新規ドメイン取得から35ヶ月(2年11ヶ月)が経過した当サイトのアクセス数

当サイトは2015年7月9日に新規独自ドメインを取得してWordPressを設置し運営をスタートしました。

2018年6月9日で35ヶ月(2年11ヶ月)が経過しましたので、この1ヶ月(2018年5月9日~2018年6月8日)のアクセス数等について公開します。

過去(2~34ヶ月目)の記事については以下のリンク先をご参照下さい。

アクセス数が大幅に減少

前回の期間はやや増加傾向でしたが今回は大幅減となりました。

具体的な数値の変化と理由は以下の通りです。

アクセス解析の数値

各項目の数値と増加率
各項目前回の期間
(4/8~5/8)
今回の期間
(5/9~6/8)
増加率
ユーザー27,66621,690-21.60%
新規ユーザー26,10720,370-21.97%
セッション31,88925,009-21.57%
ユーザーあたりのセッション数1.151.150.03%
ページビュー数42,59033,782-20.68%
ページ/セッション1.341.351.14%
平均セッション時間1:101:10-0.25%
直帰率71.3669.99-1.92%

見て分かるようにユーザー数・セッション数などが約2割も減少しています。

アクセス数が減少した理由について

過去記事を大量に削除した

まず、過去に投稿した記事のうちアクセス数が全くないものや少ないものを軒並み削除したことが挙げられます。

アクセスが少ないものは「少ない」といっても記事1件につき月に数回程度のアクセスはあったため、そういった記事の削除を積み重ねた結果大幅なアクセス減の一因となりました。

削除する際には結構悩んだのですが、

  • 初期に書いた記事なので内容が非常に薄い
  • 無料ゲーム系の解説記事が多い
  • 今さら書き直すような内容ではないものが多い(特に無料ゲーム系の記事)

といった事情によりバッサリと切り捨てました。

現状の当サイトには無価値であったこれらの記事を削除したことによるアクセス減は想定内なので特に問題視しておらず、むしろ無価値な記事が減ったことにより当サイトのコンテンツが相対的に改善されているはずなのでSEO的には効果があるのではないかと期待しているところです。

テーマ変更の影響

先日5/24にWordPressのテーマを変更しました。

Wordpressテーマ「Cocoon(コクーン)」を使ってサイトをリニューアルしました
2018年5月24日(木)にサイトをリニューアルしました。 見て分かりやすいところはテーマ(テンプレート)を変更した点ですが、それ以外にもサイトの構造などを色々と変更していますのでそのあたりも含めてリニューアルの経緯や実施した作業などにつ...

テーマ自体は「Coocoon」という最新のものなので最近のウェブ事情にはマッチしており以前使っていたものよりもSEO的には良くなっているはずです。

Cocoon | SEO・高速化・モバイル最適化済みの無料WordPressテーマ

https://wp-cocoon.com/

しかし、「テーマ変更 = サイト構造の大幅変化」であるため短期的には検索エンジンからの評価が大きく変わってしまうリスクが高いと言われており、実際当サイトではテーマ変更を境に一部の記事では大きく順位を下げているものがあります。

順位が著しく下落したキーワード

順位が落ちた一例
テーマ変更(5/24)以降の変動が分かりやすいと思います。

その点が当期間のアクセス減の原因になっていると思われます。

URL変更の影響

テーマ変更に合わせてレビュー系の記事をWordPressで言うところの「投稿」から「固定ページ」に変更をしました(変更の理由はこちらに記載の通り)。

それによってURLが以下のように変わりました。

変更前のURL
https://fuku.work/p=xxxxxx

変更後のURL
https://fuku.work/page_id=xxxxxx

WordPressでは記事のURLを変更しても自動的に301リダイレクトをしてくれるのですがその力をもってしても旧URLから新URLへ100%評価を引き継いでくれるわけではないらしいので、結果としてURL変更により順位を下げた記事が少なくありません(変更した記事全ての順位が下がったわけでもありませんが)。

競争の激しいキーワードで順位の下落が著しいのもそのためだと思われます。

順位が下がると人の目に触れる機会が減るため当然アクセス数も減少してしまうというわけです。

友達紹介がかなりヤバい

アクセス減の影響をモロに受けたせいなのか5月末~現在の友達紹介はここ最近では最低の水準です。

このペースでは今月は100人に到達するかどうかすら分からない状況であり、2017年12月から2018年5月まで続いていた200人超/月の記録が6月で途切れそうな予感です。

ただ、友達紹介人数の減少は単にアクセス数が減ったことよりもリニューアルに合わせてファーストビューへの友達紹介バナー(直リンク)の設置を止めたことが大きいように感じます。

ファーストビューに友達紹介バナー(直リンク)を設置していると興味を持った人をすぐにポイントサイトの新規登録画面へ飛ばせるので友達紹介が成立しやすいのですが、一方でSEO的には良くないと言われているため今回止めることにしました。

しかし、想定していた以上に影響が大きいようです。

現在は

  1. ファーストビューのバナーをクリックすると各サイトに関する記事を開く
  2. 当該記事の中の友達紹介バナーをクリックすると新規登録画面が開く

という二段階のステップが必要になるせいなのか、タグマネージャーの記録を見ても明らかに友達紹介バナーのクリック数が落ちているのでファーストビューの変更の影響が大きいことは間違いないと思われます。

短期的には元に戻した方が成果が出る可能性が高い一方でSEO的には今の状態を継続した方が良いので、今後どう対処しようか悩んでいるところです。

今後の予定

リニューアル作業の継続

リニューアルによりアクセス数が減少するのは想定内だったとはいえ実際に落ちると結構凹みます。

しかし、グダグダしていても仕方ないのでまだ終わっていないリニューアル作業を継続していきます。

具体的には

  • まだ手を付けていない記事を「投稿」と「固定ページ」へ仕分ける
  • 古くなった記事を修正したり他記事と統合したりする
  • 記事修正の際に画像サイズを小さくする

などです。

順位の変化を見守る

上記の作業を行いつつ、あとはもうひたすら順位の変化を見守り続ける予定です。

最終的には順位の決定は検索エンジン次第でありこちらにできることは特にないからです。

とりあえず元に戻ることが最低水準で、以前よりも若干上がってくれたりすると嬉しいのですが、今後どうなるかは全く予想がつかない状況です。

コメント