WordPressで指定した特定のカテゴリのみを表示するウィジェットを作りました。

新サイト「ポイ活のいろは」のサイドバーに「指定したカテゴリのみを表示するウィジェット」が欲しかったので自作してみました。

せっかくなのでソースコードを公開します。

指定したカテゴリのみを表示するウィジェットについて

使用例

ポイ活のいろは」には現在5つのカテゴリが存在します。

5つのカテゴリ

  • ポイ活の仕組み
  • ポイ活に必要なもの・事前準備
  • ポイ活の始め方・やり方
  • ポイ活で稼げない・上手くいかない理由
  • ポイントサイトの評価

これらを「指定したカテゴリのみを表示するウィジェット」を用いて、「ポイントサイトの評価」とそれ以外を独立して表示させています(以下参照)。

指定したカテゴリのみを表示するウィジェットの使用例

使用例
※実際はサイドバーに縦に並んでいますが、画像が縦長になるのを防ぐために横に並べてみました。

何故こんな表示の仕方にしているかというと、サイトのコンセプトである「ポイ活初心者がスマホ1台で月1万円を稼ぐ」ことと各ポイントサイトの評価はあまり関係がないからです。それがメインコンテンツのカテゴリである「ポイントサイトの評価」以外と、メインコンテンツのおまけである「ポイントサイトの評価」を分けている理由です。

既存の機能では対応できなかったのか?

ワードプレス標準のウィジェットだと表示カテゴリの指定はできませんし、「ポイ活のいろは」で使用しているテーマ(SANGO)にもそういう機能はありません。

プラグインの中には「指定したカテゴリを除外する」というものはあったので、不要なカテゴリを全て除外してしまえば一応「意図するカテゴリのみを表示する」ことは可能です。

しかし、その場合は新しいカテゴリを追加する度に(追加した新カテゴリが不要なときは)設定し直さないといけないという点が不便に感じました。ニッチな要求に感じるかもしれませんが、個人的にはこの点はかなり重要でした。

そのあたりが「指定したカテゴリのみを表示する」プラグインを自作するに至った理由です。

ちなみに、当サイトが使用しているWordPressのテーマ「Cocoon(コクーン)」には「指定したカテゴリのみを表示する」機能も「指定したカテゴリを除外する」機能も両方付いています。無料のテーマなのに凄いです。

ソースコード

以下が「指定したカテゴリのみを表示するプラグイン」のソースコードです。ちょっと長いです。

このコードを作成する際に参考にしたサイトは以下の通りです。ウィジェット作成に必要な各関数の役割などが解説されているので非常に分かりやすいです。

WordPressで自作のウィジェットを作成・カスタマイズする方法
https://lblevery.com/sfn/create/wordpress-tips/wordpress-theming/make-your-own-widgets/

WordPressのウィジェット作成方法に関する情報のまとめ
https://increment-log.com/widget-create-summary/

指定したカテゴリのみを表示するウィジェットの使い方

function.phpにソースを追加する

上記のソースコードをfunction.phpにコピペします。コピペだと長過ぎると感じる場合は、外部ファイルに保存して「require_once」で読み込むと良いです。

「require_once」で外部ファイルに保存したソースコードを読み込む

外部ファイルを用いるときは、function.phpと同じ場所に保存して上記の記述を追加すればOKです。

関数名やウィジェット名などは気に入らなければ適当に修正して下さい。その際は先述の「参考にしたサイト」が参考になると思います。

ウィジェットにて表示したいカテゴリを指定する

ソースコードを追加すると、ウィジェットのページに「自作カテゴリ」というウィジェットが表示されます。

このウィジェットを表示したい場所(サイドバーなど)に追加して、表示するカテゴリのIDを指定するだけでOKです。

指定したカテゴリのみを表示するウィジェットの使い方

カテゴリのIDは「カテゴリー」のページでカテゴリ名にマウスカーソルを載せると右下に表示されるステータスバーにて確認できます。

WordPressのカテゴリIDを確認する方法

「tag_ID=○○」の部分の数値がカテゴリIDです。

注意点

当ウィジェットはカテゴリが2階層(親 – 子)のケースしか想定していません。3階層以上になると「孫」以降は表示されません。

また、素人が作ったものなので完璧な動作は期待しないで下さい。何らかの不具合が出ないことは保証できかねます。

もし使用するなら自己責任でお願いします。

まとめ

ニッチ過ぎるため需要があるのかどうかは分かりませんが、もし必要なら使ってみて下さい。

今回、WordPressのウィジェットを初めて作ってみましたが、やり方が分かれば意外と難しくはないなと感じました。複雑なものを作れる自信はありませんが、自分が欲しい機能をピンポイントで作れるようになったというのは大きな利益になりました。

必要に迫られたら今後はプラグインの自作にも手を出してみたいなと思っています。


ポイ活のいろは – 初心者が月1万円を稼ぐ始め方・やり方

ポイントサイトの友達紹介で月3万円を稼ぐやり方まとめ

WordPress
フォローする
お小遣いサイト初心者入門 – fuku.work

コメント