Gmailのエイリアス機能で複数メールアドレスを作成する方法


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

Gmailでは1つのアカウントに付き1つのメールアドレスしか作成できないため、新しいメールアドレスが必要になったら新しくアカウントを登録しなければなりません。しかし、このやり方だとメールアドレスの数だけアカウントも増えてしまうため、アカウントの管理が煩雑になってしまいます。

そんな悩みを解決するために役立つのが、1つのメールアドレスを複数のメールアドレスとして使用することが可能になるエイリアス機能(alias : 別名)です。

エイリアス機能で複数メールアドレスを作成する方法

Gmailでは、ユーザー名の後ろに「+(プラス記号)と任意の文字列」をくっ付けて作成したメールアドレスも、自分用のメールアドレスとして使用できます。元のメールアドレスがexample@gmail.comなのであれば、

  • example+rakuten@gmail.com
  • example+moppy@gmail.com
  • example+getmoney@gmail.com

などもメールアドレスとして有効なものとなり、全てexample@gmail.com宛に届きます。

以下は実際にエイリアス機能を利用してメールを送受信したときのものです。この例では、エイリアスとして「aliassample」という文字列を付け加えて送信しました。

Gmailのエイリアス機能で複数メールアドレスを作成する方法

すると、example+aliassample@gmail.comというメールアドレスに送ったにも関わらず、きちんとexample@gmail.comへ届きました。

Gmailのエイリアス機能で複数メールアドレスを作成する方法

このエイリアス機能を利用すれば、複数メールアドレスが必要なときでもアカウントを量産しなくても済みますので非常に便利です。

複数メールアドレスの使いどころ

エイリアス機能で作成したメールアドレスへ送られたメールが元のメールアドレスに届くのなら、わざわざエイリアス機能しないで元のメールアドレスだけを使っていれば良いような気がしますが、エイリアス機能にはどんなメリットがあるのでしょうか?

エイリアス機能の一番の使いどころは、会員登録するサイトによってメールアドレスを分けることができる、という点です。

例えば、

  • 楽天市場に登録するとき : example+rakuten@gmail.com
  • モッピーに登録するとき : example+moppy@gmail.com
  • GetMoneyに登録するとき : example+getmoney@gmail.com

といった感じで、エイリアスとしてサービス名を付けて作成したメールアドレスで会員登録すれば、それぞれから送られてくるメールをフィルタ(後述)で分類するのが非常に楽になるため、重要なメールの見落としなどが少なくなります。

また、自分のメールアドレスに大量の迷惑メールが届くようになったときや不正利用されてしまったときに、どこのサイトからメールアドレスが流出したのかが一発で分かる(example+hoge@gmail.comなら、hogeというサイトから流出したと判断できる)ため、対処などがしやすくなるというメリットもあります。

フィルタでラベルを付けて管理する方法

Gmailのフィルタ機能を使えば、エイリアスごとにタグを付けてメールを分類することができるのでメールの管理が簡単になります。

まずは、「歯車アイコン」→「設定」→「フィルタとブロックリスト」→「新しいフィルタの作成」の順にクリックします。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

「To」にエイリアス機能で作成したメールアドレスを入力して「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

「ラベルを付ける」を選択して「ラベルを選択」をクリックします。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

「新しいラベル」をクリックします。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

「新しいラベル名を入力して下さい:」というフォームにラベル名(会員登録したサービス名などがわかりやすくて良い)を入力して「作成」をクリックします。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

「XX件の一致するスレッドにもフィルタを適用する。」を選択して「フィルタを作成」をクリックします。「XX件の~」を選択しておくと、過去に届いたメールアドレスにもフィルタが適用されます。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

フィルタの作成が完了したら、左側のメニューに表示されているラベルをクリックすることで、ラベルを適用したメールのみが表示されるようになります。

Gmailのエイリアス機能とフィルタ機能を利用したメール管理の方法・手順

このように、エイリアス機能で作成したメールアドレスとフィルタ機能を利用するとメールを機械的に仕分けできるようになるため、管理が非常に楽になります。

エイリアス機能の弱点

便利なエイリアス機能には、ひとつだけ決定的な弱点があります。

前述の通り、エイリアス機能を利用して作ったメールアドレスはexample+alias@gmail.comのように必ず「+」を含みますが、サイトによっては「+」を含むメールアドレスは不正なフォーマット(メールアドレスの形式として正しくない)であるとみなされて登録できない場合があるのです。

これはサイトのルールの問題なのでエイリアス機能を使えないときはおとなしく従うしかありません。そのときは諦めて普通のメールアドレスを利用しましょう。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です