PointShop(ポイントショップ)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価


ライフメディアへ登録


暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

基本情報

PointShop(ポイントショップ)の基本情報
おすすめ度(5段階) ★☆☆☆☆
  • 独自の友達紹介制度(ダウン制度)
  • 会社の身元の信頼性に問題あり
  • SSLがない
運営会社 データネットワークシステムズ
(他の副業サイトによると有限会社のようだが詳細不明)
交換レート 100ポイント = 1円
主な交換先
  • 現金
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
ポイント有効期限 なし
携帯からの利用 可能(スマホ専用のレイアウトあり)
年齢制限 不明(サイトに記載なし)
家族の登録 可能(それぞれ銀行口座を用意するようFAQに記載あり)
▼ここから無料登録できます▼

ポイントショップの特徴

独自の友達紹介制度(ダウン制度)

普通のポイントサイトでは、誰かを紹介してその人が会員登録を行うとその人が友達となり、友達が退会しない限りは友達関係がずっと継続します。

一方、ポイントショップでは

  • 一定以上の広告利用を行うと、友達がいない人(紹介を受けずに会員登録した人)と友達になることができる
  • 月に1回だけ友達を(ランダムに)変更することができる

という機能があります。

ポイントショップでは他サイトと同様に、友達(や友達の友達)が稼いだ報酬の一部をリファーラル報酬として受け取ることができるので、

  • 沢山の広告を利用し続ける
  • ほとんど広告を利用しない友達をチェンジする

ということを繰り返せば、広告を頻繁に利用する友達が沢山できることになるので、リファーラル報酬による稼ぎを大きく増やすことができます。

ただ、この制度には問題点もあるのでその点は後述します。

会社の身元の信頼性に問題あり

運営会社のデータネットワークシステムズ(他の副業ブログによると有限会社のようですが詳細不明です)の所在地をグーグルマップで調べて見ると普通の民家となっています。

オフィスビルの一角に事務所を構えている会社と比べると、会社の信頼性には疑問符が付いてしまいます。

SSLがない

サイト内に通信内容を暗号化する技術であるSSLが導入されていません。

詳細は後述の通りですが、危険極まりないです。

ポイントショップは危険?安全?

運営会社の所在地が普通の民家

グーグルマップで会社の所在地を調べると、どうみても住宅街の中にある普通の民家です。

PointShop(ポイントショップ)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

会社の公式サイトによると事業内容は「インターネットサイト開発・運営、アプリケーション開発・販売」なので、関係者の自宅を事務所として利用している少人数の会社なのかもしれません。

IT系の零細企業だとこういうパターンは珍しくはないと思いますが、いまいち実体が掴みにくいためお世辞にも会社の信頼性が高いとは言えません。

SSLがない

通常、ポイントサイト内のポイント交換ページには通信を暗号化する技術であるSSLが導入されています。

これは、換金のために銀行口座情報などを入力する必要があることから、通信の最中に第三者に盗聴される危険性を考慮して通信内容に解読不可能な暗号化を行っておくという安全対策によるものです。

しかし、ポイントショップのポイント交換ページにはSSLが導入されている様子がありません。

ポイントショップにはSSL導入を示す「https」がない。

ポイントショップにはSSL導入を示す「https」がない。

モッピーにはSSL導入を示す「https」がある。

モッピーにはSSL導入を示す「https」がある。

他サイトの場合、銀行口座番号や名義を入力しなければならないポイント交換ページには必ずSSLが導入されています。

これは、万が一通信内容を第三者に盗聴されてしまったとしても解読不可能な状態にしておくことで通信の安全を確立するためです。

そのSSLが導入されていないということは、通信内容を傍受し放題・内容を解読し放題(というか、入力した口座情報等がそのまま送信されるので解読の必要すらない)なので、極めて危険であると言わざるを得ません。

運営会社は少人数の零細企業のようなので、プライバシーマークの未取得やJIPC(日本インターネットポイント協議会)への未加入は仕方ないと思いますが、あって当たり前のSSLがないのは弁護のしようがありません。

ポイント交換

最低交換額は30,000ポイント(300円)からで、

  • 現金
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード

へ交換することができます。

手数料は換金時のみ必要となり、

  • 楽天銀行 : 10,000pt(100円)
  • その他金融機関 : 16,000pt(160円)

となっています。

ポイントショップの稼ぎ方

SSLが導入されていないポイントショップはリスクしかありませんので、SSLが導入されることがない限りは利用しない方が良いです。

よって、他サイトのレビュー記事に合わせて「稼ぎ方」という見出しを付けているものの「稼ぎ方」というのは特にありません。

とはいえ、書くことがないわけではないので友達紹介制度(ダウン制度)の問題点について書きたいと思います。

友達紹介制度(ダウン制度)の問題点

ひと言で言えば、破錠しているということです。

というのも、検索フォームで広告を検索してみると分かるのですが、ポイントショップには楽天市場やYahoo!ショッピングといった定番中の定番の広告すら存在しません。

まともな広告はトップページに申し訳程度に掲載されている数少ないクレジットカード発行・FX口座開設の広告くらい(しかもポイント数も多くはない)ですので、ポイントショップのユーザー数はあまり多くありません(この記事を書いている時点で10万人弱)し、定期的に広告を利用している人がどのくらいいるのかも不明です。

そんな状態で、

  • 広告利用で友達が増えます!
  • 月に1回だけ友達をチェンジできます!
  • (結果として)何もしなくてもガンガン報酬が発生します!

と言われても、到底信じることはできませんのでポイントショップを利用する気にはなりません。

  • 広告数が少ない
  • 定期的に広告を利用するユーザーがいない(と思われる)

という2つの問題点が解決されない限り、ポイントショップの友達紹介制度(ダウン制度)が有効に機能する日はやって来ないでしょう。

まとめ

友達紹介制度云々の前にSSLがないという時点で利用対象にはなりませんので、一番最初に解決しなければならない問題はSSLの導入です。

SSLがあるからといって評価が大きく上がることはありませんが、ないと著しく評価が下がりますのでしっかりして欲しいと思います。

▼ここから無料登録できます▼

☆複数ポイントサイトのポイント数・還元率を比較検索できるサービスをはじめました。


比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を使ってみる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です