ハピタスの「ポレット(Pollet)に関するアンケート」に回答した内容

【コラボ企画スタート】新規登録だけですぐに250円貰える!(登録手順はこちら!)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

2017年9月5日(火)にポイントサイトのハピタスから「ポレット(Pollet)に関するアンケート」というアンケートが届きました。

ハピタスの「ポレット(Pollet)に関するアンケート」

と同様、私が回答した内容を公開したいと思います。

目次

回答内容

背景が色付きの部分が実際の回答内容、その下はこの記事を書くにあたっての回答内容に対する私のコメントです。

Q1. ポレットで購入、決済したことのあるものを選択してください

  • 食料品
  • 飲料
  • 日用品
  • 本 CD DVD

※選択式

私はハピタスで3万円を換金した後に余ったポイントをチャージして、残高は主に食費等の生活費として使用しています。

プリペイドカードなのでAmazonや楽天市場等で普通に使用できますがそんなに頻繁に買い物をするわけではありませんし、かといってポレットを使うために買い物をするのはただの無駄遣いになってしまいます。

また、ポレットで購入したものをヤフオク等で売り捌けば汎用性の高い現金が手に入りますが手間がかかる上にどうしても換金率が下がってしまいます。

そのような点を踏まえると毎月必ず支出する生活費として使用するのが一番無駄がなく効率的にポレットを使用できると考えています。

Q2. その他と回答された方は、その内容をご記入ください

記述なし

※記述式

Q1以外の用途には使ったことがないのでQ2は記述していません。

Q3. ポレットをどんなシーン・目的でご利用頂いていますか

  • 普段の生活費として
  • 現金での会計が面倒な時に

※選択式

先述の通り、私はポレットの残高を生活費として支出しています。

加えてもともとほとんどの支払い(例えば、コンビニの100円の買い物でも)をクレジットカードで済ませていることもあり、現金での会計の煩わしさを回避するためという目的もあります。

Q4. その他と回答された方は、その内容をご記入ください

記述なし

※記述式

Q3でその他を選択していないのでQ4は記述していません。

Q5. ポレットにチャージしようと思ったきっかけを教えて下さい

  • ハピタスポイントが3万ポイント以上貯まっていたから

※選択式

ポレットにチャージしたきっかけはハピタスの換金上限である月3万円以上を稼げるようになったからです。

ポレットが登場した当初は「初めてのチャージで5%増量するキャンペーン」が実施されていましたが、換金上限を突破していなければポレットにチャージすることはなかったと思います。

というのも、個人的には確定申告の際のことを考えてポイントを換金して銀行口座に入金するのが一番だと考えているからです。

ポイント交換先が現金だけなら銀行口座の入金履歴を見ると一発で収入が判明しますが、現金以外に多数交換していると全てを把握するのも管理するのも手間がかかって面倒なので極力避けるようにしています。

Q6. その他と回答された方は、その内容をご記入ください

記述なし

※記述式

Q5でその他を選択していないのでQ6は記述していません。

Q7. ポレットを使ってみて、よかったこと、嬉しかったことなどあればご記入下さい。

・換金上限の3万ポイントを越えたポイントを有効活用できるようになったこと

・VISAブランドのプリペイドカードなので実質的に現金と同じように使用できること

※記述式

上記の通りなのですが、換金上限を越えたポイントをVISAのプリペイドカードにチャージすることで実質的に現金のように使用できるようになったことが最大のメリットだと感じています。

ポレット登場以前は換金上限を越えたポイントの使途は

  • ハピタス堂書店で本などを購入する
  • ハピタス堂書店で購入した本など(全巻セットetc)をヤフオクで売り払って現金化する
  • アカウントの肥やしにする(増え続けるptを眺めるだけ)

といった選択肢しかなかったため、ポレットの登場は正にハピタスの革命だったと思います。

Q8. ポレットを使ってみて、使いづらかった点、不満に感じたことなどあればご記入下さい。

・プリペイドカードなので決済できない場合があること。

→ 毎月請求が発生する公共料金や携帯電話代金が支払い不可であることは予め認識していたが、ウイルス対策ソフトの更新費用や自動車保険の代金(ともに1回払い)を支払いできないのは予想外だった。

・店舗によってはサインを求められること

→ VISAのクレジットカードがサインレスの店舗でもポレットはサインが必要な店舗があった。クレジットカードで支払う場合よりもサインを求められるケースが多い気がする。

※記述式

プリペイドカードは「基本的には」クレジットカードと同じように使うことができますが、分割払いや月額課金には非対応であるため以外と使い所が限られています。

普通に近所のスーパーやドラッグストア・Amazonや楽天市場にて1回払いで買い物をする分には全く問題ありません。

しかし、公共料金や携帯電話代金など毎月請求が発生するようなケースでは使用不可となっています。

私が試した範囲では、ウイルスバスターの更新費用と自動車保険はポレットで支払うことができませんでした。

どちらも1回払いをするつもりであったものの、サイト側が複数回払いにも対応していたため1回払いしかできないポレットでは支払い不可だったのだと思います。

先述の通り私は主にポレットを食費等の生活費に使用しているのですが、この「意外と使い所が限られている」という点も生活費が主な使途となっている理由のひとつだったりします。

また、VISAクレジットカードはサインレスでもVISAプリペイドカードのポレットだとサインが必要な店舗もあるため若干面倒です。

かといってポレットでもサインレスの店舗もあったりします。

Q9. あなたはポレットを友人や知人に薦めたいと思いますか?10を「とても薦めたい」、0を「まったく薦めたくない」とした11段階でお答えください。

  • 0点・・・まったく薦めたくない

※選択式

Q10の通りです。

Q10. 前問でその点数を付けた理由をご回答ください。

ハピタスを利用しない人にとってはポレットを利用するメリットがほぼ皆無であるため。

クレジットカードからのチャージで0.5%増という特典はあるが、増量幅が小さ過ぎるのでそのためだけにわざわざポレットを利用しようとする人がいるとは思えないため知り合いに勧めるつもりはない。

※記述式

ポレットは確かに便利で重宝するのですが、それは私がハピタスを利用しており、かつ換金上限の3万円/月を超えるポイントを稼げるようになったからです。

先述の通り基本的にはポイントは現金に交換するべきだと考えているため、もし換金上限を越えていなければポレットにチャージすることはありません。

ハピタスを利用している私でさえそのような考え方なのですから、ポイントサイトに興味がない友人・知人にポレットを紹介したところでプリペイドカードにチャージするという一手間をかけてまで利用する人はいないでしょう。

よって、リアルでの友人・知人にポレットを紹介するつもりはありません。

というか、当サイトでも「ハピタスの換金上限が超えたときに便利」という紹介はしていますが、「積極的にポレットを使おう♪」という紹介の仕方はしていません(していないはずです)。

一応、クレジットカードからポレットにチャージすると0.5%増量という特典はあるものの10,000円をチャージしても50円にしかならないことも利用するメリットが薄いと感じます。

単純にチャージ時の特典で比べるなら2%のポイントを獲得できるLINEプリペイドカードの方が良いと思いますのでこちらの方がオススメです。

Q11. ポレットと提携してほしい(1枚にまとめたい)サイトがあれば選択してください。

  • 特になし

※選択式

先述の通りポイントは換金すべきという考え方なので、換金上限がない(または高い)ポイントサイトが追加されてもポレットに交換することはまずないと思います。

よって、提携して欲しいサイトは特にありません。

Q12. その他と回答された方は、その内容をご記入ください

記述なし

※記述式

Q11でその他を選択していないのでQ12は記述していません。

Q13. ポレットにチャージできるようになって欲しいものがあれば選択してください。

  • 商品券
  • 図書券
  • クオカード
  • テレフォンカード
  • iTunesギフトコード
  • ビットコイン
  • マイル
  • 永久不滅ポイント
  • オリコポイント
  • SBIポイント
  • nanacoポイント
  • Suicaポイント
  • WAONポイント
  • WebMoney
  • ポンタポイント(リクルートポイント)
  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Amazonポイント
  • WALLETポイント(au WALLET)
  • dポイント
  • フレッツポイント
  • 家電量販店系ポイント(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機など)
  • アパレルショップ系ポイント
  • ドラッグストア系ポイント
  • その他

※選択式

各種ポイントや金券をポレットにチャージできれば実質的に現金化できるようなものであり大変便利なので「対応できるものならば何でも対応して欲しい」という気持ちを込めて「特になし」以外の全ての選択肢を選びました。

問題となるのは交換レートだと思いますが、通常現金化が不可能なものや現金化するときに手間や経費がかかるもの(ヤフオクで商品券を売って現金化するときなど)が対応してくれるなら多少レートが悪くても使い勝手は悪くならないのではないかと思います。

Q14. その他と回答された方は、その内容をご記入ください

通常現金化が不可能なものや現金化するときに手間や経費がかかるもの(ヤフオクで商品券を売って現金化するときなど)をポレットにチャージできれば便利なので、できるだけ幅広く対応して欲しいと思います。

※記述式

Q13のコメントを参照。

Q15. ポレットに紹介特典があった場合、ポレットを周りにご紹介いただけますか

  • する

※選択式

先述の通り、リアルの友人・知人に紹介するつもりはありませんが、当サイトでは紹介すると思います。

Q16. 紹介するとご回答頂いた方に質問です。どの様な特典だと紹介しますか。

  • 相手がよりお得になる特典

※選択式

紹介制度は紹介される側がお得になる方が紹介しやすいと考えています。

Q17. 製品向上のため、インタビューにご協力いただけますか。当てはまるもの全て選択してください。(謝礼あり。ご協力頂く場合には別途メールでご連絡いたします)

  • 電話でのインタビューであれば可能
  • 対面でのインタビューが可能(東京都千代田区神田神保町)

※選択式

電話 or 対面でのインタビューが可能かどうかという選択肢です。

電話はまあ良いとして対面でのインタビューは交通費の有無次第なのですが、一応可能ということでチェックしておきました。

多分交通費の支給はされそうにないものの、そのときは断れば問題ないでしょう。

Q18. 最後に、ポレット(Pollet)に対するご意見・ご要望があればお書き下さい

クレジットカードからチャージする際の増量分が1%くらいまで増えると使いやすくなると思います。

※記述式

現状だとクレジットカードからチャージしても0.5%という雀の涙程度の特典しかありませんが、仮に1%になれば他のクレジットカード等と比べて悪い値ではなくなるのでポイントサイトを全く利用しない人の興味を惹けるようになるのではないでしょうか。

まとめ

私のポレットの使い方は「ハピタスで換金できなかったポイントを擬似的に現金として使用する」というものであるため、現状のポレットの使い勝手については概ね満足しています。

しかし、単にプリペイドカードとして評価した場合には他のプリペイドカードと比較すると劣る点が少なくないと思っています。

例えば少なくとも今のところポレットはポイントサイトのポイントをチャージするというチャージ方法がメインであり、通常のプリペイドカードのように現金・銀行口座・クレジットカードなどからチャージして使うようなものではありません。

また、記事中にも書きましたが単純にチャージ時の増量分で比較するならLINEプリペイドカードの2%の方が圧倒的に有利でありポレットに勝ち目はありません(しかもLINEプリペイドカードは銀行口座からもチャージできます)。

そのような点が改善されれば普通のプリペイドカードと遜色のない使い勝手になると思われますので、ポレットの今後に期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です