レンタルサーバーの特徴・耐障害性・セキュリティ

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

レンタルサーバーは多くの利用者がおり、サーバーには更に多くのユーザーがアクセスしてきますので、仮に何らかの理由で停止してしまったら甚大な被害となってしまいます。

そのため、レンタルサーバーには停止という最悪の事態を避けるための仕組みやセキュリティを高めるための仕組みがあります。

耐障害性の強化

RAID(レイド)構成

サーバー内では基本的にHDD(ハードディスク)にデータが保存されていますが、複数のHDDを使用してデータの多重化・誤り訂正・高速化を実現するRAID(レイド)という技術が使われています。

複数のHDDが同時に故障する可能性は極めて低いため、多少の障害ではサーバーが停止することはありません。

自動バックアップ

サーバーに置いてあるデータを過去一定期間に渡ってバックアップを保存してくれるサービスです。万が一サーバー上のデータを消去してしまっても復旧できるのでありがたいサービスです。

セキュリティの強化

アンチウィルス

ウィルスメールを自動で駆除してくれる機能です。不用意に実行すると危険なウィルスが多いため、メール利用時には欠かせない機能です。

スパムフィルター

スパムメールを排除してくれる機能です。スパムメールが多いと大事なメールを見逃してしまったり、スパムメールを削除しようとして誤って必要なメールを削除してしまうこともあるため、アンチウィルスと合わせて必須の機能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です