ライフメディア経由の楽天カード発行で計20,000円のポイント還元!
詳細はココをクリック!

ゲットマネー総額500万ポイント山分けキャンペーン実施中!

ポイントサイトGetMoney!(ゲットマネー)にて総額500万ポイント(50万円分)の山分けキャンペーンが実施中です。

以下、詳細です。

総額500万ポイント山分けキャンペーンの詳細

ゲットマネー総額500万ポイント山分けキャンペーン(2018年10月・11月)

キャンペーン期間

キャンペーンの開催期間は

  • 開始 : 2018年11月01日(木)
  • 終了 : 2018年11月30日(金)

の1ヶ月間です。

※2018年10月にも同様のキャンペーンが開催されていましたが、既に11月なので10月分については触れません。

参加方法(条件) & 特典

当キャンペーンに参加する方法は

  1. 対象広告を利用してポイントを一定額以上貯める(通帳明細に記帳されればOK)
  2. エントリーボタンを押す

となっています。

ただ、山分けには2コースあってそれぞれ対象広告や必要なポイント数が異なります。

各コースの条件をクリアすれば両コースにエントリーすることも可能です。

山分けポイントの付与時期はエントリーから約3ヶ月後です(11月エントリーなら2月)。

100万ポイント山分けに参加する場合

100万ポイント(10万円)の山分けに参加するときはポイント表記が「%」の広告を利用して1,000ポイント(100円分)を貯める(= 通帳明細に記載される)必要があります。

ゲットマネー100万ポイント山分け

「%」表記なので繰り替えし利用可能なショッピング系の広告が多いです。

400万ポイント山分け

400万ポイント(40万円)の山分けに参加するときはポイント表記が「Pt」の広告を利用して5,000ポイント(500円分)を貯める(= 通帳明細に記載される)必要があります。

ゲットマネー400万ポイント山分け

「%」表記と異なり、1度しか利用できない無料会員登録や銀行口座開設といった広告が多いです。

無理に参加する必要のないキャンペーン

結論から言うと、別に無理して参加する必要のないキャンペーンだと思います。

理由としては、

  • 山分けキャンペーン自体がオススメではないから
  • 結果が出るまで貰えるポイントが分からないから

といった点が挙げられます。

前者については当サイトでは度々言及していますが、山分けポイントのキャンペーンは例え原資(今回は10万円 or 40万円)が多かったとしても実際に手元に届く金額はごく僅かであることが多いです。

要するに儲からないということです。

儲からないキャンペーンに参加する理由が存在しないことは明らかでしょう。

後者についてはゲットマネーでの広告利用がお得かどうかが事前に分からないという点が厄介です。

例えば、とある広告(ここでは広告Aとします)を利用して400万ポイントの山分け(がっつりコース)に参加する場合、

ゲットマネーの広告Aの還元額 + 山分けpt > 他サイトの広告Aの還元額

という不等式が成り立つなら広告Aを利用して当キャンペーンに参加する価値があると判断できます。

しかし、山分けポイントのキャンペーンは結果が出るまでいくら貰えるのかが分からないため、上記のような不等式を利用して事前に客観的な判断を下すことができないという大きな問題があります。

ギャンブルとして参加するつもりなら止めはしませんが確実に儲けたいのであれば山分けキャンペーンは避けた方が無難なのです。

利用予定の広告があるならついでに参加を

ただし、絶対に参加する価値がないキャンペーンというわけでもありません。

たまたま何かの広告を利用する予定だったのであればついでに参加するのは全然悪くないと思います。

通常であれば広告の還元ポイントしかもらえないところ、追加でポイントを貰えるのであればそれが小額の山分けポイントであっても嬉しいことは間違いないからです。

まとめ

冷静に考えると山分けポイントのキャンペーンはお得感が皆無なのですが色々なポイントサイトでは結構頻繁に開催されている印象です。

やはり山分けポイントの原資が「総額○百万ポイント(または○万円分)」といった感じで総額表記にすることで一見するとお得感があるように感じてしまうあたりに理由があるのでしょうか。

個人的には山分けキャンペーンに積極的に参加することはまずないと思いますが、興味がある方はよく検討してみて下さい。

コメント