モッピーのポイント交換の方法とオススメ交換先

モッピーは2005年にサービスをスタートした老舗ポイントサイトです。

モッピーの攻略方法・稼ぎ方と評判・評価
モッピーは株式会社セレス(東証一部上場企業)が運営しているポイントサイトです。 その歴史は古く2005年にモバイル向けのサービスとしてスタートした後2010年からパソコン版へとサービスを拡大しながら幅広いユーザーに支持されるポイントサイト...

稼ぎやすい無料コンテンツがある、広告数が豊富で還元率・ポイント数が高いといった特徴があることから人気が高く会員数は600万人を超えています。

モッピーではポイントが貯まりやすくポイント交換の頻度も高くなる傾向があるのですが、人によっては交換先が多すぎてどれを選べばお得なのかが分かりにくい感じる方もいるかもしれません。

そこで、当記事ではモッピーのオススメ交換先などについて解説していきます。

ポイントの交換先

モッピーのポイントの交換先は大きく以下の5種類に分けることができ、交換レートは現金換算で「1ポイント = 1円」です。

なお、以下の表に記載している交換予定日(日数)には土日祝は含みませんので全て営業日として解釈して下さい。

POINT WALLET VISA PREPAID

POINT WALLET VISA PREPAIDへのポイント交換
交換先最低交換Pt交換レート手数料交換予定日
交換前交換後
POINT WALLET VISA PREPAID100P1P1円分無料2日以内
※スマホからの申請時

「POINT WALLET VISA PREPAID」はモッピーのポイントをチャージすることができるVISAブランドのプリペイドカードです。

「POINT WALLET VISA PREPAID」の評価・評判
POINT WALLET VISA PREPAIDとは? ポイントサイトのモッピー・お財布.com(お財布ドットコム)・モバトクを運営している株式会社セレスと三井住友フィナンシャルグループの一員としてクレジットカード事業等を営む株式会社セ...
  • プリペイドカードなので審査不要で誰でも持つことができる
  • VISAブランドなのでクレジットカード対応店ならほぼ使える
  • 発行・維持は手数料無料
  • モッピーポイントをチャージする際も手数料無料

という特徴がありチャージした金額は実質的に現金のように使えます。

しかし、それならば最初から現金へと交換しておけば良いだけの話であり、あえてPOINT WALLET VISA PREPAIDを選ぶ理由がないという非常に残念な交換先です。

一応、POINT WALLET VISA PREPAIDを発行(無料)すると優待制度が適用されるようになるので発行する意味がないわけではないのですが、発行さえしてしまえば用済みなのでチャージする意味はやはりありません。

app money

app moneyへのポイント交換
交換先最低交換Pt交換レート手数料交換予定日
交換前交換後
app money100P1P1マネー無料リアルタイム
※スマホからの申請時

「app money」は株式会社セレス(モッピーの運営会社)が運営しているサービスです。

app money(アップマネー)の評判評価と使い方!iTunesギフトコードを常時5%割引で購入できる
2017年9月末、ポイントサイトのモッピーのポイント交換先に「app money(アップマネー)」という見慣れないサービスが追加されました。 後述の通り、app moneyは株式会社セレス(モッピーの運営会社)が運営している「iT...

app moneyはiTunesギフトコードをリアルタイムかつ常に5%引きで交換することができるサービスなので、

  1. モッピーからapp moneyへポイント交換する(スマホから)
  2. app moneyからiTunesギフトコードへポイント交換する

というステップを踏めば、モッピーのポイントをいつでも5%引きでiTunesギフトコードに交換することができます(もちろんリアルタイム交換)。

モッピーユーザーはモッピーのIDでapp moneyにログインでき(app moneyへの新規会員登録は不要)、すぐに利用できる点も煩わしさがなくメリットが大きいです。

ただ、残念なことに「モッピー → app money」へのポイント交換がメンテナンス中になること多いという欠点があり、タイミングによってはiTunesギフトコードが欲しいと思ってもapp moneyを使えないことがあるかもしれないという点が非常に残念です。

モッピーからapp moneyへのポイント交換

上記のように「メンテナンス中」の表記があるときはpp moneyへポイント交換できません。

とはいえ、iTunesギフトコードが常時5%引きで手に入るという利点はそういったデメリットを上回ると思いますのでiTunesギフトコードが欲しいならapp money一択だと言えます。

現金

現金へのポイント交換
金融機関最低交換Pt交換レート手数料交換予定日
交換前交換後
ゆうちょ銀行300P1P1円30Pt7日以内
三井住友銀行300P1P1円30Pt5日以内
みずほ銀行300P1P1円147Pt5日以内
三菱東京UFJ銀行300P1P1円147Pt5日以内
楽天銀行300P1P1円105Pt5日以内
ジャパンネット銀行300P1P1円54Pt5日以内
その他銀行・信用金庫300P1P1円147Pt5日以内

モッピーから現金に交換する際には必ず手数料が必要です。

これはモッピーの大きな欠点のひとつであり、手数料無料で換金可能なポイントサイトが多い現状を考慮すれば使い勝手が非常に悪いと言えます。

ゆうちょ銀行と三井住友銀行は30ポイント(30円)なので格安に見えるかもしれませんが、他行が高すぎる(100P超など)せいで相対的に安く見えるだけなので勘違いしてはいけません。

ただし、一旦ドットマネーを経由した上で換金すれば手数料は一切かかりませんので、モッピーのポイントを換金したいときはドットマネーを活用しましょう。

.money(ドットマネー)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価
.money(ドットマネー)は株式会社サイバーエージェントの子会社が運営しているポイント合算サイトです。 複数のお小遣いサイトで稼いだポイントを一つにまとめられるだけでなく、 お小遣いサイトからドットマネーへ交換するときに増量す...

ギフト券

ギフト券へのポイント交換
交換先最低交換
ポイント
交換レート手数料交換予定日
交換前交換後本会員PC会員
GooglePlayギフトコード500P1P1円分無料リアルタイム1週間程度
Amazonギフト券500P1P1円分無料リアルタイム1週間程度
iTunesギフトコード500P1P1円分無料リアルタイム1週間程度
Vプリカ500P1P1円分50~100Pリアルタイム交換不可
JALマイレージバンク1,000P2P1マイル無料4週間以内

各ギフト券への交換手数料は無料です。

JALマイレージバンクを除く4つの交換先は本会員(SP会員)がスマホから交換申請するときに限りリアルタイム交換が可能で、PC会員は交換完了1週間程度の時間がかかります(会員種別については以下の記事を参照)。

モッピーの会員種別「本会員(SP会員)・PC会員」の特徴と違いについて
ポイントサイトのモッピーには登録方法の違いによって2種類の会員種別が決まります。 当記事では会員種別の決まり方の詳細やそれぞれの違いについて解説していきます。 モッピーの会員種別と決まり方 モッピーの会員種別は 本会...

ただ、これら5つの交換先はドットマネー経由で交換するメリットが多く、モッピーから直接交換する機会はそれほど多くないと思われます(詳細は後述)。

電子マネー

電子マネーへのポイント交換
交換先最低交換
ポイント
交換単位交換レート手数料交換予定日
交換前交換後本会員PC会員
Tポイント500P1P1P1ポイント無料3日以内1週間前後
LINEポイント330P1P1P1LINEポイント30P5日以内
nancoポイント500P1P1P1nanacoポイント無料3日以内1週間前後
WAONポイント500P1P1P1WAONポイント無料リアルタイム1週間程度
楽天Edy500P1P1P1ポイント52Pリアルタイム交換不可
WebMoney500P1P1P1ポイント無料リアルタイム1週間程度

楽天Edyは本会員(SP会員)限定の交換先なのでPC会員は交換不可である他、交換完了までの日数も本会員(SP会員)の方が優遇されています(会員種別についてはこちらを参照)。

他社ポイント

他社へのポイント交換
交換先最低交換Pt交換レート手数料交換予定日
交換前交換後本会員PC会員
NetMile(ネットマイル)300P1P2mile無料2日以内1週間前後
PeX500P1Pt10Pexポイント無料1~2日1週間程度
ドットマネー500P1P1マネー無料リアルタイム1週間程度
bitFlyer500P1P時価無料リアルタイム交換不可
coincheck500P1P時価無料リアルタイム交換不可

ビットコインは本会員(SP会員)限定で、その他はPC会員でも交換可能です。

NetMile(ネットマイル)とPeXはポイント合算サイトですが、同じく合算サイトであるドットマネーが優秀過ぎるのでNetMile(ネットマイル)とPeXを利用する機会はまずないと思います。

モッピーのオススメ交換先は?

上記の通り、モッピーには多数の交換先が用意されていますが、

などがオススメです。

その理由は以下の通りです。

app money

最初の方でも述べた通り、app money経由でiTunesギフトコードへ交換すると常に5%引きで手に入ります。

app money(アップマネー)の評判評価と使い方!iTunesギフトコードを常時5%割引で購入できる
2017年9月末、ポイントサイトのモッピーのポイント交換先に「app money(アップマネー)」という見慣れないサービスが追加されました。 後述の通り、app moneyは株式会社セレス(モッピーの運営会社)が運営している「iT...

モッピーから直接交換するときは当然等価ですし、ドットマネー経由でも2%引きにしかなりませんのでapp moneyの方が圧倒的に有利なことは明らかです。

従って、iTunesギフトコードが欲しい人はapp moneyで決まりです。

ドットマネー

ポイント合算サイトのドットマネーもオススメ交換先の一つです。

.money(ドットマネー)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価
.money(ドットマネー)は株式会社サイバーエージェントの子会社が運営しているポイント合算サイトです。 複数のお小遣いサイトで稼いだポイントを一つにまとめられるだけでなく、 お小遣いサイトからドットマネーへ交換するときに増量す...

一旦ドットマネーを経由することでお得に交換できるものは多く、以下は特にメリットが大きいです。

現金

モッピーから直接現金へとポイント交換するときは必ず手数料がかかりますが、ドットマネー経由なら入金先の金融機関に関わらず常に手数料無料です。

ドットマネーから現金へのポイント交換

「ドットマネー → 現金」へのポイント交換は常に手数料が無料

  • 「ドットマネー → 現金」は最低交換額が1,000円から
  • マネーの有効期限は6ヶ月間しかない

というデメリットもありますが、ポイントはモッピーで貯めておいて必要なときにまとめて換金すればこれらのデメリットは実質的には無害なので特に問題ありません。

Amazonギフト券

Amazonギフト券はリアルタイム交換に拘らないのであれば本会員(SP会員)・PC会員ともにドットマネー経由でポイント交換する方が良いです(会員種別についてはこちらを参照)。

というのも、ドットマネー経由だと交換レートが常に1%お得になるからです。

ドットマネーからAmazonギフト券の交換レート

「ドットマネー → Amazonギフト券」の交換レート

10,000円分を交換しても100円分の違いにしかなりませんが小額でも得することには変わりありません。

また、交換時にかかる日数は

  1. モッピー → ドットマネー : リアルタイム
  2. ドットマネー → Amazonギフト券 : 3営業日以内

なので、PC会員はモッピーから直接交換する場合(1週間程度)よりも早く受け取ることができるというメリットもあります。

Vプリカ

Vプリカはドットマネー経由で交換すると手数料が無料になるのでお得です。

ドットマネーからVプリカへのポイント交換

「ドットマネー → Vプリカ」の交換レートは等価ですが、手数料がかからない分だけ「モッピー → Vプリカ」の調節交換よりも有利です。

本会員(SP会員)はスマホから直接交換するとリアルタイムにVプリカが手に入るというメリットはありますが50~100ポイントという安くない手数料がかかります。

したがって、よほど緊急でVプリカが必要なとき以外はドットマネー経由の方が賢いです。

JALマイル

モッピーのポイントをJALマイルへ交換する場合、基本的にはドットマネーを経由するのが最高効率(0.52倍)となります。

ドットマネーからJALマイレージバンクの交換レート

「ドットマネー → JALマイレージバンク」の交換レート
「260マイル / 500マネー = 0.52」です。
※1マネーは1円

しかし2017年夏以降、モッピーではJALマイルへの交換キャンペーンを頻繁に開催しており、最大で0.9倍を超える超高効率で交換できる機会もあります。

モッピーの「JALマイル交換 ドリームキャンペーン」

モッピーにおけるJALマイル交換キャンペーンの例
最大で90.9%の交換レートとなり、ドットマネーを大きく上回ります。

従って、キャンペーンを活用するならドットマネーを経由せずに直接モッピーからJALマイルへと交換する方が良いです。

ただ、キャンペーンには参加条件はやや厳しい(クレジットカードの発行が必須等)ため誰もがキャンペーンの恩恵を受けられるわけではありません。

そういうときは素直にドットマネーを経由することをオススメいたします。

ポイント交換の注意事項

モッピーのヘルプには記載されていますが、ポイント交換の際にはいくつか注意しなければならない点があります。

いずれも不正防止のための対策ですので、理解した上でポイント交換手続きを行いましょう。

入会後72時間は交換不可

初めてモッピーに会員登録をしてから72時間が経過するまではポイント交換ができません。

無料会員登録・クレジットカード発行・FX口座の開設などの大半の広告はポイント付与までに数週間から1~2ヶ月くらいかかるので問題になることはありません。

しかし、一部の広告はリアルタイムにポイントが付与されるものもあり、そういった広告でポイントを稼いだときには「72時間制限」に引っかかってしまうことがあるかもしれないです。

本人の口座以外は振込不可

現金への換金を行う際にはモッピーに登録した氏名と同じ名義の口座(本人の口座)以外への振込みを行うことはできません。

一応、換金の際に口座名義は自由に入力できるようになっていますが、それでも本人の口座以外を指定してしまうと入金は行われません。

任意の口座名義を入力できますが、本人以外の口座を指定しても入金されることはありません。

任意の口座名義を入力できますが、本人以外の口座を指定しても入金されることはありません。

紛らわしいですがヘルプにも明確に記載されていますので、家族の口座などを指定するのは止めましょう。

モッピーのヘルプ
Q.
自分以外の名義の口座で申請したい

A.
モッピー会員規約第14条にもございます通り、お振込先の口座はご本人様の口座であることを条件とさせていただいております。
ご本人様以外の口座・名義には、お振込みすることが出来ませんので、恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

ポイント交換申請は1日1回まで

一度ポイント交換申請を行うと、24時間が経過するまでポイント交換を行うことができません。

ポイント交換のページに表示されるメッセージ。

ポイント交換のページに表示されるメッセージ。

そのため、一度にまとめてポイント交換を行う、複数の交換先へ交換するときは優先順位を付けて交換する順番を考える必要があります。

キャッシュバック制限

多数の有料サイトに登録した場合や1日に多数のポイントを獲得した場合には、一時的にキャッシュバック制限(ポイント交換不可となる)がかけられることがあるようです。

キャッシュバック制限を解除するためには、運営側へ問い合わせを行わなければなりません。

  • 多数の有料サイトに登録
  • 1日に多数のポイントを獲得

というのがどの程度なのかは分かりませんがキャッシュバック制限をかけられてしまうと非常に面倒くさいので、モッピーでポイントを稼ぎまくるときには、数日に分けてポイントを稼いだ方が良いかもしれません。

ポイント交換の方法・手順

モッピーにログインした後、ヘッダー部分の右側にある「交換」をクリックします。

モッピーのポイント交換の方法

交換先が一覧で表示されますので、その中から希望の交換先を選びます。

ここでは、楽天銀行を利用して現金へ換金したいので「交換する」をクリックします。

手数料が勿体ないですが、チュートリアル作成のためには致し方ありません。

手数料が勿体ないですが、チュートリアル作成のためには致し方ありません。

「秘密の質問」をドロップダウンリストから選択し、「秘密のこたえ」を入力して「確認」をクリックします。これらはモッピーへ登録した際に設定しているはずです。

モッピーのポイント交換の方法

「交換ポイント」と「振込口座情報」(支店番号・口座番号・口座名義)を入力して「個人情報の扱いに同意して確認画面へ」をクリックします。

このとき、「交換ポイント」は手数料を含めたポイント数であること、本人名義の口座以外への振込みは行えないことに注意が必要です。

モッピーのポイント交換の方法

確認画面が表示されるので、表示された内容に問題がなければ「この内容で申請する」をクリックします。

モッピーのポイント交換の方法

注意書きが表示される通り、この時点ではまだ手続きが完了していませんので注意して下さい。

モッピーのポイント交換の方法

モッピーに登録しているメールアドレスに、「[モッピー]キャッシュバック申請確認」という件名のメールが届くので開きます。

モッピーのポイント交換の方法

メール内のURLをクリックします。

モッピーのポイント交換の方法

「申請手続きが正常に処理されました!」というメッセージが表示されたら、ポイント交換申請完了です。

モッピーのポイント交換の方法

まとめ

モッピーは交換先が多いので初めてポイント交換するときはどこを選ぶべきなのか迷うかもしれません。

しかし、実際に交換する機会がある交換先は

の3つくらいなのでかなり少ないと思われます。

従って、とりあえずこれら3つだけを把握しておけば特に困ることはないはずです。

他の交換先はたまに開催される「5%増量キャンペーン」などのときに選ぶことがあるくらいだと思います。

コメント