ロングテールSEO対策でスモールワードを探す方法・コツ

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ロングテールSEO対策ではスモールワードを記事タイトルに用いた記事の量産が重要です。

ここではスモールワードの探し方やコツについて説明します。

スモールワードの探し方

検索エンジンの検索サジェスト機能を使用する

記事タイトルに含めるスモールワードは、主に検索エンジンの検索サジェスト機能を使って探します。

例えば、産後ダイエットに関するサイトを運営しているのであれば、とりあえず検索エンジンにて「産後 ダイエット」で検索し、そのときに表示される複合キーワードをスモールワードとして記事を書いていくことになります。。

Googleの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード

Googleの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード

Yahoo!JAPANの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード

上記のうち、「ダイエット 産後 お腹」という複合キーワードを利用して記事を書けば産後ダイエットでお腹を部分痩せしたい人がピンポイントで検索&アクセスしてきてくれますので、成約率が高くなることが期待できます。

このようにして、他の複合キーワードについても同様に記事を投稿していきますが、上記ではキーワードが重複している「産後 ダイエット 食事」以外の複合キーワードを使用して13記事を投稿することができます。

ちなみに、Googleの検索エンジンでは「産後ダイエット 授乳中」で検索すると更に複合キーワードが表示されますので、それらについても漏れ無く拾って記事を書いていくとロングテールSEO対策の効果が高まります。

Googleの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード「産後ダイエット 授乳中」

自分で考える

自分で考えるときには、検索サジェスト機能で表示されている複合キーワードを参考にして考えます。

例えば、上記の例では「ダイエット 産後 お腹」という複合キーワードが表示されていることから、「ダイエット 産後 腰回り」とか「ダイエット 産後 たるみ」といったキーワードを連想することができますので、そういったキーワードについてもできるだけ記事を投稿していきます。

また、自分で考えた「ダイエット 産後 腰回り」で検索してみると、この複合キーワードに関連するキーワードが検索サジェスト機能で表示されますので、スモールワードの幅を更に広げることが可能となります。

Googleの検索サジェスト機能で表示されたスモールワード「ダイエット 産後 腰回り」

ロングテールSEO対策では如何にして関連する複合キーワードを思い付くかにかかっています。キーワードを連想するのには慣れが必要ですので、とりあえず思いつくままに検索してみるのが良いです。

微妙な違いは同一のスモールワードとして扱う

スモールワードを探していると、

  • 単語の順番が入れ替わっただけの複合キーワード(「産後 ダイエット 腰回り」と「ダイエット 産後 腰回り」など)
  • 単語間のスペースの有無だけが異なる複合キーワード(「産後 ダイエット 腰回り」と「産後ダイエット 腰回り」など)

が沢山登場すると思いますが、あくまで単語の組み合わせのみが重要(語順やスペースの有無は考慮しなくて良い)ですので、これらはそれぞれ同一のスモールワードとして扱っても問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です