PONEY(ポニー)がポイント交換を再開したけど交換上限が低すぎて交換させる気がない件

先日、「PONEY(ポニー)でポイント交換ができなくて何かヤバそう。」という内容の記事を書きました。

ポイントサイト「PONEY(ポニー)」でポイント交換できない等、何かヤバそうな件
掲題の通り、現在ポイントサイトのPONEY(ポニー)でポイント交換ができない状態となっています。 その他にも色々と良くない状況のようなので簡単にまとめてみたいと思います。 なお、いずれも6/19時点の情報です。 当記事はP...

その時点におけるPONEY(ポニー)からのお知らせでは「7/2よりポイント交換を再開予定」としており、実際7/2にポイント交換を再開する旨の新たなお知らせが掲載されました。

しかし、その内容はユーザーにまともにポイント交換をさせる気がないとしか思えないものとなっています。

以下、お知らせの内容について書いていきたいと思います。

当記事はPONEY(ポニー)の公式サイトに掲載されている情報の他、ネット上の各所からかき集めた情報をもとに推測で記述している部分が多いです。

公式サイトで確認できる内容以外は確定事項ではないため当記事の内容は鵜呑みにせず参考程度とし、最終的な状況判断には公式サイト上で告知される情報のみを用いて下さい。

7/2のお知らせの内容

7/2のお知らせの全文は以下の通りです。

07/02(月)【重要】交換再開に伴う大切なお知らせ

https://www.poney.jp/info/news#info89

詳細は上記リンク先の通りですが、記載内容のうち大事な部分は以下の通りです。

ポイント交換を停止していた原因

今までポイント交換を停止していた原因はシステムの不具合により本来ユーザーに付与すべき以上のポイントを付与していたことによるとのことです。

例えば、広告利用で3,000ポイントを獲得したユーザーに誤って10,000ポイントを、広告を利用していないユーザーに5,000ポイントを付与してしまった、とかそういう感じかと思われます。

調査の結果このような原因が判明し、システムの修正が完了したので今回ポイント交換が再開したという経緯です。

ちなみに、誤って付与されたポイントは修正せずにそのまま(誤って付与された人は増えた状態のまま)のようです。

ポイント交換の各上限

今回のポイント交換再開にあたり、以下のような交換上限が設定されています。

【各交換上限に関しまして】

■1か月の交換可能ポイントの総額:300万円分
■1日の交換可能ポイントの総額:10万円分(※毎日10:00より切り替え)
■1か月あたりの交換上限金額:お一人様3,000円分まで
■1か月あたりの交換可能回数:お一人様1回まで

https://www.poney.jp/info/news#info89

勘違いしやすいのですが、1人のユーザーが交換可能な上限が300万円/月ではなくPONEY(ポニー)として交換(受付)可能な上限が300万円/月です。

1人のユーザーの交換上限は

  • 1ヶ月に3,000円分まで
  • 1ヶ月に1回まで

ですので間違えないようにして下さい。

これに加えてPONEY(ポニー)として交換(受付)可能な1日の上限は10万円分まで(毎日10:00より切り替え)となっています。

このような制限が設けられている理由はポイント交換が殺到するとPONEY(ポニー)のポイント交換システムに負担がかかるから、とのことであり当面は上記ルールが継続されるようです。

ポイント交換先について

6/4のお知らせにおいて、PONEY(ポニー)は多数の交換先を全て廃止してドットマネー一本に絞ったことが告知されました。

06/04(月)【重要】ポイント交換再開・新規交換先追加のお知らせ

https://www.poney.jp/info/news#info79

しかし、今回7/2のお知らせでは交換先は以下の5つに限定されています。

【交換先に関しまして】

・Amazonギフト
・WebMoney
・BitCash
・itunes
・Vプリカ

https://www.poney.jp/info/news#info89

この記事を書いている時点では既に交換ページが更新されて、以前には存在した他の交換先(ドットマネー等)は全て消えています。

7/2現在のPONEY(ポニー)のポイント交換先

7/2現在のPONEY(ポニー)のポイント交換先

上記以外のその他の交換先は順次再開するとのことです。

ポイント交換させる気がなさ過ぎでは?

PONEY(ポニー)のお知らせを見る限りでは明らかにポイント交換をさせる気がないとしか思えない内容です。

  • PONEY(ポニー)側の上限 : 10万円/日、300万円/月
  • ユーザー側の上限 : 3,000円/人・月、ポイント交換は月1回まで

という制限では大量のポイントを所持している人にとってはほとんど交換できないことと同じことでしょう。

制限が解除されて普通にポイント交換できる日が来るのがいつかは分かりませんが、この状態が数ヶ月続くとしたらポイント交換が完了するよりもポイント失効期限が来る方が早いはずです。

しかし、かといってまともにポイント交換できない現状においてポイント有効期限を延ばすために広告利用する気にはなれないユーザーが大半だと思います(現在は過去半年以内に広告利用がなければポイントが失効します。詳細は前回の記事を参照)。

つまり大量ポイントを抱えるユーザーは完全に詰んでいる状態であり、PONEY(ポニー)はユーザーのポイント失効を狙っているとしか考えられません。

というか、長期間ポイント交換を停止していた原因が「本来ユーザーの皆様に付与すべきポイント以上のポイントを当社が付与してしまったこと等によって生じたもの」であり、今回ポイント交換上限を設けた理由が「本来付与すべき以上に付与されたポイントも交換の対象とさせていただくため、弊社の運営にも一定期間は過剰な負担がかかることになります。」なのであれば、その「本来ユーザーの皆様に付与すべきポイント以上のポイント」を全て訂正すれば良いだけではないでしょうか。

にも関わらず必要な訂正をせずに現状を放置してユーザーの不便を招いているという理屈は全くもって理解不能です。

あまり憶測でものを言いたくはありませんが、ポイント交換不可の理由を(経営破綻ではなく)システムの不具合にしたいがために屁理屈をこねているとしか思えません。

また、この記事を書いている時点では各交換先のページには「本日の交換上限に達しました」と記載されており、7/2の分の受付は既に終了しているようです。

本日の交換上限に達しました

無慈悲な「本日の交換上限に達しました」の文言

しかし他のユーザーが本当に交換できているのかどうかは運営のみが知るところであり、私達ユーザーが確かめる術は皆無です。

穿った見方をするなら極少人数だけがポイント交換できると見せかせて実は誰もポイント交換できていないという状況も可能性としてはあり得ると思います。

まとめ

経営破綻云々・実は誰もポイント交換できない云々は公式に発表されているわけではなく個人的な妄想なので鵜呑みにされても困りますが、状況的には非常に良くない段階に来ているのではないでしょうか。

前回のお知らせのときと異なり今回は次回のお知らせの予告(?)もないためこのまま気が付いたらPONEY(ポニー)がとんずらしているということも十分にあり得る話かと思います。

PONEY(ポニー)に関しては、今後続報が来たり状況に何らかの変化があれば改めて記事にする予定です。

コメント