Google Tag Managerで友達紹介の成約率を推測しやすいポイントサイト・そうでないサイト

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

前回、Google Tag Managerで外部リンクのクリック数を計測する方法という記事を書きました。

標準ではブログ・サイト内のどこの友達紹介URLがクリックされているのか分からないものの、Google Tag Managerを導入すれば既存のリンクを修正せずとも計測できるようになるという内容です。

本当はクリック数だけでなく成約率まで計測できれば良いのですが、それは仕組み上無理ですので成約率については諦めるしかありません。

ただ、ポイントサイトによってはクリックされた後に成約しているかどうかをある程度推測することが可能だったりします。

今回はその点について解説していきます。

成約率を推測しやすいポイントサイト

単刀直入に言うと、友達紹介URL経由で新規会員登録した直後に友達人数にカウントされるポイントサイトは成約率を推測しやすいです。

前提として、ポイントサイトの友達人数の増減を日々チェックする必要がありますが、逆に言えば友達人数さえ把握していれば簡単に計算できます。

例えば、とあるポイントサイトの1ヶ月間に関して

  • クリック数 : 200回
  • 成約数 : 20人

だとすれば、その日の成約率は10%だと予想できます。

もちろん、クリックした後は一定時間クッキーが有効である(と思われる)ので成約数の中には「先月末に友達紹介URLをクリックした直後には会員登録しなかったが、今月に入ってから直接ポイントサイトを訪問して新規登録した」という友達が含まれていないとは言い切れません。

しかし、大体の成約率が分かれば良いのでこちらで把握できないようなケースはザックリ処理してしまって良いと思いますし、ひと月単位での集計なら数日程度の誤差は無視してしまっても計算結果に大きな影響は出ないはずなので問題ないでしょう

※逆に1日単位で成約率を計算しようとすると誤差が大きくなります。

該当するポイントサイト

主要なポイントサイトのうち、以下のポイントサイトはユーザーが新規会員登録をした直後に友達人数にカウントされる(と思われる)ので上記の通り成約率を計算しやすいです。

※以下、電話番号認証が必要なサイトもありますがハードルが低いので無視します。

モッピー・モバトク
友達が会員登録をするとすぐに友達人数が増えてメールで通知が来ます。友達紹介報酬の付与は友達が最低交換額の300円分を貯めた後です。
ハピタス
友達が会員登録するとすぐに友達人数が増えます。通知等は特にありません。ハピ友ポイントの付与は友達の初回交換後です。
げん玉
友達が会員登録するとすぐに友達人数が増えます。通知等は特にありません。友達紹介報酬の付与は友達の初回交換後(最低交換額300円)です。
ちょびリッチ
友達が会員登録するとすぐに友達人数が増えます。通知等は特にありません。友達紹介報酬の付与は友達が何らかの方法(広告利用だけではなくゲームやクリックポイントも含む)で登録月の月末までに1ポイント以上を稼いだ後、翌月にまとめて行われます。
i2iポイント・Gamoney
友達が会員登録をするとすぐに友達人数が増えてメールで通知が来ます。友達紹介報酬は会員登録直後に貰えます。
お財布.com
友達が会員登録するとすぐに友達人数が増えます。通知等は特にありません。友達紹介報酬の付与に条件はありません(付与は翌月にまとめて)。
ゲットマネー
友達が会員登録をするとすぐに友達人数が増えてメールで通知が来ます。友達紹介報酬はありません(2ティア報酬のみ)。
ECナビ
友達が会員登録すると翌日に友達人数が増えます(友達人数は1日遅れで反映される)。通知等は特にありません。友達紹介報酬の付与は友達の初回交換後(最低交換額300円)です。

成約率を推測しにくいポイントサイト

逆に、友達が新規会員登録してから実際に友達人数にカウントされるまでのタイムラグが大きいポイントサイトは成約率を推測しにくいです。

例えば、ポイントインカムでは友達が3件の広告を利用した時点で初めて友達の人数が増えるのですが、過去の私の経験上では登録後半年以上が経過してからようやく友達人数の集計対象となる方が少なくありませんので、日々のクリック数との突き合わせだけで成約率を求めることはほぼ不可能です。

しかし、短期的には難しくても長期間に渡ってクリック数のデータを取り続ければある程度有効な成約率は推測できると思います。

ブログ・サイトのアクセス数が大きく増減するほど誤差が大きくなってしまいますがが、アクセス数がある程度一定なら記事の質がよほど変化しない限りはクリック数や成約数はほぼ同じ水準で推移するはずですだからです。

従って、直近1年間のデータが

  • クリック数 : 1,200回(= 100回/月)
  • 成約数 : 120人(= 120人/月)

であれば、毎月の成約率はおおよそ10%前後だと考えても支障ないでしょう。

今すぐ知りたい情報を知ることができないのは欠点だと言えますが、時間をかけてデータを蓄積すればもともと不明だった数値が可視化されるのでメリットはそれなりにあると思います。

該当するポイントサイト

上記に該当する主なポイントサイトは以下の通りです。

「リアルタイムで友達人数にカウントされない」という点は共通ですが、サイトによって友達人数にカウントされるまでの期間に結構バラつきがあると思われます。

ポイントタウン
友達が電話番号認証後半年以内に150円分のポイントを稼ぐと友達人数にカウントされる。そのタイミングで友達紹介報酬の500円を貰える。
ポイントインカム
友達が登録後、3件の広告を利用して承認になると友達人数にカウントされる。そのタイミングで友達紹介報酬の500円を貰える。2017/6時点では友達紹介報酬の付与条件が少し緩和されている。

まとめ

Google Tag Managerのおかげでクリック数を計測できるようになったのは大変喜ばしいですが、一番大事な成約率はどうしても計測することができないため自分でアレコレと推測するしかありません。

しかし、ポイントサイトごとの友達紹介制度の特徴を理解した上で推測しなければ意味のあるデータにはなりませんので、上記の通り考えてみた次第です。

これが絶対正しいというつもりはありませんし他にもっと良い方法・考え方があると思いますが、参考にはなるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です