レンタルサーバーの特徴・主な機能

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

レンタルサーバーは、運営会社や申込をするプランにもよりますが様々な機能を利用することができます。ここでは、レンタルサーバーが提供している主な機能について解説します。

独自ドメイン

レンタルサーバーを利用してホームページやブログを公開するにあたって独自ドメイン(example.comなど)を設置することができます。独自ドメインはホームページやブログの名前であるので、内容にあったドメインにすることでユーザーに覚えてもらいやすくなるなどのメリットがあります。

設定できる独自ドメインの数が無制限であるマルチドメインが主流ですが、プランなどによっては同時に設定できるドメインの数が制限されている場合もあります。

また、ドメインの前に任意の文字列をくっつけて新たなドメインとする(example.comを所持しているときに、abc.example.comも自分のドメインとなる)ことができるサブドメイン機能も、通常はどのレンタルサーバーでも利用できます。

CGI

サーバー上でプログラムを動作させるCGI(Common Gateway Interface : コモン・ゲートウェイ・インターフェース)という仕組みを利用することができます。CGIを利用すれば掲示板・アクセスカウンタ・チャットなどのプログラム(主にPerlというプログラミング言語で作る)を利用することができます。

自分でプログラムを作ることはあまりないかもしれませんが、無料で公開されているプログラムなら簡単に設置できます。

PHP・Perl

PHP(ピーエイチピー)やPerl(パール)といったプログラミング言語をサーバー上で実行することができます。

これらのプログラミング言語を使用すれば、データベースと連携して動的に情報を表示するホームページやブログを作ったり、スマホアプリからサーバーに設置したプログラムを通してデータベース上のデータを取得したりできるようになるため、作成するコンテンツの幅が大きく広がります。

MySQL

MySQL(マイエスキューエル)というデーターベースを利用することができます。前述のPHP・Perlというプログラミング言語と合わせて利用するとアイディア次第で様々はサービスが提供できます。

また、後述のWordPressをサーバー上に設置するためにはMySQLが絶対に必要となります。

共有SSL

サーバーとユーザー間の通信を暗号化することができるSSL(Secure Socket Layer : セキュア・ソケット・レイヤー)を利用することができます。外部に漏れてはならない個人情報を扱う際などに活用すればユーザーからの信頼されるサイト作りに役立ちます。

「共有SSL」はレンタルサーバーが取得した(特定のドメインに紐付ける)「SSLサーバー証明書」を用いなければならないためレンタルサーバー指定のドメイン上でなければ利用できず、急にサイトのURLが変わることでユーザーに不信感(「フィッシング詐欺のサイトに移動したのかもしれない」という疑問)を与える可能性があります。

独自SSL

共有SSLと同様、サーバー~ユーザー間の通信を暗号化することで安心・安全なサイトを提供できます。

共有SSLと異なり自分で「SSLサーバー証明書」を取得して任意のドメインに紐付けることができるため、SSLを利用して通信するときでもサイトのURLが変わりません。

WordPress

WordPrss(ワードプレス)はphpとMySQLを用いて動作するオープンソースの無料で利用できるブログソフトウェアで、So-netブログなどの無料ブログサービスを利用するような感覚で。

副業におけるWordPressの目的は専らサイトアフィリエイトです。簡単に見栄えの良いサイトを作成することができるテンプレートやカスタマイズの方法を公開している情報サイトが多いため、初心者でも比較的容易に利用することができます。

大抵のレンタルサーバーではWordPressの自動インストール機能があるため、サーバー上にWordPressのファイルをアップロードした後は案内に従って必要事項を入力するだけでWordPressを設置できます。

ちなみに、このサイトはWordPressで制作しています。

Movable Type

Movable Type(ムーバブルタイプ)はPerlとMySQLと用いて動作するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、シックス・アパート株式会社が開発しています。主にブログの制作に用いられます。

基本的に有料ですが、個人利用でブログを構築する場合(ホームページは不可)に限り無料で利用できます。アフィリエイトを行うことも問題ありません。

WordPresssと同様、自動インストール機能を備えているレンタルサーバーが多いため簡単に設置できますが、WordPressと比較して情報量が少ないため使うならWordPressをお勧めします。

cron

cron(クロンもしくはクローン)サーバー上に設置したプログラムを指定した時間に自動で実行してくれる機能です。この機能で直接アフィリエイトなどができるわけではありませんが、サーバー上の特定のファイルを毎日決まった時間にバックアップしたいときなどに活用できます。

毎日手動でバックアップを取るのは面倒でそのうちやらなくなってしまったり、忘れてしまったりしまうので、そういった作業はcronを利用して自動化してしまいましょう。

メール

取得した独自ドメインを用いてメールアドレス(mail@example.comなど)を作ることができます。

また、メールクライアントを使用せずにWebメールとして利用できたり、指定したメールアドレスへの転送、メールをダウンロードせずにサーバー上で管理することができるIMAP(アイマップ)なども利用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です