AppleがApp Storeのアフィリエイトを終了。ポイントサイトのアプリ課金によるポイント還元も終わりか?

Appleは2018年10月1日からApp Storeのアフィリエイトプログラムを変更し、App Storeのアフィリエイトが報酬対象外となってしまいます。

アフィリエイトに興味がない人からしたらどうでも良いニュースに聞こえるかもしれません。

しかし、ポイントサイトの「アプリ課金でポイント還元」はこのApp Storeのアフィリエイトで得た収益をポイント還元に回していたわけなので、App Storeが報酬対象外になったらポイントサイトのアプリ課金によるポイント還元も終了してしまうという意味です。

当記事ではそのあたりについて書いていきたいと思います。

App Storeがアフィリエイト報酬対象外に

今回のAppleの告知は以下の通りです。

App Store アフィリエイトプログラムの変更について

App Storeのアフィリエイトプログラムにご参加いただきありがとうございます。
新しいiOSとmacOSのApp Storeの開始により、Appの見つけやすさが一段と向上しました。
これに伴いまして、Appがアフィリエイトプログラムの対象から除外されることになりました。
2018年10月1日以降、iOSとMacのAppとApp内コンテンツは、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となります。音楽、映画、ブックなど、その他の全てのコンテンツは、引き続きプログラムの対象です。

https://affiliate.itunes.apple.com/resources/blog/affiliate-program-app-store-updates/

上記の通り、10/1でApp Storeのアプリがアフィリエイトの報酬対象外となります。

理由は「(App Storeでの)Appの見つけやすさが一段と向上した」ことでわざわざ広告費を支払ってまで紹介をしてもらう必要がなくなったという感じなのでしょうが、個人的にはいまいちピンと来ない理由だなと思っています。

むしろ、iOSがスマホOSのデファクトスタンダードの一つになった(もう一つはAndroid)のでこれ以上iOSのシェアを広める必要がない(またはシェア拡大における広告費の費用対効果が薄い)と判断された結果なのではないでしょうか。

ポイントサイトのアプリ課金が廃止に

普通の人からすると「だから何?」と言いたくなるような話なので全然興味を持てないかもしれません。

しかし、ポイントサイトにおける「アプリ課金でポイント還元」はApp Storeのアフィリエイトプログラムが存在することを前提に成り立っていたため、今後は全てのサイトにてアプリ課金によるポイント還元は廃止されるものと思われます。

私達ユーザーがポイントサイトで広告を利用するとポイント還元を受けられる理由は「ポイントサイトが広告主から受け取った広告費の一部をポイントとしてユーザーに付与しているから」です(詳細は以下の記事を参照)。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎができる仕組み。詐欺などの危険はないのか?
当サイトではポイントサイトでお小遣い稼ぎをする方法を多数紹介しています。 しかし、ポイントサイトを利用したことがない・利用経験が浅い方の中には「そもそも何でポイントサイトを経由するだけでポイントを貰えるの?それって怪しくない?」という疑問...

逆に言えば広告費を受け取れなくなったらポイント還元もできなくなるということを意味していますので、ポイントサイトからアプリ課金によるポイント還元が消えてしまうのは必然だと言えます。

とはいえ、アプリ課金によるポイント還元は10/1以降全てのポイントサイトから一斉に消えると思われるため今回のApp Storeアフィリエイトの変更によってポイントサイト間で優劣に差が付くことはないはずです。

ポイントサイトへの影響は軽微か?

Appがアフィリエイトの報酬対象外になるとポイントサイトとしては売上の柱が一つ減ることになるため確実に減収になるでしょう。

しかし、通常のポイントサイトであればアプリ課金以外にも多種多少な広告が掲載されていますし、ポイントサイトの売上の大半はアプリ課金以外の広告が大半だと思われるのでポイントサイト運営に与える影響は軽微ではないかなと思います。

アプリ課金によるポイント還元がメインコンテンツのポイントサイトやお小遣いアプリもあるようなのでその場合は被害甚大の可能性が高いですが、当サイトではアプリ課金メインのサイトやアプリは取り扱っていないのでここでは割愛します。

今後のお得なアプリ課金の方法は?

上記の通り大きな影響があるポイントサイトやお小遣いアプリは極一部に限定されるものと思われます。

しかし、ポイントサイトのお得なコンテンツが1つなくなってしまうという意味では私達ユーザーにとっては残念な変更であることは間違いありません。

そこで、今後お得にアプリ課金したいなら以下の方法がオススメです。

Amazonコインによるアプリ課金

一番オススメの方法はAmazonコインを用いたアプリ課金です。

Amazonコインでアプリ課金すると常時最大21%OFF!iPhoneユーザーもすぐに実践できる!
スマホアプリに課金する場合、iTunesギフトコードやGooglePlayギフトコードを何らかの方法で安価に入手する方法が一般的だと思います。 しかし、その場合だとせいぜい5%前後の割引が限界ではないでしょうか。 一方で「Amazonア...

というのも、通常時でも最大21%もの割引価格でアプリ課金が可能になる超お得な方法だからです(詳細は上記記事の通り)。

最初にアプリ課金するまでの手順が若干面倒ではありますが、割引額が半端じゃないのでアプリ課金をする人なら絶対に取りれた方が良い(というか取り入れるべき方法)だと言えます。

また、ときどき開催される「コインバックキャンペーン」の際には「課金額の数%~数十%」分のコインが還元されるので更にお得です。

基本的にはAndroid専用の方法ですが一工夫すればiPhoneユーザーでも活用できるテクニックなので万人にオススメできます。

ポイントサイトでギフトコードを交換する

また、ポイントサイトのポイントをApp Store&iTunesコードへ交換するのも悪くありません。

App Store&iTunesコードへ割引価格でポイント交換できるサイトがいくつかあることが理由です。

ポイントインカムの「App Store&iTunesコード」への交換レートは5%OFFF

例 : ポイントインカム

例えば、

といった感じです。

Amazonコインに比べると割引率は大したことないのですが使いすぎを防ぐために少額を少しずつポイント交換して課金する場合には便利だと思います(Amazonコインの大幅割引はまとめ買いが前提なのでついつい余計に課金してしまいがち)。

割引率やポイントの稼ぎやすさを考えるとモッピーもしくはポイントインカムがオススメです。

まとめ

アフィリエイトにおいて広告主が広告費を払ってでも商品やサービスを紹介する目的は販促やシェア拡大です。

従って売れ行きが好調だったり順調にシェア拡大が進めば広告費が少しずつ削減されていくのは極めて自然なことです。

アフィリエイト報酬の下方修正と言えばAmazonアソシエイトが結構有名ですが、過去数回の変更の際にはアフィリエイト報酬の大幅減少に一部のブログ界隈で阿鼻叫喚となっていたような印象があります。

そのAmazonは料率が低くなってもアフィリエイトを維持している一方でAppleはアプリのアフィリエイト自体を廃止してしまうのですからかなり驚きました。

確かにiOSのシェアは非常に大きいと思いますが廃止はかなり大胆だなと思います。

コメント