Gポイント(G-point)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価


ライフメディアへ登録

基本情報

Gポイントの基本情報
おすすめ度(5段階) ★★★★★
  • お小遣いサイトのポイントを合算できる
  • クレジットカードのポイントを合算できる
  • 交換先が膨大
  • 最低交換額・交換単位が低い
運営会社 ジー・プラン株式会社
交換レート 1ポイント = 1円
主な交換先
  • 現金
  • 各種ポイント
  • 各種電子マネー
  • 各種ギフト券
  • 航空会社マイレージ
  • etc
ポイント有効期限 最後にGポイントを交換・取得・利用した日より12ヶ月
(ポイント通帳内で具体的な日付を確認できます)
携帯からの利用 可能
年齢制限 12歳以上(18歳未満は保護者の許可が必要)
家族の登録 それぞれ異なる電話番号が必要
(既に登録済みの家族と同じ電話番号を利用するときは
問い合わせフォームより運営への連絡が必要)
▼ここから登録で50ポイント(50円)!▼

Gポイントの特徴

お小遣いサイトのポイントを合算できる

Gポイント一番の特徴は、他のお小遣いサイト(アンケートサイト・ポイントサイト)のポイントを合算することができるという点です。

もちろん、Gポイント自体もポイントサイトであるため広告利用や無料ゲームなどでポイントを貯めることができますが、それは主だった活用方法ではなくあくまでもおまけ程度です。

後述の通りGポイントには膨大なポイント交換先が用意されていますので、交換先が乏しいお小遣いサイトは一旦Gポイントを経由することで大抵のものは何での手に入るようになります。

Gポイントへ交換できるアンケートサイト

  • ドリームプライズ
  • ドリームメール
  • エルネ
  • Tポイント
  • PointBox
  • グーポン
  • My GreenStamp
  • ユメアルポイント

Gポイントへ交換できるポイントサイト

クレジットカードのポイントを合算できる

Gポイントはお小遣いサイトのポイントだけでなくクレジットカードのポイントもGポイントへと合算することが可能です。

これは同じくポイント合算サイトとして有名なPeXにはない特徴です。

主なものとしては

  • リクルートポイント(リクルートカード)
  • わくわくポイント(セディナカード・OMCカード)
  • LIFEサンクスプレゼント(ライフカード)
  • ワールドプレゼント(三井住友VISAカード)

などをGポイントへ交換することができますが、他にも多くクレジトカードのポイント(主にVJAグループの銀行・金融系のVISAカード)が対応しています。

交換先が膨大

Gポイントは交換先が膨大です(「豊富」ではなく「膨大」です)。

数種類しか交換先が用意されていないお小遣いサイトも多いですが、Gポイントは凄まじい守備範囲の広さと言えます。

()内の数字が各交換先の数です。

()内の数字が各交換先の数です。

現金・Amazonギフト券・iTunesギフトコード・nanaco・WAON・Tポイント・JALマイルなどのメジャーの交換先はもちろん、初めて目にするような(何に使えるのかよく分からない)交換先も存在しますので、必ず何か欲しいものが見つかると思います。

最低交換額・交換単位が低い

交換先にもよりますが、現金を除けば全体的に最低交換額・交換単位ともに低く設定されている交換先が多いです。

例えば、nanacoポイントは30pt(30円)から1pt(1円)単位で交換可能です。

例えば、nanacoポイントは30pt(30円)から1pt(1円)単位で交換可能です。

そのため、ポイントの端数が残りにくく小額のポイントが無駄になりません。

Gポイントは危険?安全?

Gポイントは

  • 通信内容を暗号化するSSLを導入済み
  • 個人情報保護の体制整備の実施を示すプライバシーマークを取得済み
  • 参加消費者の利益を損なわないような健全な運営を
    理念とするJIPC(日本インターネットポイント協議会)に参加している

といったことから、情報漏えい対策・個人情報保護が確立されていますし、運営体制も万全です。

また、運営会社のジー・プラン株式会社の出資者は

  • インターネットプロバイダサービスなどで有名なビッグローブ株式会社(元NECグループ)
  • クレジットカードの三井住友カード株式会社

の二社ですので、そういった視点から見てもGポイントは一切の危険性がなく安心・安全に利用できるサイトであると判断できます。

ポイント交換

ポイント交換先は膨大過ぎてここには書ききれないため、直接Gポイントのサイトを訪問して確認して頂ければと思います。

現金はもちろん、大抵のポイント・電子マネー・ギフト券・航空会社マイレージなどは何でも手に入ります。

Gポイントのポイント交換パートナー一覧
http://www.gpoint.co.jp/scripts/partner/exchgPointPartnerList.jsp

ただ、現金については

  • スルガ銀行Gポイントクラブ・ジャパンネット銀行・楽天銀行の3つ以外は振込先に指定できない
  • 交換レートが落ちる(「1pt = 1円」ではなく「1pt = 0.8円」など1円以下になる)

といったデメリットがあるため、Gポイントを経由しなくても換金できるサイトのポイントは直接換金した方がお得です。

Gポイントの稼ぎ方・貯め方

他サイトで稼ぐ

Gポイントのポイントを稼ぐときに一番オススメなのは、他のサイトで稼いだポイントをGポイントへ交換することです。

例えば、アンケートサイトのマクロミルなら日々コツコツとアンケートに回答していれば毎月確実に500~1,000円分以上のポイントを稼げます。

また、同じくアンケートサイトのキューモニターはマクロミルほど稼げないものの50ポイント(50円)からGポイントへ交換可能なので使い勝手が良いサイトです。

これらのサイトはかなり効率良く稼げる部類ですので、Gポイント内のゲーム等のコンテンツを利用するよりも優先して利用していくべきです。

友達紹介制度

あなたの紹介で誰かがGポイントへ登録すると、

  • 紹介した側へ50ポイント(50円)
  • 紹介した側へ友達が稼いだポイントの10~40%分のポイント
    (友達のポイントは減りません)
  • 紹介された側(友達)へ50ポイント(50円)

が加算されるという特典があります。

Gポイント(G-point)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

Gポイントはポイントの合算ができる便利なサイトであり、お小遣いサイトを活用する上では必ず利用することになるサイトです。

特に、JALマイレージバンクのマイルへの交換効率が良いこともあり、JALマイルを稼ぐ・貯める人には紹介しやすいと思いますので、上手く友達を作ることができれば友達紹介でも大きく稼ぐことができると思います。

ポイントサイトを利用していればGポイントは必ず使うことになるはず
特に、JALマイルを稼ぎたい人には.money(ドットマネー)と合わせて必須のサイトである

旅行への申し込み

Gポイント内の「Gポイントトラベル」というサービスにて旅行のホテルや航空券パックなどを申し込むことができます。

このGポイントトラベルは、とあるホテルについて調べたときに空室状況と合わせて各旅行サイト(じゃらん・楽天トラベル・るるぶなど)の宿泊プラン・料金・還元されるポイント数などを一覧表示にすることができる点が優れています。

Gポイント(G-point)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

他のポイントサイトにはこのように横断的に旅行サイトを比較する機能はありませんので、旅行の申し込みをする際はGポイントが便利です。

その他の稼ぎ方

主にマクロミルキューモニターを利用していればGポイントのコンテンツを利用してポイント稼ぎをする必要はないと思いますが、一応Gポイントでは以下のようにポイントを稼ぐことができます。

広告利用

他のポイントサイトと同じように、

  • ショッピング
  • 無料会員登録
  • クレジットカード発行
  • 銀行口座開設
  • FX口座開設
  • スマホへの無料アプリインストール

といった方法でポイント稼ぎができます。

ざっと見た感じでは、他サイトと比較して高額・高還元率の広告は見つかりませんでしたが、ないとも言い切れませんので探してみるのも良いと思います。

アンケート

Gポイントのコンテンツとしてアンケートがあります。

Gポイント(G-point)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

設問数が多く回答に時間がかかる割に貰えるポイントは1ポイント(1円)と少ないです。

このアンケートに回答する時間があるのなら、マクロミルキューモニターの利用を優先すべきです。

ゲーム

他のポイントサイトで見たことあるようなゲームがGポイントにも用意されています。

Gポイントのゲームの一部。

Gポイントのゲームの一部。

いずれも積極的にプレイする価値のないものばかりですので、ゲームをプレイすること自体が目的でなければ時間の無駄です。

辛うじてオススメできるのはゴールドラッシュくらいです。

モニター

飲食店で食事をしたり、商品を購入したりすることで代金の50~100%がポイント還元されるモニターがあります。

Gポイント(G-point)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

お得に商品・サービスが手に入るのですが、モニター案件は.money(ドットマネー)へポイント交換できるちょびリッチの方がお得であるため、わざわざGポイントで利用する必要はありません。

ただ、テンタメの抽選型モニターへ参加するときは、申し込み回数を増やして当選確率を上げるためにGポイントを利用するのはアリだと思います(それでも優先順位は低いですが)。

まとめ

Gポイントはポイントサイトとしても利用できるもののポイントサイトとして有利な点は多くない(旅行サイトの横断比較くらい)ので、基本的にはポイント合算サイトとして利用するサイトであると思っておけば良いと思います。

一番の用途としては、マクロミルで稼いだポイントを色々なものに交換したいときは必須となるサイトであると覚えておきましょう(個人的にはマクロミルで稼いだポイントをJALマイルへ効率的に交換するために役に立つと思います)。

ちなみに、ビッグローブで定期的に開催される無料ビンゴゲームの景品にGポイントが含まれていますので、その受け取りの際にも利用することになります。

▼ここから登録で50ポイント(50円)!▼


☆ポイントサイト間の広告比較検索サービス「調べ得(しらべとく)」を作りました♪


「調べ得(しらべとく)」を早速使ってみる!(クリックで開きます)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です