クリック保証型広告の方法・攻略法

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

クリック保証型広告で稼ぐ

自分で作成したブログやホームページに貼り付けておき、ユーザーにクリックされるだけで報酬が発生するタイプの広告のことです

成果報酬型である通常のアフィリエイトとは異なり広告の商品・サービスが売れなくても成果となるため非常に稼ぎやすい方法です。

代表的なクリック保証型広告

代表的なクリック保証型広告は以下の通りです。

  • AdSense(アドセンス)
  • nend

無料でも実践できる

告を貼るブログやホームページはどちらも無料サービスを利用すれば簡単に作成できるため、無料で取り組むことができます。

初期投資が一切不要であるため実践しやすいのもクリック保証型広告の特徴です。

※無料サービスの種類によっては広告を貼り付けられない場合もあるので、予め可否を確認しておく必要があります。

アクセスさえ集まれば稼げる

成果報酬型のアフィリエイトはどんなに大量のアクセスが集まっても商品が売れなければ報酬が発生しませんが、クリック保証型広告はアクセスさえ集まれば稼ぐことができます。

何故なら興味本位で広告をクリックする人は一定の割合で必ず存在するからです。

どんなジャンルでも実践できる

成果報酬型のアフィリエイトはASPが提供している商品とジャンルのブログやホームページを作成しなければほぼ稼げません(サイトのジャンルと無関係の広告を掲載しても誰も購入しないため)が、クリック保証型広告の場合はサイトのジャンルにあった広告が自動的に配信されるため禁止されているジャンル以外であればどんなジャンルであっても稼ぐことができます。

アクセスを集めるためにはサイトのコンテンツが豊富で有益であることが重要ですが、自分の趣味や特技など得意なジャンルのサイトならジャンルを問わず充実した内容を作りこみ易いので誰でも実践することができます。

高単価のジャンル

どんなジャンルであっても実践できるとは言え、ジャンルによって単価の高い・低いは存在します。

一般的に単価が高いと言われているのは、

  • 金融系・・・保険・クレジットカード・キャッシング・FX
  • 美容系・・・ダイエット・エステ
  • その他・・・転職・不動産・自動車などです

これらの単価が高い理由としては、一度成約すれば継続的に利益が出る、悩みを解消するためにはお金を惜しまない、単純に1件あたりの利益が高い、などのように高いクリック単価を払ってでも成約に繋げたいという広告主の意向があるためです。

低単価のジャンル

一方で単価が低いと言われているのは、

  • 書籍や雑誌
  • CDやDVD
  • ファッション

などです。

単価が低い理由は高単価のジャンルとは逆で、売り切りであり1件あたりの利益も低いため広告主がクリック単価を安く抑える傾向にあるからです。

稼げるサイトの条件

アクセス数の稼げるサイト

まずはとにかくアクセス数が稼げるサイトです。この点については成果報酬型のアフィリエイトと同様にアクセスの絶対数は多ければ多いほうが良いです。

繰り返し訪れたくなるようなコンテンツが充実したサイトであることが重要です。

クリック報酬型の広告の場合、基本的に報酬額はサイトのアクセス数にほぼ比例します。

クリック単価の高いサイト

前述の通りジャンルによって単価の高い・低いがありますが、やはり高単価のジャンルの方が稼ぎ易いのは間違いありません。

ただ、高単価のジャンルほどライバルも多いため自分のサイトを検索エンジン上位に表示するのは難しい傾向にありますので、高単価のジャンルを狙うかどうかはなかなか難しいところです。

クリック率の高いサイト

クリック率とは単位アクセスあたりの広告のクリック回数のことを言いますが、クリック率はアクセス数以上に重要とも言えます。

アクせス数が多くてもクリック率が低ければ全然稼げないからです。

ちょっと極端な例ですが、クリック単価が同じだとして1日のアクセス数が100,000回・クリック率が0.01%のケースと同10,000回・1%のケースを比較すると、前者はクリック数が10回・後者は100回となり、後者の方がアクセス数が少ないにも関わらずクリック数が多く稼げる額も多くなります。

クリック率は広告を貼る位置によって変わるため何度も位置を替えるテストを繰り返して自分のサイトに最適な広告の位置を探る必要があります。

なお、

  • 2chまとめブログ
  • IT系の情報サイト

のようなサイトはクリック率が下がる傾向にあります。

理由は、クリック保証型広告の仕組みを知っている人が訪れる可能性が高く、そういう人達は広告を避けるためです。

成約率が低いと単価が下がる

広告主は広告からお客さんを開拓するために広告費を払っているので、広告をクリックされても商品やサービスの成約がなければ広告費を垂れ流しているのと全く変わりません。

そういった広告主を保護するための仕組みとして、成約率(単位クリックあたりの成約数、コンバージョンとも言う)の低いサイトは徐々にクリック単価が下がっていく傾向にあります。

単価が下がる理由としては、誤クリックを誘発するような位置に広告が掲載されている、ということが挙げられます。

サイトを訪れるユーザーにとっては自分の意思でクリックするつもりがないのに間違ってクリックしてしまった広告は快適なサイト閲覧を邪魔する要素でしかないため、成約に至るどころが開いた広告ページを即閉じてしまうのです。

サイト内のリンク(別ページに移動するためにクリックするテキスト(「次のページ」等)など)と広告がとても近い位置に配置されているとクリック率は高くなりますが、誤クリックも多くなるため絶対に止めるべきです。

各クリック保証型広告の詳細はこちら

主なクリック保証型広告は以下の通りですが、この中ではGoogleのAdSense(アドセンス)が圧倒的にお勧めです。

  • AdSense(アドセンス)
  • nend

2017年12月の新規登録キャンペーン

【2017/12/31まで】
新規登録&ポイント交換で
300円を貰える!

ここから登録した人限定!条件達成で3,000ptのボーナス!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です