ゲットマネーのお知らせ「ポイントの不正取得に関するご注意」について

ポイントサイトゲットマネーに、7/4付で「ポイントの不正取得に関するご注意」というお知らせが掲載されています。

ポイントの不正取得に関するご注意(一部抜粋)

一部のユーザー様で下記のような行為を行っていることが報告されております。

・入退会を繰り返しながら同じ案件でポイント取得をしてる
・ポイント交換先申請の際、同一の銀行口座を使用している
・登録情報の氏名が同一

https://dietnavi.com/pc/news/detail?id=140

お知らせのタイトルの通り、不正な方法でゲットマネーを利用している悪質なユーザーがいるという内容です。

内容を読む限りだと明らかに意図的にやらなければ実践的内容な行為の他、うっかりやってしまうかもしれない行為も記載されているため、当記事で簡単に解説していきたいと思います。

ポイントサイトにおける不正行為について

今回のお知らせで禁止されている行為はゲットマネーだけではなく他のポイントサイトでも同様に禁止されています。

従って、以降ではポイントサイト全般の話として進めていきます。

複数アカウントは厳禁

まず、ポイントサイトでは1人1アカウントが大原則であり1人で複数アカウントを取得することは厳禁です。

どこのポイントサイトでも利用規約もしくはFAQ(よくある質問)のどちらかに必ず明記されているはずだと思います。

ゲットマネーのFAQ

例 : ゲットマネーのFAQ

「簡単にポイントを稼ぐ方法」を検討するときに「1人で沢山アカウントを作って色んな広告を利用すればかなり儲かるのでは?」と考えることは一度くらいあるかもしれませんが、そのような行為は不正行為に該当するため絶対に止めましょう。

また、利用規約云々の以前の話として、常識的に考えて複数アカウントが禁止されていることはポイントサイトの趣旨的に自明です(複数アカウントOKだと1人で同じ広告を繰り返し利用できてしまうためポイントサイトとしては破綻しています)。

従って、複数アカウント取得は意図的にやらなければ発生しないことであり不正行為の中でも特に悪質性が高いと思います。

家族アカウントの代理取得もNG

「1人1アカウントのみ」という話になると「じゃあ、自分以外の家族の分を取得するのは良いよね?」という発想が出るかもしれません。

しかし、家族のアカウントはあくまでも家族のためのものであり、あなたのためのものではないため代理で取得するのもアウトです。

運営目線では本当に家族全員で利用しているのか1人が家族分のアカウントを使い分けているのかを判別することが困難だと思われるため実践してもバレることはないと思いますが、いくら「家族のアカウントなので不正行為ではありません!」と主張したとしても利用実態が「1人で(家族の分と称して取得した)複数アカウントを使い分けている」のであればグレーゾーンを通り越して真っ黒ではないでしょうか。

ポイントサイトでは家族の登録や家族に対する友達紹介を推奨しているところも多いですし、友達紹介に関しては当サイトでも「家族に紹介しましょう!」という趣旨の記事を多数投稿しています(以下はその例の一つ)。

ゲットマネーの友達紹介制度の特徴と稼ぎ方のコツ・家族紹介で稼ぐ方法など
ポイントサイト「ゲットマネー」の友達紹介制度が2018年4月にリニューアルされました。 今までの不満点が大きく改善されており、今後は友達紹介制度の使い勝手が大幅に向上しそうです。 当記事ではリニューアル後の友達紹介制度について解...

しかし、「家族のアカウントは家族のもの」という大前提があるため自分の都合の良いように解釈すべきではないと思います。

他人名義の口座への振り込みは禁止

ポイントサイトで換金する際、登録している氏名(= 本人名義)以外の名義の銀行口座へ入金することができませんし禁止されています。

これは単に複数アカウントを取得して稼ぐことを困難にするためだけではなく、万が一第三者に不正ログインされてしまった場合にポイントを引き出されてしまわないようにする効果があります。

「換金は本人名義の口座のみ」というルールはポイントサイトの利用歴がある程度長い人にとっては常識かもしれませんが、ポイントサイトにあまり馴染みがない初心者ユーザーは家族全員のアカウントのポイントを集約するため悪意なくやってしまう可能性があるため注意が必要です。

例えば夫婦でポイントサイトを利用した上で両アカウントに貯まっているポイントを換金して貯蓄用の口座に直接入金したい、といった状況は普通にあり得ると思います。

しかし、ポイントサイトのルール的には絶対にやってはいけない不正行為です。

面倒ですが、一旦それぞれの口座に入金した後にそこから目的の口座へ移動させましょう。

他の交換先も同様だと思われる

ちなみに、現金と同様に他の様々な交換先も本人宛以外はNGだと思われます。

例えば、Tポイントやnanacoなどの各種ポイントや電子マネーに交換するときにはカード番号を入力する必要があります。

当該のカード番号には名義こそ含まれていませんが他人と重複することのない一意の番号であるため、複数のアカウントから同一のカード番号宛にポイント交換をすると「異なるアカウントから1人の元にポイント交換している」ということが調べればすぐに分かります。

さすがに利用規約やFAQなどには各種ポイントや電子マネーへの交換の際の扱いにまでは言及されていないのですが、「換金は本人名義の口座のみ」の理由を考えると他の交換先も同様に本人以外は禁止されていると考えるのが妥当ではないかなと思います。

まとめ

不正行為に対する運営の言及はときどき目にしますが、個人的には「本当にやる人がいるんだな。」と毎回驚かされます。

手間や労力を考えるととても割に合うものではないのであまりやる意味があるようには思えないのですが・・・

不正行為をするくらいなら当サイトのように友達紹介に力を入れることをオススメしたいところです。

コメント