i2iポイントの広告利用でポイントが反映されないので問い合わせたら承認されました

以前、ポイントサイトのi2iポイントにて広告を利用したところ、いつまで待っても通帳(案件成果一覧)に記載されない事故が発生しました。

後述の通り、当該の広告のポイント数自体は極めて小額なので貰えなくても別に構わなかったのですが、ポイントが付かない事故というのはそうそう頻繁に発生するものではないため、

  • 同様にポイントが付かない他のユーザーの参考なる記事を書きたい
  • 事故が発生した際の運営の対応を確認したい

という理由により運営に問い合わせをしてみることにしました。

なお、結論から言うと最終的にはきちんと承認されてポイントが付与されました。

利用した広告は?

利用した広告は「サントリーなるほどクイズ」で、申し込み日は2017年11月8日です。

i2iポイントの「【PC用】サントリーなるほどクイズ2017 第9回」の広告

申し込みをした理由は、i2iポイントで2017年11月30日までのスケジュールで開催されている「2017秋の収穫キャンペーン」に応募するためです(広告利用が応募条件)。

Amazonギフト券500円分が当たる!i2iポイント「2017秋の収穫キャンペーン」
500円分のAmazonギフト券が当たる! ポイントサイトのi2iポイントでは広告利用で500円分のAmazonギフト券が当たる「2017秋の収穫キャンペーン」を実施中です。 キャンペーン期間 開始 :...

なるほどクイズのポイント数はたったの50ポイント(5円)なので貰っても貰わなくても正直大差ないのですが、このときはキャンペーンの応募条件をとにかく満たしたかったので結局別の広告を利用して応募することになりました。

上記記事内で「なるほどクイズの利用が一番簡単です!」と推しているにも関わらず私が申し込んだ広告がなるほどクイズではない(通帳の画像を載せています)のはそういった経緯があったからです(キャンペーンには無関係なのでそのあたりには一切触れていませんが)。

通帳への反映にかかる時間は?

「よくある質問」によると、i2iポイントでは通常10分~1日程度で通帳(案件成果一覧)に記載されるようです。

i2iポイントのよくある質問「案件の条件を満たしているのにステータスが「審査中」になりません」

「よくある質問」より

実際、私が過去にi2iポイントで広告を利用したときには大体30分~1時間程度で反映されていたように思います。

しかし、このときは広告を利用してから丸2日程度経過しているにも関わらず記載されていなかったため、おそらく放っておいても自然に通帳へ反映されることはないだろうと考えていました。

また、サントリーなるほどクイズはそもそも「即時反映」の案件であり「承認までの目安」が「自動承認」なので、きちんと反映される場合は「審査中」をすっ飛ばしていきなり「承認済み」になってポイントをすぐに貰えていたはずです。

サントリーなるほどクイズの「承認までの目安」は「自動承認」

通帳に記載されない(と思われる)理由

このときなるほどクイズを利用したにも関わらず通帳に記載されなかった理由には一応心当たりがあります。

私は過去になるほどクイズに参加したことがあり(※)、なるほどクイズのサイトに応募情報(氏名・住所等の個人情報)が登録済みとなっています。

なるほどクイズは年に10回ほど開催されておりその度にポイントサイトに広告が掲載されています。

ただ、「回」が違えば別の広告として扱われるので、同一の広告に2回申し込みをしてしまったという意味ではありません。

ここで言う「過去になるほどクイズに参加したことがある」とは「過去の『回』(= 別の広告)に参加したことがある」という意味です。

そして、なるほどクイズの広告を利用する際に、

  1. i2iポイントからなるほどクイズのサイトに移動
  2. 全てのクイズへ回答
  3. 応募フォームが開く
  4. なるほどクイズのサイトにログインして、過去に入力した応募情報をフォームに自動入力(「かんたん応募」機能を利用)
  5. 応募を完了

という手順を踏みました。

おそらくはこのとき4.の手順が間に挟まったことによりCookieを利用した追跡が上手く行われずに通帳に反映されなかったものと思われます。

i2iポイントの問い合わせ方法・手順

以上を踏まえて、実際にi2iポイントに問い合わせをしてみました。

フッター(ページの最下部)の右側の「メニュー」の「お問い合わせ」をクリックします。

i2iポイントの問い合わせフォームの位置

「よくある質問」

i2iポイントでの問い合わせは「成果調査のお問い合わせ」と「その他のお問い合わせ」に分かれています。

広告にポイントが付かない問題に関して問い合わせをするときは「成果調査のお問い合わせ」をクリックします。

i2iポイントの成果調査に関する問い合わせ

「お問い合わせの前に」を読むと、当日~翌日くらいに最初の返信を頂けるようです。

問い合わせフォームの必要事項を全て入力して最下部の「確認画面へ」をクリックします。

i2iポイントの問い合わせフォーム

※クリックで拡大

各項目の詳細は以下の通りで、「ファイル送信(添付ファイル)」以外は全て必須項目です。

お名前
広告主への照会の際に利用されると思われますので本名を入力しましょう。
案件名
不正確に記入すると調査が遅れる原因になります。i2iポイント内に掲載されている広告名をそのままコピペしましょう。例えば、今回の私の場合だと「なるほどクイズ」ではなく「【PC用】サントリーなるほどクイズ2017 第9回」が正式名称となります。
お問合わせの種類
「審査中にならない」・「審査中のまま承認にならない」・「非承認の理由を知りたい」・「その他」の4種類があるので該当するものを選択します。
案件取り組み日
不正確に記入すると調査が遅れる原因になります。注文完了メール・決済完了メールなどで日付を確認しましょう。
取り組んだ際の端末
「PC」・「スマホ」のどちらかを選択します。
ご使用になったメールアドレス
申し込みの際に利用したメールアドレスを記入します。標準ではi2iポイントに登録しているメールアドレスが入力されているので間違いないように注意が必要です。
案件に関する情報
注文完了メール・決済完了メールなどに記載されている注文番号・決済番号・受付番号・アカウントIDなど、申し込み内容を一意に識別できる情報を記入します。
お問い合わせ詳細
注文完了メール・決済完了メールなどがあれば丸ごとコピペして貼り付けましょう。その他、特筆すべきことがあれば記載しておくと良いと思います。
ファイル送信
その他必要な画像等があれば10MBまで添付できます。物販系の案件を利用している場合は届いた商品や同梱されている納品書などを添付すると良いかもしれません。

入力した内容が「成果のお問い合わせ内容確認」に表示されるので、間違いがなければ最下部の「画像認証」を行った上で「この内容で送信する」をクリックします。

i2iポイントのお問い合わせフォームの内容確認

「成果のお問い合わせ送信完了」と表示されたら問い合わせ完了です。

i2iポイントの成果のお問い合わせ送信完了

このとき、登録しているメールアドレスにも「成果確認のお問い合わせを受け付けました【i2i Point】」という件名の自動返信メールが届くので確認しておきましょう。

i2iポイントへ成果確認の問い合わせをした際の自動返信メール

過去の問い合わせ内容は「お問い合わせ」で確認できる

ちなみに、i2iポイントは過去に問い合わせした全ての内容を「お問い合わせ」から確認できるようになっています。

i2iポイントで過去に問い合わせをした内容の履歴

フッターの「お問い合わせ」を開くと表示されます。

他のポイントサイトだと全てメールでのやりとりとなるため過去に問い合わせした内容や一連のやりとりを改めて確認しようとするとメールボックスを漁らなければならず結構手間がかかってしまいます。

一方で、i2iポイントでは上記のように各問い合わせ・返信内容に簡単にアクセスできて非常に便利です。

無事に承認されました!

その後、無事に「サントリーなるほどクイズ」の広告が承認されました。

i2iポイントの案件成果一覧

50pt(5円)のときに申し込んだはずなのに何故か70pt(7)円が加算されていますが、
その点は気にしないことにします。

承認までの流れは

  • 広告利用 : 2017年11月8日
  • 問い合わせ : 2017年11月8日
  • 承認 : 2017年12月5日

なので約1ヶ月を要しました。

この日数をどう捉えるのかは人次第だと思いますが、一般的にこの手のポイント調査は広告主に問い合わせをする等の手間が発生して時間がかかるものなのでその点を考慮すれば十分に満足できる早さだったと個人的には思います。

しかも、今回問い合わせをしたのはたったの50ポイント(5円)の広告です。

このような小額の広告でさえもきちんと対応してくれることが証明されたわけですので、今後i2iポイントで万が一ポイントが付かない事故が発生しても安心してポイント調査をお願いすることができるのではないでしょうか。

もちろん最初からきちんとポイントを獲得できるのが一番なのです。

しかし、i2iポイントに限らず絶対に事故が発生しないということは絶対にあり得ません。

従って、もしものときの対応が信頼できるかどうかという点はポイントサイトを選ぶ上で極めて重要な要素の一つになると思います。

まとめ

単にポイントが欲しいというよりは運営を試すような気持ちが大きかったのでちょっと申し訳ないなとは感じていましたが、最終的に広告を承認してくれて非常に嬉しく感じています。

金額的に非常に少額(50pt = 5円)な案件であってもきちんと対応してくれるのであれば高額案件(例えばクレジットカード発行やFX口座開設など)の際の対応にも期待が持てることが分かったからです。

万が一のことを考えると他サイトとi2iポイントの還元ポイントが僅差なら安心感のためにi2iポイントを優先的に利用する根拠にもなるのではないかなと思います。

コメント