Adsense(アドセンス)のカスタムチャネルを設定し、PCとスマホの収益を別々に測定する


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

カスタムチャネルとは?

特定の広告をグループ分けし、そのグループごとにパフォーマンス(収益やクリック率など)を測定することができる機能です。

サイト内の広告の位置(サイドバー・記事の上・記事の下など)が違う場合や、同じ位置にアドセンス広告を掲載しても、

  • 広告の種類(イメージ or テキスト)
  • 広告のサイズ
  • 広告の文字

など様々な要素によってパフォーマンスが変化するため、もっとも効率的に稼ぐ方法を模索するために役立ちます。

カスタムチャネルでPCとスマホの収益を分ける

広告は同じ位置にひとつだけ設置してそれで終わりということも多いかもしれませんが、できれば別々の広告を作った上でカスタムチャネルを利用して収益を別々にした方が良いです。

というのも、PCとスマホでは操作方法が全然異なるため、サイトがPCとスマホで同じに表示されたとしても同じ位置でパフォーマンスが大きく変化しますし、レスポンシブルデザインを採用しているのであればサイトのデザインが全くの別物になるため、例え同じ「記事の下」という広告であってもPCとスマホとで同じ位置の広告として扱うには不自然過ぎるからです。

そのため、PCとスマホごとのパフォーマンスを測定するためにカスタムチャネルを利用した方が良いのです。

WordPressにてPCとスマホで別のアドセンス広告を貼る方法

WordPressを利用してアドセンス広告を掲載するときは、テンプレードの該当箇所に以下のように記述すればOKです。

if-else分による分岐を使っており、ifにスマホ用の、elseにPC用のアドセンスのコードを設置すればOKです。。

設置が終わったら試しにPCとスマホの両方からアクセスしてみるとそれぞれ異なるものが表示されるのがわかるはずです。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です