各ポイントサイトの会員ランク制度の比較。オススメのサイトは?

会員ランク制度とは?

過去一定期間以内(過去6ヶ月間など)の「広告利用回数」や「獲得ポイント数」が一定条件を満たすと「会員ランク」が上がっていき、会員ランクに応じて以下のようなボーナス・特典をゲットできる制度のことです。

  • 広告利用時の獲得ポイントに数%のボーナスポイントが付く
  • ポイント交換先の交換レートが少し良くなる
  • 無料コンテンツが稼ぎやすくなる
  • etc

無理にランクアップする必要はない

特典を見る限りだと会員ランク制度は一見すると非常にお得な制度に思えるかもしれません。

しかし、一度ランクアップしても条件を満たせなくなったら簡単にランクダウンしてしまいますし、かといってランクアップ・維持のために広告利用を重ねるのは無駄が多く本末転倒(※)なので当サイトでは会員ランク制度はあまりオススメしていません。

※広告利用をする際には複数のポイントサイトを比較した上で一番多くポイントを貰えるサイトを経由することを最優先すべきです。

従って、ランク特典目当てに比較検討せずに広告を利用することは本末転倒であり絶対に避けなければなりません。

もちろん比較検討した結果、たまたま「会員ランクを上げたいサイト」と「ポイントが最高額のサイト」が一致しているなら問題ありません。

ランクダウンしないなら利用価値大

ただし、いくつかのポイントサイトの会員ランク制度は「一旦ランクが上がると(一定以下には)下がらない」という特徴を持っていることがあります。

そのような「上がったら下がらないランク制度」であればランク特典のメリットを常に享受できて利用価値が非常に高いので積極的に活用するのがベストです。

会員ランク制度を活用すべきポイントサイト

上記の通り、当サイトは基本的に「会員ランク制度は利用しなくても良い」というスタンスです。

しかし、以下のポイントサイトは常に一定以上の会員ランクを維持できる(= 特典・ボーナスが保証される)制度内容なので非常にオススメです。

ポイントインカム

ポイントインカムの各ポイントサイトのランク制度の中で一番オススメできます。

ポイントインカムの会員ステータス(ランク制度)は永久保証!
ポイントインカムの会員ステータス(ランク制度)について ポイントインカムの会員ステータス(ランク制度)には以下のような特徴があります。 4つの会員ステータス 会員ステータスは4段階となっていて、 会員ステータスに応じてポイン...

というのも、一度ランクアップしたら絶対にランクダウンしない仕組みだからです。

特典である「広告利用時のボーナスポイント」は最高ランク(プラチナ会員)でも7%なので他サイトに比べると低めですが、一度最高ランクになってしまえば以降は常に7%が保証されると考えれば十分過ぎるくらい優秀な水準だと思います。

ポイントインカムのランク制度のボーナスポイント

また、ポイントインカムは広告の還元率・ポイント数が高い上に広告利用することで+αでボーナスポイントを稼げるコンテンツ(全国ランキング特別企画など)が多く広告を利用する頻度も高くなりやすいのでボーナスポイントの恩恵を受けやすいというメリットもあります。

ちょびリッチ

ちょびリッチも利用しやすい会員ランク制度です。

ちょびリッチ会員ランク制度の評価!100%ポイント還元やモニター案件が超お得!
ポイントサイトのちょびリッチが2017年12月4日から会員ランク制度を新設しました。 広告利用回数・獲得ポイント数に応じてランクが上がっていき上位ランクほど特典内容が豪華になるという内容です。 普段は奇抜なキャンペーンの企画を実...

ポイントインカムのような「上がったら絶対に下がらない」わけありませんが、

  • 過去に1度でも最高ランク(プラチナ会員)になったことがある
  • ちょびリッチに登録してから1年以上が経過している

という2つの条件をクリアすればゴールド会員(5段階中の上から2番目)未満に落ちることはなくなるからです。

プラチナ会員からゴールド会員に落ちることは当然あるのですが、ゴールド会員を維持できれば「獲得ポイントに対する10%のボーナス」が常に保証されるので十分だと思います。

ちょびリッチのランク制度の特典

また、「過去に1度でも最高ランク(プラチナ会員)になる」という条件は100%ポイント還元のモニター案件を利用することで簡単に達成可能です。

従って、ちょびリッチに登録したらとりあえず最高ランクのプラチナ会員を目指して「ゴールド会員保証」をゲットするのがオススメです。

会員ランク制度を無視しても良いポイントサイト

上記以外のポイントサイトは残念ながら広告利用状況や獲得ポイント数などの条件によって会員ランクの上下が発生します。

頻繁にネット通販を利用する人なら経由するポイントサイトを1つに決めることでランクアップ・維持が可能なのでランク制度を利用するのも悪くないと思います。

実際、「ランクを維持できる前提なら」特典が結講美味しいポイントサイトもあるからです。

しかし、そのような限られたケースを除きランクアップ・維持のために無理に広告を利用するとランク特典で得られるリターンよりも広告の大量消費による損失(※)の方が大きくなるため無理にランク制度を活用しようとする必要はありません。

※先述の通り、広告利用をする際には複数のポイントサイトを比較した上で一番多くポイントを貰えるサイトを経由することを最優先すべきですが、無理に1つのポイントサイトに広告利用を集中させると「他サイトの方が貰えるポイント数が大きい」ケースが多々発生するため損をしてしまう機会が増えます。

まとめ

会員ランク制度はランク特典だけを見る限りだとどこのポイントサイトもお得に見えます。

しかし、ランクアップ・維持をしなければ特典を得ることはできませんし、現実問題として常に高ランクを維持するのは想像以上に難易度が高いです。

従って無理に利用するよりは

  • 会員ランクが(一定以下には下がらない)ランク制度を活用する
  • 簡単にランクアップできる範囲内で妥協する(最高ランクは目指さない)
  • 最初から利用しない

など、サイトごとの特徴などを踏まえた上で利用方法を検討することが大切だと思います。