ライフメディア経由の楽天カード発行で計20,000円のポイント還元!
詳細はココをクリック!

げん玉は「お買い物ポイント保証制度」で安心・安全にショッピングできる!

ポイントサイト経由で買い物をするとポイント還元があってお得なので有効活用している人は多いと思います。

ただ、その際に問題となるのが「ポイントサイトを経由したはずなのに通帳に記載されない・ポイント還元されない」という事故です。

この手の事故が発生する理由は色々ありますが、げん玉を含む大手のポイントサイトであってもときどき発生してしまう頭の痛い問題となっています。

しかし、げん玉においては「お買い物ポイント保証制度」といういつでも安心安全にショッピングをすることができる救済制度が用意されています。

以下ではお買い物ポイント保証制度の詳細を解説していきます。

お買い物ポイント保証制度とは?

げん玉は「お買い物ポイント保証制度」

げん玉の「お買い物ポイント保証制度」の詳細は以下の通りです。

対象広告

「お買い物ポイント保証制度」のはショッピングの広告を対象とした保証制度です。

「ショッピング」とは、楽天市場・Yahoo!ショッピングなどを始めとする通販サイト全般だと認識しておけば良いと思います。

制度の対象となる広告の詳細ページの右上には「保証」マークが付いているのでひと目で対象かどうかが分かります。

げん玉の「お買い物ポイント保証制度」の対象広告

逆に言うと「保証」マークが付いていない広告は制度の対象外です。

また、広告一覧ページでは各広告の左上に「保証」マークが付いてるのでそこから判断することもできます。

げん玉の「お買い物ポイント保証制度」の対象広告

「商品購入」カテゴリの広告一覧ページの例

あくまでも

適用条件

対象広告であればポイントが付かないときに100%救済してくれるかと言うとそういうわけではなく適用条件がいくつかあります。

げん玉にログインした上で対象広告を経由している
広告を経由したのにポイントが付かない理由として「実は他のポイントサイトを経由したことになっていた。」というケースがたまにあります(各サイトでクリックポイントに取り組んでいるとありがち)。この場合はげん玉が救済してくれることはありません。
サービス利用日から換算して120日以内
120日以上を経過した場合は対象広告であっても適用外となります。
げん玉を経由した後、サイトを離脱することなく登録・商品購入が完了している
経由後に一旦サイトを離脱すると「経由自体がなかったことになる」ため適用外となります。また、2回以降連続で買い物をするときはその都度げん玉を経由する必要があります。
登録完了・購入完了メールを保持している
これらのメールを紛失・破棄しているとサービスの利用や商品の購入を証明できないため対象外となります。

いずれも難しい内容ではありませんので、広告を利用するときは

  • 購入時には確実にげん玉を経由する
    (ブラウザのタブ全て閉じてげん玉だけを開いて置くと良い)
  • 一旦広告を経由したらそのまま最後まで買い物を完了させる
  • 登録完了・購入完了メールは捨てずにとっておく
    (誤って破棄することを防ぐために保護しておくと良い)
  • 万が一ポイントが付かないときは速やかに保証を申請する(申請方法は後述)

といったことを心がけておけば良いと思います。

申請方法

制度の適用を申請するときは、まず「お買い物保証制度」のページを開きます。

お買い物ポイント保証制度|ポイントサイトのげん玉

https://www.gendama.jp/shopping_point/

続いて、ページ下部の「お買い物保証申請」をクリックします。

げん玉の「お買い物ポイント保証申請」ボタン

申請フォームの「ご購入日時」・「ご購入サービス名」・「ご購入金額」・「購入完了メール本文(全文)」を入力してフォーム最下部の「個人情報保護方針に同意して申請」をクリックします。

げん玉の「お買い物ポイント保証申請」の申請フォーム

入力フォームから上記の情報を送信したら申請手続きは完了ですが、各フォームの入力内容は以下の点に注意しましょう。

ご購入日時
購入完了メール記載の決済日時やメールの受信日時をもとに正確に記入しましょう。「○年○月○日」だけではなく「○時○分」までしっかり記入すべきです。
ご購入サービス名
げん玉に掲載されている広告名をコピペして入力しましょう。例えば楽天市場で通販したなら「楽天」や「楽天市場」ではなく「楽天市場 (楽天株式会社)」がげん玉における正式な広告名です。合わせて広告ページのURL(楽天市場なら「https://www.gendama.jp/service/item/4486」)も記入すると分かりやすいです。
ご購入金額
購入完了メール記載の金額を正確に記入しましょう。コピペするだけでOKです。
購入完了メール本文(全文)
購入完了メールの中身をまるごとコピペするだけでOKです。

こちらから提供する情報が詳細・正確であればあるほど調査は早く進みますし、逆に不正確だったり間違いがあると時間がかかりますので面倒臭がらずにきちんと入力すべきです。

申請後はげん玉の運営から返信があるのを待ちましょう。

広告主への問い合わせは厳禁

「お買い物保ポイント証制度」は万が一の事故を救済してくれるため非常にありがたい制度なのですが、調査・ポイント付与までは最長で90日程度の時間がかかる場合があります。

げん玉の「お買い物ポイント保証申請」の注意事項

げん玉の「お買い物ポイント保証申請」の注意事項

「げん玉を経由したはずなのにポイントが付かない!」という状況下で「ポイント付与までに3ヶ月かかるかもしれないから気長に待っててね♪」と言われるとイラッとくることもあるかもしれません。

しかし、だからといって広告主へポイント付与に関する問い合わせを絶対にしてはいけません。

というのも、ポイント付与に関するサービスはあくまでもげん玉が独自に提供しているサービスであり広告主のサービスとは無関係だからです。

ポイントサイトで「広告主への直接問い合わせ」はダメ。ゼッタイ。
ポイントサイトを利用する上で絶対にやってはいけないことの一つに「ポイント付与などに関して広告主に直接問い合わせを行う」ということが挙げられます。 これを行ってしまうと、理由の如何に関わらず最低でも無条件でポイント却下、最悪アカウント停止と...

業務とは全く関係のないことで広告主(げん玉にとっては広告費をくれるお客さん)の手を煩わせることはげん玉にとってはあってはならないことですので、万が一広告主へ問い合わせをしてしまうと

  • 最低でも問答無用でポイント却下
  • 最悪の場合はアカウント停止(退会処分)

といった厳しい処分が下されることとなります。

げん玉の各広告に記載されている「広告主への問い合わせ」に関する注意事項

げん玉の各広告に記載されている「広告主への問い合わせ」に関する注意事項。
「広告主によっては」という文言があるので相手次第なのかもしれませんが、万が一のときのリスクが大きすぎるので広告主への問い合わせは一切行わないのが無難です。

これはげん玉に限らずどこのポイントサイトを利用する上でも注意しなければならないことなので覚えておかなければなりません。

「保証制度あり = 親身に対応してくれる」の方程式

先述の通り、げん玉の「お買い物ポイント保証制度」はショッピング系の広告のみが対象であり、逆に言えばサービス系(無料会員登録・スマホの公式サイト等)は保証制度の対象外であるということです。

※以下、100%私見です。根拠は特にありません。

しかし、だからといって「サービス系の広告 = ポイントが付かないときは絶対に救済されない」と判断するのは早計だと思います。

というのも「お買い物ポイント保証制度」はげん玉がサービス向上やユーザーの利便性を高めるために用意している制度であり、すなわちげん玉にはサービスの質を改善したいという心構えがあるということだからです。

つまり、そういった心構えがあるげん玉なら万が一「お買い物ポイント保証制度」の対象外の広告でポイントが付かない場合でも親身になって対応してくれる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

もちろん親身になって対応してくれたとしても制度対象外の広告が必ずしも救済されるとは限りませんが、逆に「制度対象外 = 絶対に救済不可」という機械的な判断がなされるとも到底思えません。

そのようなことを考えると「お買い物ポイント保証制度」があるげん玉はどのような広告であっても安心・安全に利用できる(しやすい)ポイントサイトだと言えるのではないかなと思います。

まとめ

ポイントサイトを利用する上で「広告を利用したけどポイントが付かない」という事故は付きものです。

私も過去に何度か(何度も?)遭遇してしたことがあります。

一切発生しない方が良いのは当然なのですが現実的にはどうしても避けられない・発生してしまうものなのでポイントサイトを利用する上では「事故が発生しない」ことよりも「発生した後の対応」の方がずっと大事だと思います。

そういう意味において、「お買い物ポイント保証制度」を掲げているげん玉は「発生した後の対応」が優れていることが明らかなので「万が一ポイントが付かなかったらどうしよう・・・」という不安な気持ちを抱えることなく利用できる優秀なポイントサイトだと言えます。

コメント