サイトのテーマを表すキーワードの決め方・コツ


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

アフィリエイトサイトのテーマが決まったら、サイトのテーマを表すキーワードを決める必要があります。

キーワードとは?

SEO対策的には、titleタグに含めるキーワードのことを言います。

サイトの内容を的確に表していることはもちろん重要ですが、検索回数が多いかどうか(需要があるかどうか)という点も非常に重要です。

検索回数が多いということは、サイトが検索結果に表示される回数やユーザーが訪れる回数も多いことを意味するため、成約数も増えて稼げるからです。

キーワードの探し方

キーワードを探す方法としては主に以下の二種類の方法があります。

検索サジェスト機能を使用する

GoogleやYahoo!JAPANの検索エンジンには、検索サジェスト機能というものがあります。

名前は聞いたことがないかもしれませんが、おそらく見たことがあるものだと思います。以下は「ダイエット」で検索した後の検索結果ページに表示されているものです。

Googleの検索サジェスト機能「ダイエット」

Googleの検索サジェスト機能「ダイエット」

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能「ダイエット」

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能「ダイエット」

GoogleとYahoo!JAPANで多少異なりますが、複数の複合キーワード(二語以上のキーワードを組み合わせたキーワード)が表示されています。これらのキーワードは「ダイエット」に関連する複合キーワードのうち、検索回数が多いものです。

このように、検索したキーワードに関連する検索回数の多い複合キーワードを表示してくれる機能のことを、検索サジェスト機能(suggest : 提案する)と呼びます。

表示されているキーワードをクリックすると、そのキーワードによる検索結果が表示されますが、その画面にも再び検索キーワードが表示されます。以下は、検索サジェスト機能で表示された「ダイエット 方法」をクリックした後に表示された複合キーワードです。

Googleの検索サジェスト機能「ダイエット 方法」

Googleの検索サジェスト機能「ダイエット 方法」

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能「ダイエット 方法」

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能「ダイエット 方法」

より詳細なダイエット方法を表す複合キーワードが提案されていることがわかると思います。この作業を繰り返すことによって、キーワードを絞り込んでいきます。

キーワードツールを使う

検索回数の多いキーワードを教えてくれるキーワードツールを使う方法があります。

キーワードツールとして有名なのはGoogle AdWords(グーグルの有料広告サービス)が提供しているキーワードプランナーというものです。本来はGoogleの検索結果に広告を出す際に使うツールですが、AdWordsに登録(無料)さえすれば誰でも使えますので気にする必要はありません。

Google AdWords キーワードプランナー
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

このキーワードプランナーを使用すると、

  • 広告グループ
  • 検索ボリューム(検索回数)
  • 競合性

などをチェックすることができます。以下は「ダイエット」で検索したときの表示内容です。※「入札推奨単価」は広告を出稿するときの目安なので今回は無視して問題ありません。

Google AdWordsのキーワードプランナー「ダイエット」

そして、広告グループをクリックすると、複合キーワードを確認することができます。以下は、「ダイエット 方法」のグループをクリックした後の表示内容です。

Google AdWordsのキーワードプランナー「ダイエット 方法」

このようにして、最初に検索するキーワードを変えながら各広告グループのチェックを繰り返してキーワードを絞り込んでいきます。

適当なキーワードが見つからなかったら

上記の方法を使っても、事前に決めたサイトのテーマに一致する適切な複合キーワードが見つからないことも多いです。そのときには、

  • テーマを選び直す
  • キーワードからテーマを選ぶ

といった方法をテーマとキーワードが一致するまで繰り返すしかありません。

無駄を省きたければ、ある程度大きな括りでテーマを決めた後(大雑把に「ダイエット」や「抜け毛」など)に表示される需要のある複合キーワードを選んでサイトのテーマとするのが良いと思います。

ただし、このときもサイトのテーマの決め方で解説しているように興味がないものは選んではいけません。

いずれにしても、一回の調査でキーワードが決まることはないと思いますので、根気よく色々検索してみるしかありません。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です