Adsense(アドセンス)を設置するときにクリックを促す文言を掲載してはいけない


ライフメディアへ登録

アドセンスでは自分で広告をクリックしたり誰かに依頼してクリックしてもらうのは不正クリックとなり禁止ですが、サイトを訪問したユーザーにクリックを促すような文言を掲載することも禁止です。

クリックを促す文言を見てクリックしてくれる人は自分の意思でやるので特に不利益はありませんが、広告主が無駄に広告費を支払うことになるという問題があるからです。

広告のクリックを促す文言の具体例

広告の配置に関するポリシーに記載されているダメな例は以下の通りです。

誤解を招く見出しの下での広告配置

  • 「広告をクリック」
  • 「広告にアクセスして、チャリティ活動に募金」
  • 「スポンサーをチェックして、サイトの運営にご協力を」
  • 「新しいサーバーが必要です。ご協力をお願いします!」

https://support.google.com/adsense/answer/1346295?hl=ja&vid=1-635763411813924995-3964141479#Placing_ads_under_a_misleading_heading

ストレートにクリックすることを要求する文言だけでなく、サイトの運営費を賄いたいからクリックして欲しいというパターンでもダメであることがわかります。とにかくクリックを促す文言は全て禁止なのです。

これらの文言は広告のすぐ近くに配置していなくてもサイトのどこか(例えば、サイト概要のページ)に記載されていればそれだけでアウトですので気を付けましょう。

余談:Twitterの「アドセンスクリックお願いします」

たまにTwitterの表示名を「アドセンスクリックお願いします」としているTwitterユーザーがいますが、これは2chまとめブログに自分のツイートを引用されることを嫌がっているTwitterユーザーが編み出した対抗策です。

ツイートに表示されている「ツイートをサイトに埋め込む」という機能を使ってツイートを引用すると表示名とツイートが表示されるため、アドセンスを設置していることが多い2chまとめブログ(特に大手)は「アドセンスクリックお願いします」という表示名のTwitterユーザーのツイートを引用すると、自動的にアドセンスのクリックを促す文言がサイト上に表示されてしまいって事実上引用ができなくなるというわけです。

アドセンスのポリシーを上手く利用した対策だと関心してしまいます。


☆ポイントサイト間の広告比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を作りました♪


「調べ得(しらべとく)」を早速使ってみる!(クリックで開きます)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です