お小遣いサイトのポイントは貯めるべきか?すぐに交換するべきか?

お小遣いサイト(ポイントサイトアンケートサイト)を利用してポイントがある程度貯まってくると

  • すぐにポイント交換するべきか?
  • とにかくひたすらポイントを貯め込むべきか?

といった感じでポイントの取り扱い方法について悩むことがあるはずです。

どちらかの方法が一方的に優れているというわけではないのですぐにポイント交換しても大量にポイントを貯めてもどちらでも良いと思いますが、当記事では私なりに「即ポイント交換」と「大量に貯める」場合のメリット・デメリットを書いていきたいと思います。

すぐにポイント交換するとき

メリット

すぐにポイント交換をするときの一番のメリットは稼いだらそばからすぐに使えるという点に尽きると思います。

ポイントを稼いですぐに交換してしまえば稼いでいる実感を得られますし、交換で得た現金やギフト券などを使って買い物をすればお得感も十分なので、ポイント稼ぎを継続するモチベーションも高まって良い循環が生まれるという効果が期待できます。

また、お小遣いサイトを利用する上では

  • 有効期限切れによるポイント失効
  • 当該サイトの閉鎖によるポイント失効

というリスクが常に付きまといますが、頻繁にポイント交換を実施していれば所持ポイントは常に小額となるので万が一ポイントが失効してしまっても被害を最小限に抑えることも可能です。

ポイントサイトのポイント交換頻度を上げると単にお得感を得られるだけではなく自衛という意味でも大きな効果があるのです。

【すぐにポイント交換するときのメリット】

  • すぐに使えて嬉しい
  • 稼いでいる実感やお得感がある
  • ポイント失効に怯えることなく確実に収入をゲットできる

デメリット

一方で、あまり頻繁にポイント交換をしているとついつい無駄遣いをしてしまうリスクがあります。

一度に5万円や10万円をポイント交換するなら大事に貯金しておこうという気になりやすいと思いますが、500円や1,000円といった小額のポイント交換を続けていると「1回くらいなら全部使ってしまおうかな。」とか「これはご褒美だから!」という言い訳をしてしまいがちだからです。

1回の金額が小さくても回数を重ねれば簡単に数千円・数万円に達してしまうため要注意です。

もし小額のポイント交換を繰り返して貯金をしたいのであれば貯金用の口座を用意して普段遣いの口座には入金しないようにするのがベストだと思います。

また、1年間の交換総額が大きくなる場合には確定申告をしなければなりませんが、小額を何度も交換するときはきちんと記録をしておかなければ交換総額が分からなくなって確定申告に支障が出る恐れがあります。

【すぐにポイント交換するときのデメリット】

  • 意識して節制しないと浪費してしまいがち
  • 1年間の交換総額を把握しておかないと確定申告時に困る

ポイントを貯めるとき

メリット

ポイントを貯め込むメリットは「増量キャンペーン」に対応しやすくなることです。

例えば、この記事を書いている時点ではポイントサイトモッピーで以下のような増量キャンペーンが実施中です。

モッピーの「GMOあおぞらネット銀行増量キャンペーン」の詳細(2018/11/5~12/4)

  • モッピーのポイントをGMOあおぞらネット銀行に交換するだけで5%増量
  • GMOあおぞらネット銀行の口座があれば誰でも参加可能
    (モッピー経由での口座開設が必須、といった条件は皆無)
  • 交換上限なし

もし普段から大量のポイントを貯め込んでいればこういったキャンペーンの際に一気に交換することで大量の増量ポイントを受け取ることができる非常にお得です。

以下はモッピーでの私の所持ポイントですがこれを全額交換したとすると5%増量分だけで約2,000円以上も稼げると言えば増量キャンペーンがどれだけお得なのかが分かりやすいのではないでしょうか。

モッピーの所持ポイント

所持ポイント : 45,998P
交換手数料 : 147P/回
増量対象 : 45,854P
5%増量分 : 2,292円

「動画オンデマンドサイトの無料お試し登録」や「ネット銀行口座開設」のポイント還元額に匹敵する金額を増量分だけで稼げるというわけです。

また、当たり前ですがポイントのままでは買い物などに使えませんのでポイントを貯め込むことで無駄使いの抑止にもなります。

ポイントサイトのアカウントが貯金専用の銀行口座のような役目を担ってくれるという感じです。

あとは日々増えていくポイント残高を眺めてニヤニヤすることができるといったところでしょうか(通帳残高を見るのと同じです)。

【ポイントを貯めるときのメリット】

  • 増量キャンペーンで大量に交換できてお得
  • ポイントのままでは消費できないので無駄遣いの抑止になる
  • ポイント残高が増えると嬉しい

デメリット

ポイントを貯め込む際の最大のデメリットはポイント失効のリスクがあることです。

ポイント失効の理由は大きく分けて以下の2つがあります。

ポイント失効のリスク

  • 有効期限を失念していて失効
  • 当該サイトの経営不振や閉鎖

前者については大切なポイント有効期限をしっかりと把握していなかった自分が悪いということで納得できると思いますが、後者に関しては大量のポイントを失うことに加えて信頼して利用していたサイトに裏切られるという点において精神的なダメージが非常に大きいと思います。

最近(2018年)だと「PONEY(ポニー)の件」が有名でしょうか。

「PONEY(ポニー)の件」の詳細はこちらを参照

※簡単に説明すると

  • 大規模なポイント交換制限(全ユーザーで1日10万円までしか交換できない)
  • 利用規約(ポイント失効に関する箇所)をこっそり修正して多くのユーザーのポイントが失効

という感じです。

まともなサイトなら万が一経営不振や閉鎖に陥ったりしてもポイント交換不可になることはまずないと思います。

しかし、運営会社がなりふり構わず逃亡するつもりの場合はこの限りではないため、あまり大量のポイントを貯め込み過ぎるのもリスク管理としては問題があると言えます。

【ポイントを貯めるときのデメリット】

  • 有効期限切れで消滅する可能性がある
  • 当該サイトの経営不振や閉鎖により交換不可となるリスクがある

まとめ

以上の通り、「すぐにポイント交換をする方法」も「ポイントを貯める方法」も一長一短です。

どちらか一方の方法が優れているというわけではありませんので、自分の考え方やそれぞれのメリット・デメリットを考慮した上でポイントの運用方法を決めることをオススメいたします。

ちなみに、私は

  • 信頼できる大手サイトでは増量キャンペーンに備えてポイントを貯める
  • それ以外では最低交換額を超えたら早めに交換する

といった方針で各サイトを利用しています。

コメント