ネットプリント利用時はファイルをPDFに変換した方が良い

コンビニでファイルを印刷できるネットプリントは非常に便利なサービスですが、専用のサーバーにファイルを登録する前に、印刷するファイルをPDFに変換しておくことをオススメします。

その理由は以下の通りです。

ネットプリントで登録できるファイル

ネットプリントネットワークプリントでは、以下の拡張子のファイルを登録(サーバーにアップロード)して印刷することができます。

ネットプリントに登録できるファイル拡張子
サービス名拡張子
文書画像
ネットプリント
(セブンイレブン)
docx/rtf/xlsx/pptx/xdw/pdftif/tiff/png/xps/oxps
jpg/jpe/jpeg
ネットワークプリント
(ローソン・ファミリーマート他)
pdf/xlsx/docx/pptxjpg/jpeg/png

セブンイレブンで利用できるネットプリントの方が扱える拡張子が多いので有利に思えますが通常あまり使わないファイル形式も扱えるというだけであり、エクセル(xlsx)・ワード(docx)・画像(jpg/jpeg/png)などはどちらでも登録できるので利便性の差はほとんどありません。

登録前にファイルをPDFに変換した方が良い理由

印刷後のレイアウトの確認が楽

エクセルやワードは作業中のレイアウト通りに出力されない(端の文字が見切れている、吹き出しの中の文字が一部表示されない等)ことが多いため、印刷したらレイアウトがズレていて「レイアウト調整→印刷→レイアウト調整→印刷→・・・」という作業を繰り返すハメになったことがある方は多いと思います。

しかも、プリンタが変わると印刷後のレイアウトも微妙に変化するため、完璧にレイアウトを調整したはずのファイルを別のプリンタで印刷したらレイアウトがズレていた、なんてことは日常茶飯事です。

そのため、自分のパソコンでレイアウト調整を行ったとしても、ネットプリントで印刷する際のレイアウト調整は別途行わなければなりませんが、ネットプリントではサーバーへファイルを登録した後にプレビュー表示されるようになっているため、レイアウトの修正をするときには「アップロード→プレビュー確認→修正→アップロード→プレビュー確認→修正→・・・」という作業を繰り返さなければならず非常に面倒です。

一方で、PDFは表示されている内容がそのまま出力される仕様であるため、自身のパソコンでエクセルやワードのファイルをPDFに変換する際にレイアウトを確認しておけば、後はコンビニで印刷するだけで良いのでレイアウトチェックにかける手間を大幅に減らすことができます。

コンビニ印刷時のファイル選択の手間が省ける

ネットプリントで登録したファイルを印刷する際、(少なくともローソン・ファミリーマートのネットワークプリントでは)一度に印刷できるファイルは一つだけなので、複数ファイルを印刷したいときには1ファイルずつの印刷を複数回繰り返すことになり手間がかかります。

その点、PDFに変換しておけば元のファイルの種類に関わらず1つのPDFファイルにまとめておくことができる(ワード1ページ・エクセル3ページ・画像2ページの3ファイルなら、6ページの1つのPDFを作ることができる)ため、印刷時のファイル選択の手間を大幅に省くことができるようになるのです。

各ファイルをPDFへ変換する方法

以下の2つの無料PDFソフトを使えばOKです。

  • CubePDF(PDFへの変換)
  • CubeUtility(複数のPDFを一つにまとめる)

それぞれの使い方は以下のページで説明しています。

追記:激安プリンタCanon PIXUS iP2700

私は印刷頻度が低いのでいつもネットプリントを利用していましたが、激安価格(約3,000円)で購入できるプリンタCanon PIXUS iP2700という商品があるのを最近知りました。

以下のページでは、Canon PIXUS iP2700とネットプリントの印刷費用・維持費用・印刷スピード等を比較していますので、興味があれば一度ご覧下さい。

激安プリンタCanon PIXUS iP2700の評判・評価とネットプリントとの比較
私の自宅にはプリンタがないため、印刷が必要なときはコンビニまで行ってネットプリントを利用しています。 プリンタを持っていない(購入しない)理由は、 使用頻度が低く、確定申告くらいにしか使わない 使用頻度が低いのでプリンタの...

コメント