ロングテールSEO対策とは?


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ビッグワードとスモールワード

ロングテールSEO対策の説明をする前に、ビッグワードとスモールワードについて説明しなければなりません。

ビッグワード

ビッグワードとは、

  • ダイエット
  • 育毛
  • レンタルサーバー

などのような競合相手が多く検索需要も高い単一(もしくは2語程度)のキーワードのことを指します。

検索需要が多いので上位表示できれば大量のアクセス数を獲得することができますが、強豪のライバルが多いため勝つのは困難であり、また、キーワードが漠然としているため大量のアクセスを集めても成約率が低い傾向があります。

ただし、アクセス数自体は多いことから成約の絶対数は多くなります。

スモールワード

スモールワードとは、

  • ダイエット 産後 方法
  • 育毛 生え際 男性
  • レンタルサーバー 安い オススメ

などのような2つ以上(通常は2~4つ程度)のキーワードを組み合わせた複合キーワードのことを指します。

ビッグワードと異なり検索需要が少ないためスモールワードだけで獲得できるアクセス数は少なめですが、競合が少ないため上位表示しやすく1位を取得することも比較的容易ですし、明確な目的を持って検索される複合キーワードであるためアクセス数が少なくても成約率が高くなる傾向があります。

ロングテールSEO対策とは?

ロングテールSEO対策は、主に以下の方法でアクセスを稼ぐためのSEO対策のことを指します。

記事タイトルにスモールワードを含む記事の量産

スモールワードをタイトルに含む記事を大量に投稿してアクセス数を稼ぎます。

単純に考えると大量のアクセスが集まるビッグワードで上位表示できた方が良いように思えますが、前述の通りビッグワードは上位表示が困難であり成約率もあまり高くないため固執する必要はあまりないのです。

むしろ、集まるアクセス数が少なくてもスモールワードを攻略する方が重要です。スモールワードは明確な目的を持った人が検索する複合キーワードなので成約率が高いというのがその理由です。

「ダイエット 産後 方法」と検索する人は産後ダイエットをやりたい人が、「育毛 生え際 男性」と検索する人は髪の毛の生え際を気にしている男性が、「レンタルサーバー 安い オススメ」と検索する人は安いレンタルサーバーを借りたい人が検索します。これらは問題解決のために検索をしている人達なので、表示されたページで紹介している商品を購入する可能性が非常に高いのです。

スモールワードでアクセスを集めても1記事につき1日1アクセスしかないこともザラですが、これが100記事あれば成約率の高いアクセスが1日100アクセスも集まることを意味しますので、稼ぎたいのなら対策をする価値は十分にあるのです。

記事本文のキーワードへのヒットを狙う

また、ロングテールSEO対策は沢山の記事を投稿するという性質上、意図しているか否かに関わらず結果として記事本文に多種多様なキーワードが含まれるという特徴があります。

そのため、記事タイトルに含まれるスモールワードだけでなく、記事本文に含まれる複合キーワードが検索エンジンにヒットしてアクセスを稼ぐという手法も副次的に狙うことができます。

ロングテールSEO対策はあくまでも記事タイトルにスモールワードを含ませることがメインなのですが、不自然にならない程度に本文中の指示語等のあいまいな語句を具体的な語句に置き換えるようにすることで、意外な複合キーワードでのアクセスを獲得できることがあります。

注意点

上記の手法を実践していけばスモールワードは沢山見つかると思いますが、実際に記事を書いて投稿する際には、沢山の記事を投稿することを最優先にして低品質の記事を量産してしまわないように注意しなければなりません。

検索サジェスト機能で表示される複合キーワードは似たようなものが多いため、何も考えずに記事を書こうとするとどうしても似たような内容になってしまいがちです。そういうときは、記事が短くなり過ぎないように気を付けながら、各複合キーワードとマッチするように記事を適宜分割して投稿するという対策が有効です。

また、沢山の記事を書いていると惰性での作業になってしまうため、どうしても中身のない記事になってしまいがちでもあります。それを防ぐためには、記事を書いたらすぐに投稿せずに半日~1日程度の時間をおいてから再度読み直して内容をチェックしてみると良いです。時間を空けることで客観的に記事を読めるため、一定の効果はあると思います。

低品質な記事を量産してしまうと、検索エンジンからの評価が下がって順位低下を招くだけではなく、最悪の場合にはスパムサイトであると認定されてしまう可能性すらあります。

ロングテールSEO対策を行うときには、常に記事の品質について気を配りながら記事を投稿する必要があるのです。

ビッグワードも順位が上がる

ロングテールSEO対策が成功して、各記事が検索エンジンから評価されるようになると各記事へのアクセスがチラホラと集まるようになってきますが、それに伴ってサイトそのものの価値も上がってきますので、結果としてサイトタイトルに含まれるようなビッグワードでも上位表示できるようになります。

そのため、ビッグワードを上位へ食い込ませてアクセスを集めたい場合においても、ロングテールSEO対策は非常に有効であると言えます。

即効性のある方法ではありませんが、急がば回れの精神でコツコツを沢山の記事を投稿していればそのうち効果を実感できるはずです。


☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です