新規ドメイン取得から34ヶ月(2年10ヶ月)が経過した当サイトのアクセス数

当サイトは2015年7月9日に新規独自ドメインを取得してWordPressを設置し運営をスタートしました。

2018年5月9日で34ヶ月(2年10ヶ月)が経過しましたので、この1ヶ月(2018年4月9日~2018年5月8日)のアクセス数等について公開します。

過去(2~33ヶ月目)の記事については以下のリンク先をご参照下さい。

アクセス増加

前回の期間は2018年2月末~3月上旬のGoogle検索の大変動の影響によりアクセス数が大きく減ってしまっていましたが、4月上旬時点では以前の水準に戻っており現在でもその状態が続いています。

ただ、ゴールドウィークの10日前後はアクセス現象が著しかったためトータルでは大変動以前の水準には届きませんでした。

アクセス解析の数値

今回の期間のアクセス解析の数値は以下の通りです。

各項目の数値と増加率
各項目 前回の期間
(3/10~4/8)
今回の期間
(4/9~5/8)
増加率
ユーザー 24,920 26,701 7.15%
新規ユーザー 23,767 25,225 6.13%
セッション 29,082 30,789 5.87%
ユーザーあたりの
セッション数
1:17 1:15 -1.19%
ページビュー数 38,944 41,051 5.41%
ページ/セッション 1.34 1.33 -0.43%
平均セッション時間 1:13 1:09 -4.99%
直帰率 71.40 71.47 0.09%

ユーザー・新規ユーザー・セッション・ページビュー数がいずれも5%以上伸びているので前回よりアクセス数が増加していることは明らかです。

平均セッション時間が5%も減っている点が気になりますが、ユーザー数が増えると速攻でページを閉じる人も増えるはずなのでその分だけ平均が引き下げられたのだと思っています。

友達紹介も順調

アクセス数が回復し、友達紹介も過去最高の実績となりました。

2018年4月のお小遣いサイト副収入実績の公開
副収入実績 & 友達紹介実績 2018年4月の副収入実績 種別 サイト名 稼ぎ方 副収入実...

4月は250人/月を超えたことで300人/月が見えてきました。

5月はゴールデンウィーク期間中のアクセス減の影響で友達紹介のペースがやや落ちているせいでちょっと期待が持てないと思うのですが、早ければ6~7月くらいには300人超を達成できるかもしれません。

今後の予定について

今月はあまり書くことがないので当サイトの今後の予定について書きたいと思います。

今の予定としては、近いうちにサイトをリニューアルするつもりです。

テンプレート変更

まず、テンプレートを変更します。

テンプレートを変更するとHTMLの構造が大きく変わってしまって検索順位が急降下することもあるらしくちょっと怖いのですが、

  • 現在のテンプレートはだいぶ前に作られたものであり最近のインターネット事情(スマホユーザーの方が多い等)に適しているとは言い難い
  • カスタマイズの自由度などに物足りなさを感じる

などが理由です。

導入予定のテンプレートは現在利用している「Simplicity」の後継(Simplicity2)の後継である「Cocoon」です。

Cocoon | SEO・高速化・モバイル最適化済みの無料WordPressテーマ

https://wp-cocoon.com/

2018年3月に公開されたばかりで現在はまだβ版(要は不具合上等な状態)なのですが、試しにテスト用のサイトを作ってみたところ特に問題なさそうなので当サイトへの導入に向けて少しずつカスタマイズをしたりサイト構造などを考えているところです。

サイト機能とブログ機能の分離

現在、当サイトの記事の大半は「ブログ記事」として投稿しています(WordPress的には「投稿」)。

ブログ記事は基本的に何らかのカテゴリーに分類されており、例えばカテゴリー「モッピー」を覗くと過去に投稿したモッピーに関する記事の全てにアクセスすることができるようになっています。

これはこれで良いのですが、当サイトの記事は

鮮度が重要な記事
キャンペーン情報など、ある程度の時間が過ぎたら情報の価値が著しく落ちる記事
鮮度が重要ではない記事
各サイトのレビュー記事など、時間経過が情報の価値にあまり影響しない記事

の2種類に分かれているのにその全てを「ブログ記事」にしてしまっているところが洗練されていないと以前から感じていました。

というのも、鮮度が重要な記事は新しい記事を投稿したら古い記事が後ろに追いやられていく(= 古い記事は自動的に視界から消える)「ブログ記事」が適しており、鮮度が重要でない記事はいつでも同じようにアクセス可能な「サイト記事」が適しているからです。

そのような前提を無視して「ブログ記事」を濫用してる当サイトでは、例えば「モッピーのレビュー記事を読みたくてカテゴリー『モッピー』を開いたら過去のキャンペーンの記事が沢山表示されて肝心のレビュー記事へアクセスしにくい」といった問題点があります。

私自身もレビュー記事を読み返す際には辿り着くまで無駄に苦労をしています。

そこで、テンプレートの変更に合わせてキャンペーン情報などを扱う「ブログ」としての機能とレビュー記事などを扱う「サイト」としての機能を可能な限り分離したいと考えています。

そうすることで各記事へのアクセスのしやすさがかなり改善されることが期待できるからです。

過去に「投稿した「ブログ記事」については必要があれば「サイト記事」に変換する予定です(WordPress的には「投稿」を「固定ページ」に変換する)。

実を言うとこの変換もSEO的な悪影響がありそうなのでちょっと怖いのですが、今後も長期的にサイトを運営するならきちんと使いやすさを考慮したサイト構造にした方が良いと思うのでリニューアルに合わせて一気にやっってしまうつもりでいます。

コメント