサイトのポイントとして付与されますが、ポイントは換金可能であり実質的には現金とみなせるためここではキャッシュバックと表現し、以降でも「○○ポイント」ではなく「○○円」として表記します。

モッピーのキャッシュバックの内容

モッピーの特典は

  • 契約時に5,000円(データSIM) or 8,000円(音声通話SIM)
  • 端末セットは別途10,000円(SIMカードの種類は問わない)
  • 更に、モッピーのアカウントに毎月最大500円 × 36ヶ月(最大で計18,000円)

を合わせて最大で計36,000円のキャッシュバックを受けることができます。

モッピーのBIGLOBE SIMのキャッシュバックキャンペーン

2017年8月現在

具体的なキャッシュバック金額は契約するSIMカードの種類・プラン・端末セットの有無などによって以下のように変わります。

以下はSIMカードのみを購入するときの内容です。

モッピーのBIGLOBE SIMのキャッシュバックキャンペーンの内容(SIMカードのみ)

SIMカードのみを契約するとき
(2017年8月現在)

以下はSIMカードと端末をセット購入するときの内容です。

モッピーのBIGLOBE SIMのキャッシュバックキャンペーンの内容(端末セットのとき)

端末セットを契約するとき
(2017年8月現在)

どちらの場合もデータ通信SIMよりも音声通話SIMの方が、同じSIMカードなら上位プランの方がキャッシュバック金額が高額になっていることが分かると思います。

また、SIMカード単体・端末セット購入のいずれの場合においてもモッピーのキャッシュバックとは別にBIGLOBE独自のキャッシュバック特典(5,000~20,000円)もあるので、それらを合わせると最大で50,000円超もお得です。

ただ、ネックとなるのは契約後に毎月モッピーのポイントとして付与される分だと思います(上記の表中の「毎月の獲得ポイント」)。

モッピーのアカウントに加算されたポイントは300円分から換金できるので金銭的な面では全く問題ありませんが、毎月少しずつ付与されるため36ヶ月経過しないと全額が手に入らないからです。

申し込み方法

モッピー経由でBIGLOBE SIMに申し込むためには、

  1. モッピーへ会員登録する(登録・利用ともに無料)
  2. トップページを開いて「BIGLOBE SIM」で検索する
  3. 検索結果から「詳細へGO!」をクリックする
  4. 希望の内容でBIGLOBE SIMの申し込みを行う

という手順を踏むだけでOKです。

▼ここから無料登録できます▼

モッピーの効率的な稼ぎ方はこちら

ハピタスのキャッシュバック内容

ハピタスの特典は、

  • 契約時に必ず4,000円(SIMカードの種類・プラン内容・端末の有無は問わない)
  • 音声通話SIMの端末セットは別途10,000円
  • 音声通話SIMは別途最大6,000円(端末の有無は問わない・端末セットは上記と重複可)
  • ハピタス経由でショッピングするときのポイント還元が最大で60%増量(2年間)

を合わせて最大で計2万円のキャッシュバックを受けることができます。

2017年8月現在
※上記の一番上の「キャッシュバック」はBIGLOBEの特典で、ハピタスのキャッシュバック(ポイント還元)とは異なります。

また、上記の図にもあるようにハピタスのキャッシュバックに加えてBIGLOBEのキャッシュバック(一番上の水色の部分)も上乗せされるので、それも加えると更にキャッシュバック金額は大きくなり最大で4万円となります。

具体的なキャッシュバック金額は契約するSIMカードの種類・プラン・端末セットの有無などによって以下のように変わります。

ハピタスのBIGLOBE SIMのキャッシュバックキャンペーンの内容

2017年8月現在

モッピーのキャンペーンと同様、音声通話SIM・上位プラン・端末ありの方が内容が豪華になっています。

ただ、ハピタスでネックになるのは上記の図の「特典2 ポイントアップ率」の部分だと思います。

これは「ハピタス経由で通販サイトで買い物をしたとき等に還元されるポイントが増える」という内容で、例えば楽天市場で買い物をすると通常は1%還元のところ1.1~1.6%還元になるという感じです。

ハピタスの楽天市場のポイント還元率

通常は1%のところBIGLOBE SIMと契約すると10~60%アップとなるので、1.1~1.6%のポイント還元率となります。

ハピタスは楽天市場を始めとする様々な通販サイトに対応しているため、ネット通販を利用する機会が多い人には嬉しい特典なのですが、逆にネット通販をほとんど(または一切)しないという人には還元率アップの特典は無用の長物だからです。

▼ここから無料登録で30ポイント(30円)!▼

ハピタスの効率的の稼ぎ方はこちら

申し込み方法

ハピタス経由でBIGLOBE SIMに申し込むためには、

  1. ここをクリックしてハピタスのサイトを開く
  2. 最下部の「新規会員登録は(無料)はこちら」をクリックしてハピタスに会員登録する(登録・利用ともに無料)
  3. 登録後、キャンペーンページに移動するのでBIGLOBE SIMへ申し込みをする

というステップでOKです。

★ハピタスからBIGLOBE SIMへ申し込む人はこちらをクリック

モッピーとハピタス、どちらから申し込むのが良い?

先述の通り、モッピーとハピタスのどちらからBIGLOBE SIMの申し込みをしてもかなりお得であるものの、

  • モッピー : 一部のポイントが36ヶ月に分割して毎月加算される(一括では貰えない)
  • ハピタス : 通販等を利用する際のポイント還元率アップ(通販を利用しない人にとっては完全に無意味)

という点が微妙であるため、どちらから申し込みをすれば良いのか悩ましい問題です。

一概にどちらが良いとは言えないのですが、

  • モッピー : とにかく現金が欲しい人(モッピーのポイントは換金可能)、通販はしない人
  • ハピタス : お得に通販したい人

という感じの住み分けになるかと思います。

いずれにしても、普通にBIGLOBE SIMの公式サイトを訪問して契約してもBIGLOBE SIMのキャッシュバックしか受け取れないところ、モッピーまたはハピタスを利用すると別途キャッシュバックを受けることができるので、必ずどちらかのポイントサイトを利用した方が良いです。

各ポイントサイトのキャンペーンの内容は以下のリンクから確認することができますので、よく吟味した上で自分に合う方を選んでみて下さい。

★モッピーからBIGLOBE SIMへ申し込む人はこちらをクリック
★ハピタスからBIGLOBE SIMへ申し込む人はこちらをクリック

BIGLOBE SIMの特徴

以降ではBIGLOBE SIMの特徴についてメリットだけでなくデメリットも含めて触れて行きたいと思います。

iPhoneを使える

BIGLOBE SIMはiPhoneを使うことができます。

アップルストアで購入できるSIMフリーのiPhoneはもちろん、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で利用中のiPhoneをBIGLOBE SIMに持ち込んで使うことも可能です。

大手キャリアについては各社ごとにSIMロックの要・不要が以下の通り異なります。

  • ドコモのiPhone : SIMロック解除は不要
  • auのiPhone : SIMロック解除が必要
  • ソフトバンクのiPhone : SIMロック解除が必要

ドコモだけSIMロック解除が不要なのはBIGLOBE SIMがドコモ回線の格安SIM(= ドコモから回線を借りている)だからです。

SIMロック解除不要ということで、BIGLOBE SIMのSIMカードが届いたらそれをiPhoneに挿して初期設定をするだけですぐに通話・通信をできるようになります。

auとソフトバンクはSIMロック解除さえしてしまえば、ドコモのiPhoneと同様の手順ですぐに使えます。

ただ、SIMロック解除するときは実店舗で手続きをすると3,000円の手数料がかかりますので、手数料無料のオンラインから手続きすることをオススメします。

通話料が安い

BIGLOBE SIMに限らず一般的に格安SIMの通話料は20円/30秒であり無料通話等も付いていない(オプション加入時を除く)ため、通話時間が長い人は通話料がどうしても高くなってしまうという欠点があります。

しかし、BIGLOBE SIMには「BIGLOBEでんわ」という専用アプリがあり、BIGLOBEでんわを使って発信するといつでも通話料半額(10円/30秒)で通話することができます。

BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわ
開発元:BIGLOBE Inc.
無料
posted with アプリーチ

しかも嬉しいことに通話料以外の費用は一切かからず(月額料金なども不要)、通話料は純粋に通話時間に比例します(極端な話、通話時間が0分の月があれば通話料も0円)。

従って、BIGLOBE SIMを契約した後はすぐにBIGLOBEでんわを導入するのが通話料を安く保つコツだと言えます。

無料通話オプションが激安(通話パック60)

また、BIGLOBE SIMでは月額650円を支払いことで、ひと月の通話時間が60分以内なら通話料がかからない「BIGLOBEでんわ 通話パック60」という無料通話オプションに加入することができます。

60分は1,200円分の通話時間に相当します(10円/30秒で計算)が、これをたったの650円で使えるのは激安という他ありません。

他社の格安SIMでも無料通話オプションを提供しているところは少なくないものの、大抵は安くても800円超といったところですので、BIGLOBE SIMの無料通話は群を抜いてお得なのです。

通話する機会が多い人はBIGLOBEでんわを利用するとともに通話パック60にも加入しておくのが良いと思います。

なお、ひと月の通話時間が60分を超えた後の通話料は10円/30秒です。

3分かけ放題オプション

通話パック60(無料通話)の他、1回3分以内の電話なら何度かけても通話料がかからない「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」というかけ放題オプション(月額650円)もあります。

通話パック60と比べてどちらが良いとは一概には言えないないのですが、短い電話をかける機会が多いのであれば3分かけ放題の方がお得になる可能性が高いので、自身の電話の使い方を踏まえてどちらのオプションに加入するのかを検討してみるのが良いと思います。

1回の通話時間が3分を超えた後の通話料は通話パック60と同様10円/30秒です。

Wi-Fiスポット無料

高速通信データ容量が6GB以上のプランは街中に多数設置されている「BIGLOBE Wi-Fi」を無料で利用することができます。

BIGLOBE Wi-Fiはセブンイレブン・ローソン・スターバックス・タリーズ・ロッテリアといった大手チェーン店などを中心に空港・鉄道・商業施設・スーパーマーケット・デパート・ホテルなど対応エリアは非常に広範囲です。

少なくとも街中を歩く限りはWi-Fiの対応エリアに引っかからないように歩くのが難しいくらいだと思います。

従って、BIGLOBE Wi-Fiを無料で使える6ギガ以上のプランを契約中はWi-Fiを活用することで契約している高速通信データ容量以上の通信が可能になるというメリットがあります。

通信仕様・通信速度について

BIGLOBE SIMの通信仕様や通信速度の規制等については以下の通りです。

  1. 3日間制限がない(高速通信中・低速通信中を問わず)
  2. 余ったデータ容量を翌月に繰り越しできる(契約中のデータ容量と同容量まで)
  3. 低速通信が200kbpsなので大手キャリアより約1.5倍も速い
  4. 高速通信と低速通信を切り替えられない
  5. データ容量の追加は300MB/100円と高額

1.~3.についてはメリットが大きいため使いやすい仕様だと言えます。

一方で、高速通信と低速通信の切り替えができず何らかの通信を行なう限りは常に高速通信データ容量を消費し続けてしまうという欠点があります。

低速通信状態(200kbps)でも余裕で使えるLINEのメッセージのやりとりやradikoの再生中であってもです。

そのため、意図的に高速通信データ容量の節約をしなければ毎月月末を迎える前に上限に達してしまう可能性があり、危険です。

ただ、3GBまでのプランを契約するなら努力して節約するしかありませんが、先述の通り6GB以上のプランを契約中は街中の至るところに設置されているBIGLOBE Wi-Fiを無料で使えますので有効活用するのが良いと思います。

データ容量の追加は単価が高過ぎるため、緊急時以外はWi-Fiを活用したり我慢したりすることをオススメします。

家族で使いやすい

BIGLOBE SIMでは「シェアSIM」方式もしくは「家族会員」方式の2つの方法にて家族で利用することができ、

  • 名義を一つに統一する必要がない(家族全員が別名義でもOK)
  • 追加SIMへMNP転入できる・追加SIMからMNP転出できる

といった特徴が共通しています。

これらは「ファミリープラン」などを謳っている他社の格安SIMにはない特徴であり、これによりBIGLOBE SIMが家族で使いやすいものになっています。

どちらかの方式が一方的に優れているということはなくどちらも一長一短ですので家族の人数・年齢などに合わせて適している方を選ぶのが良いです。

「シェアSIM」方式

家族の代表者1人がBIGLOBE SIMを契約した後、そのSIMカードを「主SIM」として追加で「シェアSIM」を発行し、家族は追加のシェアSIMを利用するという方法です(シェアSIMは4枚まで発行可能)。

1人だけが契約すれば良いので契約手続きが簡単ですし、追加SIMの発行は家族が個別にBIGLOBE SIMを契約するよりも費用が安価となります。

また、シェアSIMは6歳以上なら利用できるので子供にスマホを持たせる際にも役立ちます。

一方で、主SIMの高速通信データ容量のを家族全員でシェアするという仕組みなので

  • 家族が増えると1人あたりのデータ容量が減ってしまう
  • 家族のうち1人が使い過ぎると他の全員に影響がある

といったデメリットもあります。

なお、家族が使うSIMカードがあくまでも「追加SIM」ということもあり、主SIMを解約するときは全ての追加SIMも解約されてしまいます(追加SIMをBIGLOBE SIMの通常の契約へ移行することも不可能)。

「家族会員」方式

家族全員が個別にBIGLOBE SIMを契約(= BIGLOBEのIDを取得)し、家族の代表者のIDに残り全員のIDを「家族会員」として紐付けする方法です。

先述のシェアSIM方式と異なり個別契約なので家族全員が好きなプランを選択できますし、それぞでの高速通信データ容量も独立している(誰かが使い過ぎても他の家族には全く影響がない)といったメリットがあります。

しかも、家族会員(= 代表者以外の全員)は毎月200円の割引を受けられるという特典も嬉しいです。

一方で、

  • 家族全員が契約しなければならないので手続きが煩雑
  • 未成年者はBIGLOBE SIMを契約できない(シェアSIMは6歳以上ならOK)
  • 家族会員は代表者1名につき4人まで(= 5人家族まで)
  • 料金は代表者が家族会員の分もまとめて支払う必要がある(個別支払い不可)

といったデメリットもあります。

違約金は良心的

通話SIMは利用開始から1年間の最低利用期間が設定されており短期間で解約やMNPをするときは違約金(音声通話サービス契約解除料)が発生します。

一般的な格安SIMの違約金の相場は約10,000円前後といったところですが、BIGLOBE SIMの場合は8,000円と少し安めの金額設定です。

最低利用期間中の解約時に違約金が発生するペナルティ自体は喜ばしいことではないものの、若干安価で良心的なので万が一の際には金銭的なダメージが浅くて済みます。

クレジットカード払いのみ

通話SIMを契約するときはクレジットカード以外の支払い方法を選択することができません。

従って、クレジットカードを持つことが難しい人(主婦や学生などの安定収入がない人)やクレジットカードを持てない人(自己破産者やブラックリストに載っている人など)は絶対に契約することができません。

これは利用者からの利用料の回収方法を一本化することでコストを削減して安価な料金設定を実現している格安SIMならではの特徴です。

もし、現在クレジットカードを持っていないなら審査に通りやすい(と言われている)楽天カードの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

▼申し込みはこちらをクリック▼

審査に通過できる保証はありませんが、ダメ元でチャレンジしてみる価値はあると思います。

ただ、審査に通過したいがために虚偽の内容(無職なのに正社員と偽る等)で申し込みをするのは絶対にやめましょう。

ちなみに、クレジットカード払いオンリーなのは通話SIMだけであり、データSIMに限ってはクレジットカード払いの他に口座振替を選択することもできます(通話SIMは不可)。

まとめ

BIGLOBE SIMはインターネットサービスプロバイダとして有名な老舗企業のビッグローブ株式会社が運営している格安SIMということもあり、知名度だけでなくそのサービス内容も非常に優れています。

もちろん欠点がないわけではありませんが、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べて月額料金が格安(場合によるが高くても半額以下)であることを考慮すれば余裕で合格点だと思います。

また、当記事でも触れている通り、BIGLOBE SIMを申し込むときはモッピーまたはハピタスから申し込みをすることで、

  • モッピーまたはハピタスのキャッシュバック特典
  • BIGLOBE SIMのキャッシュバック特典

を二重取りできるので、普通に申し込みをするよりも遥かにお得です。

モッピーとハピタスのキャッシュバック内容はそれぞれ異なりますので、当記事をや各サイトの情報を参考にどちらから申し込みをするのか是非検討してみて下さい。

★モッピーからBIGLOBE SIMへ申し込む人はこちらをクリック
★ハピタスからBIGLOBE SIMへ申し込む人はこちらをクリック


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です