ライフメディア経由の楽天カード発行で計20,000円のポイント還元!
詳細はココをクリック!

フルーツメールのポイント交換とオススメの交換先

フルーツメールはアイブリッジ株式会社が運営しているポイントサイトです。

懸賞関連のコンテンツが強い老舗ポイントサイトなのでご存知の方も多いかもしれません。

当記事ではフルーツメールのポイント交換について書いていきたいと思います。

フルーツメールのポイント交換先

フルーツメールのポイント交換

フルーツメールのポイント交換先は大きく以下の4種類に分類されます。

フルーツSPポイント

フルーツメールのポイント交換先(フルーツSPポイント)
交換先交換レート最低交換pt交換単位交換完了日
交換前交換後
フルーツSPポイント5,000pt550pt(550円分)5,000pt5,000pt当日中

「フルーツショッピング」というフルーツメール併設のショッピングモールで買い物をする際に「1pt = 1円」として使用できるフルーツメールSPポイントに交換できます。

交換手数料無料・交換時に10%増量・交換完了が当日中など、他の交換先に比べると有利な点が多いのが特徴です。

カタログギフト

フルーツメールのポイント交換先(カタログギフト)
交換先交換レート最低交換pt交換単位交換完了日
交換前交換後
アクアマリン32,000pt3,348円コース32,000pt2~3週間程
エメラルド&エコサターン42,000pt4,428円コース42,000pt2~3週間程
イエロー&エコアイリス52,000pt5,508円コース52,000pt2~3週間程
ウルトラマリン&エコジュピター62,000pt6,588円コース62,000pt2~3週間程
ガーネット&エコビーナス102,000pt11,988円コース102,000pt2~3週間程

5種類のカタログギフトです。

いずれも必要なポイント数よりも高額なコースのカタログギフトを選べるようになっています。

ただし、

  • カタログギフトが届くまでに2~3週間かかる
  • カタログギフトが届いた後に商品を注文し、それが届くまでに時間がかかる

といった事情により他の交換先よりも交換完了までに長い時間がかかるという欠点があります。

なお、各カタログギフトの内容は以下のサイトで確認できます。

ラヴィマイン

http://www.ringbell.co.jp/dc_list/aeon/rm/

現金

フルーツメールのポイント交換先(現金)
交換先交換レート最低交換pt交換単位交換完了日
交換前交換後
住信SBIネット銀行22,100pt2,000円22,100pt10,000pt約1週間前後
ジャパンネット銀行25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後
楽天銀行(旧イーバンク銀行)25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後
三井住友銀行25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後
三菱UFJ銀行25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後
ゆうちょ銀行25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後
都市/地方銀行25,250pt2,000円25,250pt10,000pt約1週間前後

現金にも交換することができます。

一応、手数料という表記はありませんが、交換に必要なポイントの価値(10pt = 1円)の中に手数料が含まれる形となっており一番安価な住信SBIネット銀行であっても1回あたり210円もの高額な手数料が必要です。

手数料は1回あたりの金額なのでまとめて交換することで負担を軽減できるものの、住信SBIネット銀行以外は1回の換金額が30,000円を超えると手数料が735円と超高額になってしまいます(上記表には記載していません)。

また、最低交換額も2,000円から(手数料を含めるとそれ以上)とかなり高いです。

ポイント募金

フルーツメールのポイント交換先(ポイント募金)
交換先交換レート最低交換pt交換単位交換完了日
交換前交換後
日本赤十字社20,000pt2,000円20,000pt10,000pt
あしなが育英会20,000pt2,000円20,000pt10,000pt

募金することも可能です。

どちらも手数料は不要ですが、最低換金額が20,000ポイント(2,000円)とかなり高めです。

オススメの交換先は?

フルーツメールのポイント交換先の中には「これだ!」と言えるような自信を持ってオススメできる交換先はありません。

理由は以下の通りです。

フルーツSPポイント
10%増量は魅力的だがフルーツショッピングがあまり魅力的ではない(商品のバリーションが少なく実質的にはほとんど「ワケあり商品市」である)。
カタログギフト
「カタログギフト入手 → 商品注文」という2段階の手順があるので商品が届くまでに時間がかかる。カタログギフトという性質上、額面未満の商品しか手に入らないため交換レートがかなり悪い。
現金
手数料が高い。最低交換額が高すぎる(2,000円 + 手数料)。
ポイント募金
他サイトだと1円分から寄付できることも少なくないが、最低交換額が高すぎる(2,000円)。

しかし、上記を承知の上でいずれかの交換先を選ぶとしたら、

  • フルーツSPポイント
  • 現金

のどちらかかなと思います。

フルーツショッピング自体は楽天市場等に比べるとだいぶ見劣りするのですが、ワケあり商品を購入する前提ならそれほど悪いところではないからです。

また、現金は手数料と最低交換額の欠点を含めてもやはり一番魅力的な交換先だからです。

まとめ

フルーツメールのポイント交換は現在の基準で考えるとあり得ないくらい不親切な内容です。

特に換金時の交換手数料の高さと最低交換額の高さは異常なレベルだと言わざるを得ません。

フルーツメールが昔から存在する老舗のポイントサイトだから「単に時代遅れの設定のままなんだろうなぁ。」としか思いませんが、もし新規参入サイトが同様の内容だとしたら(最低交換額の高さから)詐欺サイトではないかなと疑ってしまうと思います。

最低交換額は300~500円前後であることが多い昨今のポイントサイトにおいて現在の設定内容はとても支持できるものではありませんので早急な改善を望みたいところです。