Adsense(アドセンス)広告を404ページだけ非表示にする方法

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

アドセンスをページのスクロールに追尾させたりポップアップ表示させたりするのは禁止であるのは広告の配置に関するポリシーを見れば明らかなのですが、リンク切れの際に表示される404ページにアドセンス広告を設置するのも禁止されているのを忘れてはいけません。

404ページにアドセンスを設置するのは広告の配置に関するポリシー違反

「広告の配置に関するポリシー」には以下のような内容が含まれています。

手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載
コンテンツを含まないページ(手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページなど)に広告を掲載することは許可されません。このようなページは、訪問者がドメインから離脱する可能性がある際や、購入やダウンロードなど、サイト上で特定のアクションを実行した後に表示されます。
この種のページに広告を掲載すると、広告が実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、掲載は避けてください。
https://support.google.com/adsense/answer/1346295?hl=ja#Ads_on_non_content_pages

ログイン機能を持つサイトを作る人はそんなに多くないので思わず読み飛ばしてしまうような内容かもしれませんが、重要なのはコンテンツが存在しないページに表示した広告がコンテンツだと誤解されてしまうかも知れないという点です。

404ページは正しくコンテンツが一切存在しないときに表示されるページであり正に上記の「コンテンツを含まないページ」に該当しますので、アドセンス広告が表示されないように対策を行う必要があります。

404ページだけアドセンスを非表示にする方法

ページが404ページかどうかを判定するis_404()という関数を利用すれば簡単です。

サイドバーやヘッダーのphpを直接編集するとき

phpファイルを直接編集してアドセンスを設置するときは、上記コードをそのまま貼り付けるだけでOKです。

ウィジェットでサイドバーにアドセンスを設置するとき

ウィジェットを使えば手軽にサイドバーの内容を編集することができますが、通常はウィジェット内でphpを使用することができません。ただし、「PHP Code Widget」というプラグインを追加すればウィジェット内のphpが有効となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です