各ポイントサイトのお買い物保証制度の比較

お買い物保証制度とは?

お買い物保証制度は

  • 広告を利用した後、通帳に明細が記載されない
  • 広告を利用して通帳に明細が記載されたがポイントが有効にならない

など、「広告を利用したのにポイントを貰えない」という事態に陥ったときにポイントを保証してくれる制度です。

ハピタスの「お買い物あんしん保証」

例 : ハピタスの「お買い物あんしん保証」の概要

優良なポイントサイトであってもこの手の事故はどうしても発生してしまうものなので、保証制度があるポイントサイトなら安心して広告を利用することができるというメリットがあります。

制度の適用を申請する際はお問い合わせフォームまたは専用フォームを利用します(サイトにより申請方法は異なります)。

ショッピング系の広告のみが対象

ただし、全ての広告が対象となるわけではなく通販サイトで実際に商品を購入するような「ショッピング系の広告」のみが対象です。

逆に言えば無料会員登録・無料お試し登録・銀行口座開設などの「サービス系の広告」は軒並み対象外となっています。

また、多くのサイトでは当該広告には制度の対象であることを示す何らかのマークが表示されており、それ以外の広告に関してはたとえショッピング系の広告であっても制度対象外となります。

ゲットマネーのお買い物保証制度

例 : ゲットマネーの「お買い物保証制度」の対象広告

「保証制度があれば安心!」とは言っても万能な制度ではないことは理解しておきましょう。

「保証制度がない = 保証がない」ではない!

保証制度に関して注意しなければならないのは、保証制度がない・保証制度の対象外の広告だからといって絶対に保証されないわけではないという点です。

私自身、過去に何度か保証制度対象外の広告やそもそも保証制度自体が存在しないポイントサイトで運営に保証をお願いしたことがありますが、いずれのケースでも後日きちんとポイントが保証されました。

もちろん全てのケースで必ずしもポイントが保証されるかどうかは別問題です。

しかし、保証制度の存在自体は万が一の際の救済措置を明示することでユーザーに安心感を与えることが主な目的であると思いますので、実際には保証対象外の広告や保証制度がないポイントサイトであっても然るべき手続き(= 指定の方法で運営に申請する)を行えば広告のポイントが保証されるケースは多いと考えれます。

また、逆に保証制度があるサイト・保証対象の広告であっても申請内容に不備がある等の理由により保証されないことも当然考えられるため、各ポイントサイトの制度内容をしっかりと理解して正しく適用申請を行なうことが大切です。

各ポイントサイトのお買い物保証制度

各ポイントサイトにおけるお買い物保証制度の詳細は以下の各記事をご参照下さい。

ポイントインカムは通常の「ショッピング系の広告」に対する保証制度だけではなく「スマホ公式サイト」のポイントを保証してくれる「公式サイト保証制度」があり、他のポイントサイトよりも保証の範囲がやや広くなっています。

ポイントインカムの「公式サイト保証制度」

ポイントインカムの「公式サイト保証制度」

まとめ

私の過去の経験を述べるなら、万が一広告利用後にポイントが付かない事態が発生した場合には保証制度の有無に関わらずきちんと問い合わせをすればポイントが保証されました。

そういう意味では保証制度の有無は実際にポイントが保証されるかどうかとはあまり関係ないような気がします。

しかし、保証制度があるポイントサイトだと広告利用前に「万が一ポイントが付かなかったらどうしよう・・・」という不安な気持ちがかなり抑えられるため安心感は段違いだと思います。