bitFlyer(ビットフライヤー)へペイジー(Pay-easy)でクイック入金しようとすると「照会依頼キーが取れませんでした。」と表示されてしまう理由

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
【2018/04/20まで】ハピタス新規登録&ポイント交換で1,000円を貰える!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)はペイジー(Pay-easy)を用いたクイック入金に対応しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)はペイジー(Pay-easy)でクイック入金できる

しかし、いざクイック入金をしようとすると手続きの途中で「照会依頼キーが取れませんでした。」というメッセージが表示されてしまってお客さま番号・納付番号・確認番号を発行できず、結局ペイジー(Pay-easy)でクイック入金できない場合があります。

結論から言うと、このようなメッセージが表示される理由は当該の金融機関がペイジー(Pay-easy)によるbitFlyer(ビットフライヤー)へのクイック入金に対応していないからです。

以降、詳細に解説していきたいと思います。

▼ここから無料会員登録できます▼

「照会依頼キーが取れませんでした。」とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)でペイジー(Pay-easy)を用いてクイック入金しようとすると表示されるメッセージです。

クイック入金する金額や利用する金融機関を選択して手続きを進めていき、「お支払い内容の確認」ページで「次に進む」をクリックしたときに表示される場合があります。

照会依頼キーが取れませんでした。

本来であればこの次のページでペイジー(Pay-easy)での支払いに必要なお客さま番号・納付番号・確認番号が発行されるものと思われますが、このメッセージが表示される限りは次のページへ進むことができずペイジー(Pay-easy)によるクイック入金もできません。

表示される理由は?

このメッセージが表示される理由は当該の金融機関がペイジー(Pay-easy)を用いたbitFlyer(ビットフライヤー)へのクイック入金に対応していないからです。

例えば、楽天銀行の「Pay-easy(ペイジー):収納機関一覧」のページには以下の取りbitFlyer(ビットフライヤー)への資金移動は取り扱いしていない旨が明記されています。

「SMBCファイナンスサービス」はビットフライヤー側の決済システムの提供元です。
https://www.rakuten-bank.co.jp/useful/pay-easy-list.html

bitFlyer(ビットフライヤー)も楽天銀行もペイジー(Pay-easy)に対応しているはずなのに、何故楽天銀行側でbitFlyer(ビットフライヤー)への資金移動のみ取り扱っていないのかはよく分かりません。

しかし、いずれにしても楽天銀行からペイジー(Pay-easy)でbitFlyer(ビットフライヤー)へ入金することが不可能であることだけは明らかです。

表示される金融機関は?

私は最初に楽天銀行でクイック入金しようとして失敗したためその後に他の金融機関でも試してみましたが、少なくとも私が試した範囲内では

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行

の4行ではペイジー(Pay-easy)を用いたクイック入金ができませんでした。

「照会依頼キーが取れませんでした。」 ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の場合

「照会依頼キーが取れませんでした。」 三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の場合

「照会依頼キーが取れませんでした。」 みずほ銀行

みずほ銀行の場合

楽天銀行以外の3行はそれぞれの公式サイトに掲載されている「Pay-easy(ペイジー)の収納機関の一覧」をみても楽天銀行のように「ビットフライヤーは取り扱いしていない」という旨は特に記載されていません。

しかし、上記の画像の通りいずれの場合も楽天銀行と同様に「照会依頼キーが取れませんでした。」というメッセージが表示されていることから、楽天銀行の場合と同様に金融機関側で資金移動を取り扱っていないものと思われます。

なお、他の金融機関については試していませんが、もし同様のメッセージが表示されるのであれば「ペイジーを用いたビットフライヤーへのクイック入金は不可」と判断して良いと思います。

まとめ

以上が「照会依頼キーが取れませんでした。」と表示される理由です。

最初は何故このようなメッセージが表示されて手続きが進まないのかよく分からなかったので何度も手続きをやり直してみたり、一旦bitFlyer(ビットフライヤー)からログアウトした後、再度ログインして一から手続きをやり直してみたりもしました。

しかし、当記事で述べた通りそもそも金融機関側がペイジー(Pay-easy)を用いたbitFlyer(ビットフライヤー)へのクイック入金に対応していないことが原因であり、私達ユーザー側の努力ではどうしようもないため、当該メッセージが表示されてしまったら素直に諦めましょう。

幸い、bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行・イオン銀行の4行が(ペイジーを用いない)クイック入金に対応していますので、これらを利用すればそれで十分です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金に対応している金融機関

上記画像内にはジャパンネット銀行は掲載されていませんが、住信SBIネット銀行かじぶん銀行をクリックすると次の画面にてジャパンネット銀行も選択できます。

もしくは三井住友銀行か住信SBIネット銀行への銀行振り込みで入金することも可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー) 銀行振り込みによる入金

ということで、ペイジー(Pay-easy)が使えなくとも利便性にはさほど問題ありませんので、ペイジー以外の入金方法を検討しましょう。

▼ここから無料会員登録できます▼

ポイントサイト経由の銀行口座開設で3,000円以上稼げる!

なお、(ペイジーを用いない)クイック入金に対応している住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行の3行の口座を開設するときはポイントサイトを経由するとポイント還元(= キャッシュバック)があり3行の口座を開設するとそれだけで計3,000円以上を稼げます。

bitFlyer(ビットフライヤー)にクイック入金できるネット銀行口座を開設して計3,000円以上を稼ぐ方法
仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は ジャパンネット銀行 じぶん銀行 住信SBIネット銀行 イ...

詳細は上記記事で解説している通りなので、これから口座を作るという方は是非参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です