ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」総額300万円!

ポイントサイトポイントインカムにて、20回に1回の確率で購入金額の10%がポイントバックされるキャンペーンがスタートしました。

明らかにPayPay(ペイペイ)を意識したキャンペーン内容ですが、お得そうな内容なので細かいことを気にする必要はありません。

以下、詳細です。

お買い物代金ポイントバックキャンペーンの詳細

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」総額300万円!

キャンペーン期間

当キャンペーンの実施期間は

  • 開始 : 2019年03月01日(金)
  • 終了 : 2019年03月31日(日)

の1ヶ月間です。

条件 & 特典

ショッピングカテゴリ内のポイント還元額が「定率」の広告を利用すると、20回に1回の確率で購入金額の10%がポイントバックされます。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」はショッピングカテゴリ内の定率広告が対象

1回の当選金額の上限は5,000円で、1人何回でも参加できます。

当落の結果はポイント通帳に明細が記載された時点でキャンペーンページ内にて確認できます。

注意点

キャンペーンページ内の「参加する」ボタンを押した後に利用した広告がキャンペーンの対象となります。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」の「参加する」ボタン

また、ショッピングカテゴリ内の広告であっても「定額」は対象外です。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」は定額広告は対象外

キャンペーンの評価

ショッピングをするだけで最大10%のポイントバック(上限は5,000円/回)を受けられるのですから、お得でないわけがありません。

当キャンペーンがあるからといって必要のないものを買うのはダメですが、たまたま何かを購入する予定があるなら絶対に活用すべきだと思います。

ショッピング系の広告はポイントサイト間で還元率の差があまりないので還元率で多少の損をしてでも当キャンペーンの1/20の確率に賭けて10%ポイントバックに挑戦した方がお得です。

また、まとめ買いをする予定があるなら、

  • 送料無料となる金額をギリギリ超える額の買い物をする
  • 還元上限が5,000円なので1回の買い物金額は5万円までにする

といった方法で、1回の買い物を複数回に分割すれば実質的な当選確率が上がるのでオススメです。

買い物金額3,000円以上ので送料無料になる通販サイトで1万円の買い物をする予定なら、

  • 3,000円 x 2回
  • 4,000円 x 1回

に分割する、という感じです。

例えば、2回の買い物に分ければ約10%(= 1 – 0.95^2)、3回に分けると約14%(= 1 – 0.95^3)の確率で1回は当たります。

キャンペーンに参加する方法・手順

ポイントインカムに新規登録する

まずはポイントインカムに登録しましょう。

「参加する」ボタンを押す

以下のリンクからキャンペーンページを開きます。

お買い物代金ポイントバックキャンペーン

https://pointi.jp/campaign/pointback/?no=2

キャンペーンページ内に設置されている「参加する」ボタンを押します。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」総額300万円!

「参加する」ボタンを押す前に広告を利用してもキャンペーン対象にはなりませんので注意して下さい。

広告を利用する

ショッピングカテゴリ内の「定率」還元の広告であれば何を利用してもOKです。普段と同じように広告を利用しましょう。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」の対象となるショッピングカテゴリの広告

結果をチェックする

広告利用後、ポイント通帳に明細が記載されたら当キャンペーンの結果が出ます。

結果はキャンペーンページ内で確認できます。

お買い物代金ポイントバックキャンペーン

https://pointi.jp/campaign/pointback/?no=2

以下の「利用したキャンペーン対象広告」の部分に当落が記載されると思われます。

ポイントインカム「お買い物代金ポイントバックキャンペーン」の当落結果

まとめ

私は今のところ買いたいものがないので現時点では当キャンペーンに参加する予定はありません。

ただ、間違いなくお得なキャンペーン内容ですので何かしらを購入する予定があるなら是非活用してみて下さい。

余談ですが、POTARO WARSなど見れば分かる通り、ポイントインカムはパクリインスパイアが多いことで有名(?)なポイントサイトです。

当キャンペーンの総額300万円ポイントバックも2018年末に話題となったPayPay(ペイペイ)の還元キャンペーンを意識していると思われます。

コメント