Amazonアソシエイトの審査に事後申請で一発合格した話

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

【2018/01/18まで】新規登録&ポイント交換で必ず1,000円!(登録手順はこちら!)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Amazonアソシエイトは事前審査が必要

サイトアフィリエイトの一つであるAmazonアソシエイトは、商品を紹介する前にサイトの審査が必要となります。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約 「2.加入申し込み」

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約 「2.加入申し込み」

上記の通り、規約にも明確に記載されており、サイトの審査に合格して初めてアフィリエイトリンクの掲載が許可されるというルールです。

Amazonアソシエイトに審査を事後申請した話

無許可でサイト運営していた理由

しかし、サイトの審査を行わなくてもアフィリエイトリンクを取得できるようになっているため、規約をあまりよく読んでいなかった私は恥ずかしながら事前審査が必要ということを知らずにAmazonアフィリエイトを利用し始めてしまっていました。

無許可の状態であっても普通に報酬が発生し受け取りも行うことができましたが、おそらく月の稼ぎが数百円から高々1,500円くらいのサイトなのでAmazonに目を付けられることがなかったのだと思われます。

なので、事前審査が必要な旨を知った後も、下手に事後報告してアカウント停止等のペナルティを受けるのも嫌だなとか考えながら、事後報告しようかどうかしばらく迷いながら無許可での運営を継続していました。

事後申請した理由

ただ、最近になってAmazonアソシエイトを実践するサイトを増やそうと考え始めたことから、やはり正式なルールに則って審査を受けるべきだと思うようになりました。

この時点で既に事前審査が必要なことは把握していたので新しいサイトを作成したら審査申請を行うつもりでしたが、新規サイトは審査申請する一方で既存サイトは無許可のまま存在し続けるのは明らかにおかしいからです。

ということで、重かった腰をようやく上げて審査を事後申請することにしました。

審査は一発で合格

事後審査の申請は、Amazonアソシエイトの問い合わせフォームから以下の文面で審査申請を行いました。

掲題の通りサイトの追加をお願いいたします。
サイトタイトル:hogehoge
URL:http://example.com/

無許可で運営し続けていたことには一切触れず、必要事項を記載しただけです。

すると、申請から1時間もしない内に以下の通り審査に合格した旨の連絡がメールで来ました。

Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

このたびのご依頼通り、お知らせいただいたhttp://example.com/について通常のサイト審査をさせていただき、無事承認となりましたので、既存のアソシエイトID:hogehogeの登録サイトに追加をいたしました。

今後、新しいサイトでのご注文やクリック数などの情報は既存のIDのレポートに計上されます。

「Amazon アソシエイト 審査」を検索エンジンのフォームに入力すると「落ちた」とか「通らない」といった予測変換が出てくるので審査は厳しいのかと思っていましたが意外とそうでもなかったみたいです。

Amazonアソシエイトの審査に事後申請で一発合格した話

ただ、メールには続きがあり、無許可でのサイト運営を戒める文言も記載されていました。

また、念のためのご案内となりますが、未承認のサイト内でのアソシエイトリンクの使用は規約違反となります。

今回については不問としますが、今後は必ず事前のURL報告をお願いいたします。

正論過ぎて何も言えません。

今後は規約に従ってサイトが完成した時点で事前審査を申請し、合格後に広告を掲載するようにしたいと思います。

一発で審査に合格した理由

ちなみに、不合格になってしまう人が結構多い(と思われる)審査に一発で合格した理由は、サイト内のほとんどのページが自分の経験を交えたオリジナルの記事ばかりだったので、有益なサイトだと判断されたのだと思います。

審査に不合格になるとその旨と審査基準(以下参照)がメールで送られてくるらしいのですが、いずれか一つにでも該当すると不合格らしいので、少なくとも審査基準は全てクリアしていると見なされたようです。

  1. Webサイトが未完成の場合。
    Webサイトの方向性がわかる程度を目安に、内容をアップロードしてからお申し込みください。
  2. お申し込みのURLに誤りがある、またはご自身のWebサイトURL以外でのお申し込みの場合。
    たとえば、ご利用のブログサービスのトップページなどでは審査を行うことができません。
  3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない場合
  4. お申し込みフォームにご登録の電話番号が、全角数字で登録されている場合。
    全角数字では正しく登録されませんので、必ず半角数字でご登録ください。
  5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
  6. その他知的財産権を侵害している場合
  7. 露骨な性描写がある場合
  8. QRコードのご利用情報に不足がある場合。
    QRコードのご利用申請にあたり、掲載予定の媒体名と使用目的を必ず記載してください。
  9. 未成年の方のお申し込み

参考:http://scrambleworks.net/affiliate-amazon-love

未審査なら事後申請しよう

もしかしたら、私以外にも無許可でAmazonアソシエイトを実践している人がいるかもしれません。

無許可で運営していたことのある私が偉そうなことを言えたものではありませんが、もしそうなら今からで良いので審査を事後申請しましょう。

一応無許可の状態でも報酬発生&受け取りは問題なく行えますが、いつ注意を受けたりアカウント停止になるのだろうという漠然とした不安を抱きながらサイト運営を継続するよりも、正式に許可を得た方がスッキリした気分になることができます

ただ、前述の通り私はたまたま事後申請でも無事に合格しましたが、他の人が全員同じ結果になるとは限りません。

もし不合格になってしまったら、一旦アフィリエイトリンクを全て削除した上でコンテンツの修正・充実化を行って再度審査に望みましょう。

まとめ

私の場合は一発で合格できたから、という理由もありますが、事後申請して良かったと感じます。

やはりコソコソしながらサイト運営をするよりも気分爽快ですね。

また、既存のサイトが審査に合格できたことで、今後新しくサイトを作成するときにどの程度作り込めば良いのかという目安も何となく分かったので、その点も収穫が大きかったと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です