Qzoo(キューズー)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

基本情報

Qzoo(キューズー)の基本情報
おすすめ度(5段階)★★★☆☆
  • アンケートの配信頻度は普通
  • 最低ポイントが低い
  • 最低交換ポイントが低い
  • 商品モニターのテンタメが利用可能
運営会社株式会社GAIN(ゲイン)
交換レート10ポイント = 1円
交換先
  • Amazonギフト券
  • 現金(楽天銀行・ジャパンネット銀行)
  • PeX
  • 図書カード
  • 寄付(財団法人東京カリタスの家)
ポイント有効期限年1回のモニター登録情報の更新を
指定期間(約2ヶ月)内に行わないときは失効
携帯からの利用可能
年齢制限なし?(中学生以下は保護者の許可が必要)
家族の登録同じパソコンで登録可能(メールアドレスは分けた方が良い)
※海外アンケートはIPアドレスチェックで弾かれる可能性あり

Qzoo(キューズー)の特徴

アンケートの配信頻度は普通

アンケートの数は1日に1~2通が届く程度ですので、特別少なくはありませんが多くもありません。

大量のアンケートへの回答に追われたくないという人にとってはちょうど良い量かもしれません。

最低ポイントが低い

アンケートに回答した後に貰える最低ポイントが10ポイント(1円)のものが多いです。

そのため、アンケートに日々回答し続けても多くのポイントを貯めるのには時間がかかると思います。

最低交換ポイントが低い

唯一の救いは最低交換ポイントが3,000ポイント(300円)と低めに設定されていることですが、それでもポイント交換を毎月行えるだけのポイント数が貯まることはないでしょう(後述のテンタメ利用時を除く)。

ただ、最低交換ポイントさえ超えてしまえば10ポイント(1円)単位で交換できるため、端数が無駄にならないのは良心的だと感じます。

商品モニターのテンタメが利用可能

多くのお小遣いサイトで実施されている(無料)商品モニターのテンタメに参加することが可能です。

テンタメは商品購入代金の50~100%分のポイント還元を受けることができますので、通常よりもお得に商品を入手することが可能です。

しかし、テンタメを利用するときは.money(ドットマネー)へポイント交換できるサイトで利用した方が儲かるため、わざわざQzoo(キューズー)で申し込みをする必要はあまりありません。

抽選型のモニターに他サイトで軒並み落選してしまったときにQzoo(キューズー)で申し込みをする保険のような感じになると思います。

Qzoo(キューズー)は危険?安全?

Qzoo(キューズー)(運営会社 : 株式会社GAIN(ゲイン))は、

  • 通信内容を暗号化するSSLを導入済み
  • 個人情報保護の体制整備の実施を示すプライバシーマークを取得済み
  • マーケティング・リサーチの健全な発展と普及、倫理の確立を目指すJMRA所属
    (JMRAは日本マーケティング・リサーチ協会の略)

といった情報漏えい対策・個人情報保護を行っていますので、危険性はなく安全に利用できるアンケートサイトだと判断できます。

特に、SSLについてはログイン後の全ページに導入されていますので、情報漏えい対策としては完璧です(通常は登録情報など個人情報の入力ページにのみ導入するのが一般的)。

ポイント交換

Qzoo(キューズー)のポイント交換は寄付を除くと最低交換額が3,000ポイント(300円)からで10ポイント(1円)単位で交換可能です。

Qzoo(キューズー)のポイント交換
交換先最低交換pt交換単位交換レート交換時期
交換前交換後
Amazonギフト券3,000pt10pt3,000pt300円分申し込み月の翌月20日
現金
(楽天銀行・ジャパンネット銀行)
5,000pt10pt5,000pt500円申し込み月の翌月末
PeX3,000pt10pt3,000pt3,000PeXpt申し込み月の翌月末
寄付
(財団法人東京カリタスの家)
1,000pt10pt1,000pt100円分不明(記載なし)

Amazonギフト券と現金以外のものへ交換したいときは、一旦PeXを経由すると交換先が広がります。

銀行口座開設で稼ぐ方法

換金の際は振込先に楽天銀行かジャパンネット銀行のどちらかしか指定することができません。

もし、これらの銀行の口座を持っていないなら、ポイントサイト経由で開設すると

を別途稼げますのでお得です。

まとめ

アンケート数が普通でアンケート1件の最低ポイントも低いため、メインで利用していくほどの実力はQzoo(キューズー)にはありません。

おすすめアンケートサイト比較一覧の上位のアンケートサイトを利用した上で余裕があれば利用する、という感じで良いと思います。

もしくは、(無料)商品モニターのテンタメへの申し込みができるという点を活かして、他サイトでテンタメの抽選に漏れてしまったときにQzoo(キューズー)で再チャレンジする、という方法もありではないでしょうか。

コメント