アンとケイトの攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

アンとケイトの基本情報

アンとケイトの基本情報
アンとケイトの
特徴
  • アンケートの配信数が多い
  • 事前調査・本調査一体型のアンケートが多い
  • 最低ポイントが高い
  • スマホ用アプリ「ポケットアンとケイト」がある
運営会社株式会社マーケティングアプリケーションズ
(2015年1月までは株式会社ボーダーズ)
本社所在地〒160-0022
東京都新宿区新宿1-28-11 KOSUGIビル7F
SSL導入済み(常時SSL)
プライバシーマーク取得済み
JMRA正会員として加入済み
※JMRA = 日本マーケティング・リサーチ協会
ポイントの価値
(交換レート)
1ポイント = 1円
交換先
  • 現金(楽天銀行・ジャパンネット銀行・その他銀行)
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • ドットマネー
  • PeX
  • 寄付(日本赤十字社・ユニセフ)
最低交換額300ポイント(300円)から
※寄付のみ100ポイント(100円から)
ランク制度なし
ポイント有効期限年1回のモニタ登録情報の更新手続きを行わなかった場合は失効
スマホからの利用スマホ用アプリ「ポケットアンとケイト」がある
年齢制限7歳以上(未成年は保護者の許可が必要)
家族の登録可能(別々のメールアドレス・銀行口座が必要)

アンとケイト

https://www.ann-kate.jp/

アンとケイトの特徴

アンケートの配信数が多い

アンとケイトはアンケートの配信数が多く、日に5通以上届くときもあります。

アンとケイトのアンケート数は多い

配信数は最も稼ぎやすいサイトであるマクロミルに匹敵しますので、每日コツコツとアンケートに取り組んでいきたい人には最適だと言えます。

ただ、配信数が多いため、回答をサボると未回答のアンケートがたくさん溜まってしまいますので注意が必要です。

事前調査・本調査一体型のアンケートが多い

事前調査・本調査(事前アンケート・本アンケート)がひとつになった一体型のアンケートが多いです。

アントケイトは事前アンケートと本アンケートの一体型アンケートが多い

上記の画像でポイント数に「2~53」のように幅があるものは全て一体型のアンケートで、回答する内容次第で本調査に進むことができるため一度に多くのポイントを獲得することが可能です。

事前調査と本調査が別々に配信されるよりも手間がかからないというメリットがあります。

最低ポイントが高い

事前調査のみのアンケートは最低ポイントが3ポイント(3円)に設定されています。

アンとケイトの最低ポイントは3円

他のアンケートサイトでは事前調査の報酬額は1~2ポイントがほとんど(稼ぎやすいマクロミルでさえ2pt)ですので、3ポイントは高めの設定であることが分かると思います。

また、最低ポイントが2ポイントである一体型アンケートにて事前調査で終了してしまった場合にも、何故か2ポイントではなく3ポイントを貰うことができます。

アンとケイトのアンケートの最低ポイント

左 : 配信アンケート一覧
右 : ポイント獲得履歴
※同じ行は同じアンケート

従って、アンとケイトのアンケートにおける実質的な最低ポイントは3ポイント(3円)という高い金額であると見做すことができるため、非常に稼ぎやすいアンケートサイトであると言えます。

スマホ用アプリ「ポケットアンとケイト」がある

スマホ用のアプリとして「ポケットアンとケイト」が公開されています。

2択のアンケートで副業できる ポケットアンとケイト

2択のアンケートで副業できる ポケットアンとケイト

Marketing Applications, Inc.無料posted withアプリーチ

基本的な機能なパソコンやスマホのブラウザでアンとケイトのサイトにアクセスせずにアンケートに回答できるというものですがアプリ限定のデイリーアンケートやボーナスアンケートなどがあるので普通にアンとケイトのサイトにアクセスするよりもポイントを稼ぎやすいというメリットがあります。

アプリの詳細については以下の記事をご参照下さい。

ブログカード
ブログカード
ブログカード
ブログカード
ブログカード

アンとケイトは危険?安全?

運営会社と運営歴について

アンとケイトを運営しているのは株式会社マーケティングアプリケーションズです。

株式会社マーケティングアプリケーションズ

https://mkt-apps.com/

事業内容としてはリサーチ業務やそれに伴うデータの収集・分析などを手がけているようです。

JMRA(日本マーケティング・リサーチ協会)の正会員でもあります。

日本マーケティング・リサーチ協会 | JMRA会員について | 会員社得意分野検索詳細

http://www.jmra-net.or.jp/membership/regular/tabid155.html?pdid=89

アンとケイト自体は少なくとも2005年2月には運営がスタートしています(利用規約の附則より)ので、10年以上に渡って運営されていると判断できます。

それだけ息が長いということは真摯な運営が長く続いている証ではないでしょうか。

SSLとプライバシーマークを取得済み

アンとケイト(株式会社マーケティングアプリケーションズ)は

  • SSL(通信を暗号化する技術)を導入済み
  • プライバシーマークを取得済み

という特徴もあります。

従って、個人情報漏洩の危険性は限りなく低く、安心・安全に利用することが可能です。

ポイント交換について

アンとケイトのポイント交換先は以下の通りで手数料無料です。

アンとケイトのポイント交換
交換先最低交換pt交換レート交換時期
交換前交換後
現金
(楽天銀行・ジャパンネット銀行)
500pt500pt500円翌月20日~末日
現金
(その他銀行)
1,000pt1,000pt1,000円翌月20日~末日
Amazonギフト券300pt300pt300円分3週間以内
iTunesギフト券500pt500pt500円分3週間以内
ドットマネー by Ameba300pt300pt300マネー3週間以内
PeX500pt500pt5,000PeXpt翌月末
寄付
(日本赤十字社・ユニセフ(国連児童基金))
100pt100pt100円不明(記載なし)

ラインナップは悪くないのですが全体的に交換完了まで時間がかかるのが欠点です。

オススメの交換先はポイント交換に対する考え方によって以下のように変わります。

現金のみに交換するとき

現金以外には興味がないならジャパンネット銀行一択です。

というのも、ジャパンネット銀行を指定して換金する度に10ポイント(10円)を貰えるからです。

ジャパンネット銀行へ換金する度に10ポイント(10円)を貰える

10円分の少額ではありますが、楽天銀行や他の金融機関を選ぶよりも少しお得なので現金目当てならジャパンネット銀行以外の選択肢はありません。

現金以外にも交換するとき

現金を含め色々な交換先を選びたいならポイント合算サイトのドットマネーもしくはPeXがオススメです。

.money(ドットマネー)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価
.money(ドットマネー)は株式会社サイバーエージェントの子会社が運営しているポイント合算サイトです。 複数のお小遣いサイトで稼いだポイントを一つにまとめられるだけでなく、 お小遣いサイトからドットマネーへ交換するときに増量す...
PeXの攻略方法・稼ぎ方と評判・評価
PeXは株式会社VOYAGE MARKETINGが運営するポイント合算サイトです。 最近は同じくポイント合算サイトであるドットマネーに押され気味ではありますが、豊富な交換先を武器にまだまだその存在感を示しています。 PeXの基本...

これらのサイトを経由することで電子マネー・ギフト券・各種ポイント・航空マイルなど多種多様な交換先を選べるようになるからです。

双方のサイトにはそれぞれ以下のような特徴があるので適宜使い分けをしましょう。

ドットマネー
各交換先への交換手数料が無料(現金を含む)。一部交換先は交換レートが良い。主要な電子マネー・ギフト券などは一通り揃っているが、交換先の総数は少ない。
PeX
交換の度に20pt(20円)を貰える。交換先が豊富なのでドットマネーにはない交換先にも対応できることが多い。現金など一部の交換先は手数料がかかる。

まとめ

アンとケイトはアンケートの配信数が多く最低ポイントも高いため、稼ぎやすくオススメのアンケートサイトであると感じています。

また、新規登録時に簡単なアンケートに回答するだけで50ポイント(50円)をいきなり貰えるので初回は残り450ポイント(450円)を稼ぐだけで換金できる点も評価できます。

アンとケイトの新規登録キャンペーン

個人的にはマクロミルに似ているアンケートだと感じており、マクロミルが合う人はアンとケイトも合うはずですので是非登録してみて下さい。

アンとケイト

https://www.ann-kate.jp/

コメント