Adsense(アドセンス)を設置するときは「広告」・「スポンサーリンク」を付けてサイトコンテンツと区別する

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

アドセンスを設置する際には、ただ単に設置すれば良いというわけではなく、

  • 広告
  • スポンサーリンク

というどちらかの文言と一緒に設置しなければなりません。

広告の配置に関するポリシーで決まっている

「広告」・「スポンサーリンク」という文言が必要である旨は「広告の配置に関するポリシー」に記載されています。

誤解を招く見出しの下での広告配置
サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google 広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。広告ラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。それ以外のラベルは許可されません。
https://support.google.com/adsense/answer/1346295?hl=ja&vid=1-635763411813924995-3964141479#Placing_ads_under_a_misleading_heading

要するに、サイト内に表示されているものが「『広告』なのか『サイトコンテンツ』なのかをユーザーに分かるようにしろ」ということです。サイトコンテンツだと思って広告をクリックしてしまう人が多くなると広告主とユーザーの不利益となるため、対処が必要なのです。

広告の配置に関するポリシー以外は信用しなくて良い

なお、

  • 「スポンサードリンク」でも良い
  • 広告とコンテンツの距離を十分に取れば広告である旨を明示する文言がなくても問題ない

などのような情報を発信しているサイトもありますが、Googleが公式に認めている方法ではなく危険であるため素直に「広告の配置に関するポリシー」に従って「広告」もしくは「スポンサーリンク」の文言を使用するのが無難です。

個人的には、文言を付け加えた上で<hr>タグで横線を引いて広告とサイトコンテンツを明確に区別する方法がオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です